2009/5/31

関西唄う会終了  音楽

 昨日神戸にて行われた「村下孝蔵 関西唄う会」が無事に終了しました。神戸の生田神社にほど近い「かくれんぼ」というライブバーで午後1時半から夕方までのおよそ4時間半。結構な長丁場での会となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ケロリンさんちから拝借


 今回初めてお会いする方もちらほら。大阪在住のアイラブオランダさんと遠く静岡からお越しのおおともさん。初めてではないですがちょっとご無沙汰のtaminoさんと渡部さん、主催の神戸のたかちゃんさんにかずブーさん、ハヤシ君にわれわれならきたケロぴーずと粒ぞろいのメンバーでございます。ならきたさんとtaminoさんはちょっと遅れてからの参加になりましたが、無事に全員の予定曲が行われました。

 最初はたかちゃんさんとかずブーさんのユニットで数曲。ハヤシ君が途中1曲たかちゃんさんの伴奏で歌う形でスタート。次はオランダさんの出番ですが、独自に覚えたガット弦の演奏で非常に雰囲気のある演奏とパワフルなボーカルが印象的でした。

 この次は本来はtaminoさんと渡部さんのユニット「わたみの鍋」だったのですが、まだtaminoさんが来られてなかったので急遽ワタシとケロリンさんで場つなぎライブ。行き当たりばったりで何曲か演奏となりました。歌詞カードも用意しておらず、とにかくそらんじてできる曲を何曲か。その後、おおともさんの「交差点」の伴奏を担当。知り合ってから5年以上になりますが意外に初めてのたかちゃんさんと「冬物語」。どっちも歌詞カードを用意し忘れてましたが、何とかかんとか成功裡(?)に終了。この間に来店されたtaminoさんの準備が整ったのを見計らって「わたみの鍋」にバトンタッチです。

 引き続き「わたみの鍋」。taminoさんは1年半ほど前に声帯の手術をされ、リハビリしながら声が出るようになったとのこと。初めての歌会参加ということもあり、緊張しながらも非常に楽しそうでした。リードパートを担当した渡部さんはプロですからさすがの一言です。初めて演奏するとか言いながら難易度の高い「何故か」とかもさらっとこなしてしまいます。

 その合間に遅れてきたならきたさんも合流し、ならきたケロぴーずの出番です。今回は次の演目でした。

 すみれ白書(ケ)
 野菊よ(な)
 あなた踊りませんか(ぴ)
 引き算(ケ)
 この国に生まれてよかった(な)
 酔いしれて(ぴ)←リクエストで
 私一人(な)
 終わらない君の夏(な)←リクエストで

 もう回りは出来上がった状態でございます。酔っているから話し声は大きいし、ほとんど宴会状態です。車のケロリンさんとならきたさん、ライブ中は飲まないワタシは素面ですが、酔ってなくてもノリは全く変わりません。

 このあとオランダさんとたかちゃんさんの同学年コンビ(既に2人とも酔っぱらってます)で何曲か。千鳥足演奏のオランダさんは途中でギター弾き忘れて歌い始めるという爆笑な一幕も。その後ワタシがギター弾き担当に変わり、おおともさんと「弟」、taminoさんと「りんごでもいっしょに」、オランダさんと「かざぐるま」の伴奏を含め何曲かワタシも歌い、最後は「わたみの鍋」に引き継いでオーラスの「初恋」となり終幕しました。

 今まで関西では何故か行われなかった歌会ですが、たくさんのお仲間がいらっしゃるのを確認できて心強いところでございます。今後もまた続けていくことができたらと思っております。主催のたかちゃんさんお疲れさまです。今度はもうちょっとサポートしますからまたやりましょうね

 ※追伸 忘れ物を預かっております。
クリックすると元のサイズで表示します


 ヤマハのサムピック(黒)とIbanezのフラットピック(茶・ジョージベンソン)でございます。お心当たりのある方は当ブログの書き込み欄に、どのようにしたらいいかを含めてお書きくださいませ。
5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ