2009/1/25

千秋楽  スポーツ

 本日大相撲初場所の千秋楽。横綱同士の優勝争いは本割りで東横綱の白鵬が寄り倒しで勝ち優勝決定戦へ。決定戦では西横綱朝青龍が寄り切りで白鵬を降し、自身23回目となる優勝を勝ち取りました。横綱同士だけに実力は拮抗してますし、立ち会いが上手くいった方が勝つという典型的な相撲でした。やはり相撲は東西の横綱が強くて決戦の末優勝というのが良いものです。

 負けた白鵬は残念ですが、3場所休場明けの朝青龍がよくあれだけの厳しい相撲が取れたなというのが凄いものです。朝青龍といえども人の子。さすがに本割りでは実力の10分の1も出せないような相撲でしたが、かえってそれがよかったのかも知れませんね。

 しかし、さんざっぱら場所前は「朝青龍なんかやめてしまえ」とか、「引退勧告」がどうのこうのと言っていたにもかかわらず、場所が始まって初日稀勢の里関に攻め込まれながらも勝ちを拾ってとなると、まあ見事なまでに「朝青龍〜〜!!」ですからね。判官贔屓も極まれりといった感じです。ウチの母親にしても、「あれだけボロクソに言われたら可哀想や」と朝青龍を応援しまくってましたし。それまではどちらかというと嫌っていたのにねえ…。やはり判官贔屓ですわ。

 大相撲好きのワタシとしては、東西横綱のそれぞれの強さを味わえたので、どちらが勝ってもよかったと思います。朝青龍もこれで余計な雑音に惑わされずに済むでしょう。しかし、結果として優勝したとはいえ危ない相撲もありました。来場所に今場所以上の強さを見せつけないと完全復活とは言えないでしょう。まだ28歳という若さ。白鵬とともに強い横綱としての相撲を今後も期待したいです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ