2010/7/30

いじめか!  徒然

 時事通信より。

 JR西日本と東海は30日、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」と「ひかり」のすべての自由席を禁煙にすると発表した。来春のダイヤ改正に合わせて実施する。
 対象となるのは、自由席のうち1車両で喫煙が可能となっている「700系のぞみ」「700系ひかり」「300系ひかり」。禁煙車の乗客から煙やにおいが気になるという意見が寄せられたことや、混雑期に乗客が自由席の禁煙・喫煙を選べない場合もあることなどから全席禁煙化に踏み切った。グリーン車と指定席の喫煙車は継続する。
 2007年に導入した最新式車両の「N700系のぞみ」と「N700系ひかり」では、喫煙ルームを4カ所設けた上で全席禁煙となっている。


 ここまで来ると「喫煙者いじめ」としか思えないですわ。10月からはタバコ値上げも決定してますし。ブツブツブツ…
2

2010/7/27

本当は苦手なんですが  徒然

 どもども、おっさん・ザ・マルガリータのぴーくんでございます。

 しかし、連日の猛暑日。大阪は緑が少ない(特に都心部は)ので、毎日タオルを2本使いますがそれでも足りません。基礎代謝が高いのと猛烈な汗かきなワタシですので、毎日バテバテです。そのうちぶっ倒れるんではないかと思ってます。

 これだけ暑いと、アカンとは思いつつも水分摂取量が増えますね。大体お茶か水、もしくはブラックのコーヒーとか、あまりに汗がひどいときはスポーツドリンクというようになりますが、たまには少し違ったものを飲みたくなることもあります。ですが、甘いモノが苦手なワタシ。変に奇をてらってジュースとか飲もうものなら嘔吐感との戦いになりかねません。そんなある日、紅茶飲料なら多少はマシかな?と思いつつコンビニでゲットしたのが以下の商品です。

 http://www.asahiinryo.co.jp/teao/top.html(これのストレートティー)

 http://www.teastea-ny.jp/(これのアップルティー)

 どちらも甘さ控えめのカロリーゼロorオフ商品です。これらのモノでもワタシには十分に甘すぎるくらいなんですが、意外に飲み口がスッキリしていて甘みがそれほど気になりません。食わず嫌いならぬ飲まず嫌いだったかも知れません。毎度毎度これならさすがに嫌になるでしょうが、お茶or水のローテーションの中にたまに組み込んでみてもいいかも知れません。何かこんな感じの甘さ控えめで飲みやすいモノがあれば教えてくださいまし。
2

2010/7/21

スタジオワーク  音楽

 前回坂元昭二さんとのセッションの話題を書きましたが、そのことについてちょっと深く話してみたいと思います。

 坂元さんのブログに「先日はありがとうございました。初めての曲でやりづらかったのでは」といった内容の書き込みをしましたら、「譜面通りに演奏して当たり前、それ以上のことをするのがプロ」というお返事をいただきました。それでふっと思ったのですが、今はバンド形式が多いこともあって、レコーディングにもメンバーのみで済ませるモノが多いということを聞いたことがあります。

 昔は(今でもありますけど)いわゆるスタジオミュージシャンという人たちがいました。それぞれの楽器のみでなく、アレンジメントも行うのでいろんな楽器の特性や音域などを把握しており、レコード(あえてCDとは言いません)作りには欠かせない存在だったわけです。アコースティックギターならば坂元さんもそうですが、石川鷹彦さん、安田裕美さん、吉川忠英さん、笛吹利明さんなどたくさんのそういったミュージシャンが活躍されていたわけです。以前アルフィーの坂崎幸之助さんと石川鷹彦さんの対談の中で、「譜面見て、こんなの弾けないよなんて言ったらそこでミュージシャンとして失格だからね」といった内容を見たことがあります。確かにどんな曲でも当たり前のようにこなすのがミュージシャンですから、そういったことから考えるとアマチュアとの一番大きな違いは、「できないと言ってはいけない」ということになりますね。我々アマチュアは難しい曲は練習してもなかなかできず頓挫することもありますが、プロはそれが絶対に許されないという世界ですね。

 今回セッションを体験して思ったのは、プロの凄さと自分のアマチュアさ加減ということになるでしょうか。もちろんワタシはアマチュアでいいと思ってます。趣味で行っていることですから。ただステージに立つことがある以上は言い訳はできないということだけは肝に銘じています。完璧なモノはできなくてもアマチュアなりにできる限りのことを披露する。今回一番の収穫だったのはそれを再認識できたことだったのかも知れませんね。
3

2010/7/18

フォークミーティング参加  音楽

 7月17日(土)伊丹市のライブバー「Tomorrow」で行われた、「坂元昭二ミニライブ+フォークミーティング」にギター持って参加してきました。坂元昭二さんといえば、ドラマ「北の国から」のテーマソングを演奏しておられることで有名で、1979年から17年間さだまさしさんのバックでギターを弾いておられた、アコースティックギタリストです。現在はソロで活動され、全国津々浦々をライブ活動で廻っておられます。

 今回の目的は、フォークミーティングということで、さださん以外にもバックを勤めたことのあるミュージシャン(ふきのとう、NSP、村下孝蔵等)をリスペクトするアマチュアミュージシャンが集まって、ライブセッションをするということです。ワタシはもちろん村下孝蔵さん枠で出演することになりました。今回はさださん3組、ふきのとう2組、村下さん1組ということで6組の参加です。

 午後2時前会場に到着。打ち合わせとリハーサルを兼ねての演奏です。さすがにファン度が高い集まりですから、参加される皆さんの「濃い」こと。「こんな曲選ぶかあ?」なんてのもあり、のっけから緊張モード全開。セッションしてもらう曲は「とまりぎ」を選びまして、楽譜を坂元さんにお渡しします。リードパートをお願いしますので、どんな感じになるのかなと思いつつリハに突入。もう緊張して手が震えてます。さすがはプロです。譜面に書いてない部分も含めニュアンスをくみ取り、さらっと音を作り上げていきます。緊張と尊敬で頭真っ白。頭髪抜け落ち……は前からか。

 開演の16時にまずは坂元さんのミニライブで1時間ほど。いつもライブで聞き慣れている曲ばかりですし、個人的に大好きな「天竺回廊」も聞けて満足です。その後休憩を挟んで第2部スタート。ワタシの出番は2番目です。ざっとMCを行い、まずは単独で「花れん」を披露。何度もやってますから譜面見ないで歌詞カードだけでOK。その後坂元さんとのセッションです。開口一番「リードギター弾いていいの?」でずっこけました。何でも坂元さんが村下さんのツアーに参加したときは、ほとんどのリードパートを村下さん自身が弾いておられたそうです。いよいよ緊張はMAX。わずかに残った頭頂部の毛髪は縮こまってしまい、「トン・トン・トン」とカウント3つで演奏スタートして歌います。3分少々で終了。ミスタッチが多かったけど音楽がぶっ潰れるようなことなく無事にやりきりました。ちなみに坂元さんはその日まで「とまりぎ」を全く聞いたことがなかったらしく、譜面とリハの音出しだけで仕上げるので、やっぱりプロは全然違うなあと思いました。

 その後全組が終了し19時にライブは終了。良い経験をさせていただきました。またこのような機会があれば参加したいですね。企画されたNOBさん、坂元さん、共演の皆様どうもありがとうございました。
4

2010/7/14

弦交換  音楽

クリックすると元のサイズで表示します


 6月頭の神戸歌会で使用したLLX-16。当日20曲以上は多分弾いたかと思います。なので一日で弦が駄目になりました。で、それ以来別のギターをとっかえひっかえ使ってましたが、今日先ほど15分ほど時間を使い弦交換をしました。

 さあて、準備はよしと…。
1

2010/7/9

ぶっ飛んでますね  徒然

 先日始まった「ホタルノヒカリ2」

 やっぱ、飛び道具だらけですね。楽しみ楽しみ楽しみ……(ニコッ)。
0

2010/7/1

液晶買い換え  PC+ネット

 先日液晶ディスプレイを買い換えました。

 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/multi/rdt231wm_x/index.html

 三菱のワイドモニター、RDT231WM-Xというモデルです。23型ワイド画面なので、小型のテレビよりも画面が広いという何とも贅沢ですが、価格はかなり手頃感が出てきてました。三菱が新製品を投入する切り替え時期のタイミングを見計らっての買い換えということで、何よりも便利なのがエクセルを開いたときの快感。画面いっぱいにセルが出てきてまるでブロック崩しの贅沢な感じというか……、たとえがわかりにくいですね。

 そもそも今回買い換えに至ったのは主に動画(DVDなども含む)に関しての不満でした。それまで使っていたモニターは4:3型のもので別に悪いわけではないですが、表面が光沢仕上げになっていたため、1時間も画面を見ているとかなり疲れる(普通に作業していても)こと。それとワタシの家ではDVDはパソコンでしか見ることができません。DVDの再生ソフトのほとんどは、ハイビジョン映像などのデジタル著作権保護の観点から、HDCPという信号を処理して視聴できるようにするのですが、ちょっと前の液晶モニターだとHDCPに対応していないモノがほとんどなんです。ノートパソコンなら苦労しませんが、デスクトップだとそういったことも出てきます。アナログ接続ならHDCPは関係ないのですが、普段の作業でノイズが入るためまともに画面が見られないということもあり、今回思い切って買い換えすることになりました。

 買い換えの効果は絶大で、特に音楽のDVDなどは迫力も全然違います。決して安い買い物ではなかったですが、満足度は非常に高いモノになりました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ