2009/5/16

まあ、あんなものかな  音楽

 数日前のブログで、LLX-16(SB)のことを書きましたけど、買うかどうかはまた後で考えるとして、とにかく実際に手にとって弾いてみないことにはお話にならないので、昨日仕事終わりに梅田の石橋楽器にて試奏させてもらってきました。

 梅田には他にも楽器店がたくさんありますが、1番わかりにくい石橋楽器(Nu Chayamachiの5階にあります)に行ったのは、アコギを弾くスペースが防音室になっているからです。ピックアップ搭載モデルですから、ラインの音を聞かなくてはお話になりません。んで、お店のRoland AC-60につなげてテストしてみました。

 音はSYSTEM60ということもあって、素直な音色です。リバーブとかを一切使っていない状態で、LOW/TREBLE/Mainと色々変えて演奏してみましたが、ピックアップとしては使える音色でした。で、肝心のギターそのものですが…まあ元がLL-16ですからね、一応オール単板の音ですけど、値段相応の生音です。26〜86までのすべての音を知っているワタシには、「それなり」の音にしか聞こえません。中国製の普及生産品ということもあり、日本製のカスタム可能な26以上に比べると細かい部分でのアラがあちこちにあります。これはしょうがない部分ですけどね(でもたまに大アタリの16もあるのでここがまたややこしい…)。

 結論としては、ライブで電気を通して使うということからすれば使えるギターです。サブギター的に用意しておく分には十分でしょう、といったところでしょうか?? 買うかどうかは結論持ち越しです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ