2009/2/18

また堅いです  徒然

 またまた堅いネタですみません。興味のない方はスルーしてください。
 
 時事通信ネット記事から。

 【モスクワ18日時事】ロシアを訪問中の自民党の小泉純一郎元首相は18日昼(日本時間同午後)、モスクワ市内で記者会見し、定額給付金の財源を確保する2008年度第2次補正予算関連法案が衆院で再議決される場合の対応について「2兆円の税金を(給付金に)使うのなら、ほかにも方法があるのではないか。与党が3分の2を使う本会議は欠席する」と表明した。
 小泉氏はまた「衆院と参院の意見の違いについて話し合ってもいいのではないか」と述べ、与野党協議の必要性を強調した。党内に影響力を持つ小泉氏が党の方針に反して造反を明言したことは、中川昭一前財務相の辞任をめぐる問題で求心力が低下した麻生政権にさらなる打撃を与えそうだ。
 小泉氏は先の郵政民営化推進派の会合で、民営化見直しに関する麻生太郎首相の発言を厳しく批判するとともに、2次補正関連法案について「(衆院の)3分の2を使ってでも成立させないといけないとは思わない」と述べていた。


 先日の「小泉発言」どおりの行動を取るというわけですね。確かに氏の言うとおり定額給付金については考える余地があるでしょうけど、先の衆議院本会議では党議拘束?のもとに両与党は賛成して参議院で審議が止まっている状態ですね。この発言を受けて、麻生総理が「従わないのなら党を出て行っていただく。次の選挙で小泉氏の後継の次男坊に党の公認を与えない。」と言うことはできますかね? かつて小泉氏が郵政民営化に反対する議員は自民党公認を与えないばかりか、その選挙区に刺客を送ってまで押し通したわけですし。ならば今度は麻生総理の番のような気がしますが…。まあ、できっこないでしょうね。また小泉氏の仕掛ける茶番劇に付き合わされるんでしょうか?? 
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ