2008/4/12

やりましたね  スポーツ

 毎日新聞ネット記事速報から。

 プロ野球・阪神の金本知憲外野手(40)が12日、横浜スタジアムで行われた横浜戦で通算2000安打を達成した。七回の第4打席で、19打席ぶりの安打となる右前打を、寺原隼人投手から放った。プロ野球37人目(日米通算のイチロー外野手、松井秀喜外野手を除く)。金本は今月3日が誕生日で40歳と9日。落合博満(現中日監督)の41歳4カ月、新井宏昌(現ソフトバンクコーチ)の40歳2カ月に次ぎ、史上3番目の高齢での到達となった。
 またこの試合の一回、金本選手と同じく広島から阪神に移籍した新井貴浩選手(31)選手が右線に二塁打を放ち、通算1000安打を達成した。


 広島から移籍してきた二人が同じ日に偉業達成を果たしたということです。金本選手でも「産みの苦しみ」があったのか、昨日まで3試合連続でアタリが無く今日もどうなんだろうと思い、中継を見ていました。

 先に1000本安打を達成した新井選手が、タイムリースリーベースで最高のお膳立てをして、その新井選手を迎え入れる形でライト前にタイムリーヒットを放った金本選手。いかにも金本らしいライナー性のアタリで、2006年に記録を達成している横浜の石井琢朗選手から花束、続けて阪神の矢野・新井両選手からの花束と「あ〜やっと出たわ」という感じの金本選手の表情が印象的でした。

 金本・新井両選手、おめでとうございます。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ