2010/3/31

振り回される  

 鳩山由紀夫首相は30日夜に開いた閣僚懇談会で、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)と原口一博総務相が24日に発表した郵政改革案の骨格通りに郵便貯金の預入限度額などの引き上げを実施するよう指示した。会合で各閣僚は判断を首相に一任。首相は亀井・原口案のまま「郵貯は預入限度額2000万円(現行1000万円)、簡易保険は加入限度額2500万円(同1300万円)の方向で行くべきだ」と裁断した。また、これを軸に「早く法案を作るように」とも指示した。
 首相が亀井氏の改革案を受け入れたのは、後半国会などをにらみ、国民新党との連立を重視した結果だ。首相は内閣支持率急落に歯止めを掛けるため、自身の指導力をアピールしていく構えだが、重要政策をめぐる閣内の溝は解消し切れておらず、政権運営にも影響を与えそうだ。(時事通信)


 このことについては、様々な意見が出てますがそれらの批判は概ね「民から官へ」という時代に逆行する改革と受け止めているようです。亀井氏が代表を務める国民新党は郵政民営化の見直しが党是の政党ですから、このような形になるのは最初からわかっていたことです。連立政権を組む段階で郵政の問題のすりあわせを民主党の幹部や内閣が怠ってきたからこそのこのゴタゴタということになります。まあ、さすがに言うべきではないと思っているんでしょうけど、本音は郵政事業を国営に戻したいというのが国民新党の考えですから今後も更にゴタゴタは続くことになるでしょう。郵政関連で働く社員の皆さんが時の政治に振り回され、そのたびに色々心を痛めるようなことになっていないのかという懸念があります。民営化したものを国営に戻すのは、よほどのことがない限りするべきじゃないです。3事業を一体経営し、最終的に国の関与をなくす代わりに預金限度額の引き上げとかを考えるのなら意味はわかるんですが。
1

2010/3/25

寝具  徒然

 今回は寝具のお話。

 元々畳敷きの部屋にいることが多かった少年時代〜おっさん時代。一時期ベッドを使っていたこともありましたが、どうも馴染めないのでやはり畳敷きの部屋に布団を敷いています。それもかなり薄いまあはっきり言って煎餅布団でございます。世の中には色々よい商品もあるんでしょうけど、背中が痛くなるような感じでないと何だか落ち着かないんです。なので困るのは遠征や出張などでホテルを使うとき。和室をチョイスするという手もあるんでしょうが、不景気のこのご時世できるだけ出費は抑えたいところ。なので、安いビジネスホテルを利用しますがどうしても思うように寝付けず、翌朝に何だかしっくり来ないことが多々あります。

 5月の村下孝蔵大会に参加するためにあらかじめホテルだけは押さえておこうと思って自分のニーズに合うところを探すも、そういったお部屋はとてもお高こうございます。なので、いつものように安いところを探して押さえてますが、果たしてワタシは眠れるんでしょうか??
6

2010/3/17

トイレの神様  音楽

 音友ケロリンさんのブログでも紹介されてましたが、こっちでも紹介したいと思います(二番煎じと言わない!)


(※キングレコードから提供されている動画です)

 植村花菜さんの「トイレの神様」です。ミニアルバム「わたしのかけらたち」に収録されている曲ですが、発売2ヶ月前からかなりの評判を呼び、急遽出荷枚数を増やしたものの、売り切れ店がでているということだそうです。兵庫県川西市の出身で、元々ストリートを阪急・能勢電鉄の川西能勢口駅前でやっておられたそうです。主な活動は東京ですが、バリバリの関西娘ですので普段のトークから何から見事なまでに関西の女の子でございます。PVで弾いているギターはおそらくGibsonのB-25かと思われますが、普段TV出演されるときにはMartinのOOO-28を使用されており、ギター好きということもあってかアルフィーの坂崎幸之助さんと親交が深いそうです。

 この曲は実際に彼女がお祖母様との思い出を歌に乗せたということですが、今時珍しく10分近い長い曲で、最初から最後までじっくり聞いていると思わずウルッとしてしまう名曲でございます。皆様もご自身の大切な人を思い浮かべながら聴いてみては如何でしょうか。お勧めの曲でございます。
8

2010/3/16

ラジオの新しい聴き方かも?  徒然

 久々の投稿になります。

 何気なくネットを徘徊していたら、こんなサービスがありました。

 radiko.jp http://radiko.jp/

 どういうサービスかと言いますと、いわゆる「ラジオ」をネット経由で聴くためのサービスだそうです。昨日平成22年3月15日から試験放送開始ということで、できたてほやほやのサービスと言うことになります。

 最近いわゆる高層建築物が多くなり、ラジオの弱い電波は色々と影響を受けやすく、AM/FMにかかわらず受信できる場所が段々狭くなってきているんだそうです。そこで、インターネット回線を経由してラジオのコンテンツを聴くことができたらということで試験運用を開始したそうです。

 現段階では在京放送局と在阪放送局のみカバーされています。ネット回線を利用するとは言っても大阪在住のワタシが東京のラジオ放送を聴くというエリアをまたがった利用はできません。もしかしたら更にサービスの範囲が拡大するのかも知れませんが、いかんせん始まって2日目のことですからまだ試行錯誤の段階ということでしょう。ちなみに音質は、非常にクリアである意味ラジオっぽくないと感じるかも知れません。エリアのラジオを聴くことができる方はチェックしてみてください。また、エリア外の方も更に範囲が拡大するかもしれませんので、時々チェックしてみては如何でしょうか?
1

2010/3/2

何がしたいん??  徒然

 日テレNEWS24から。

 政府が検討しているゴールデンウイークなどの休暇を地域ごとに分散させる方法の具体案が、日本テレビの取材で明らかになった。
 検討案では、ゴールデンウイークと秋のシルバーウイークとしてそれぞれ土日を含めた5連休を作り、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」の全国5つのブロックごとに時期をずらして取れるようにする。時期をずらす範囲は、5週間と2週間半の2つの方法が検討されている。
 全体の休日の日数は増やさず、5月の憲法記念日、みどりの日、こどもの日、7月の海の日、9月の敬老の日、10月の体育の日は休日ではない記念日となる。
 こうした案について、政府は3日、産業界から意見を聞くなどして議論を進める。祝日法の改正も必要で、実現するのは早くても再来年以降となる。


 正直なところを言いまして、この案は「いったい何がしたいんよ?」と思います。もしこの案を実現させるとなったら、どこかの知事がよく言う「道州制」を導入しないと絶対に不可能かと思います。そもそもニュース記事にあるように、全国をいくつかのブロックに分けてということとなれば、そのときの日本は中央集権の今の状態を解消していることが大前提になるでしょう。加えて例えば大阪に本社のある会社が東京に支社を持っているとしましょう。本社から支社へ行かなければならない事象があったときに支社側が「いや、今の期間支社はGW期間中ですので」なんてことになったら、社会そのものが廻らなくなるような気がします。

 こういったことに限らず、今の民主党政権は理念ばかりが打ち上げ花火のように出てきて、実現性や費用対効果に関する具現性が全く見えてこない政策ばかりが目立つような気がします。2005年の選挙のように嘘八百並べて自民党が大勝した時とはまた違った意味で「出来もしないくせに」と言いたくなるようなことが多いですね。所帯が大きくなった政党は民主・自民であっても同じような色になるもんなんでしょうか。本当に国民の幸せを実現するために、地に足の付いた政治をして欲しいモノです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ