2009/11/6

ネタが偏ってますが  PC+ネット

 先日Windows7が発売され、ワタシは某ama○onでProfessional版を購入したのは先日も書きました。早速インストールといきたいのは山々なんですが、ワタシの場合使うソフトはが非常に多く、かつ珍しいモノも結構ありますのでいざインストールして完全に使えるようにするのは完全に一日仕事になります。

 まず、日本語変換ソフトのATOK(ジャストシステム)は絶対に外せません。MS-DOS時代のATOK3からずっと使い続けてますから指が完全に馴染んでます。これがないとまともに文章が書けませんし、自分の使いやすいように設定の変更もしておりますからこれをそのまま引き継ぎたいのが第一。インターネットブラウザはSleipnirという大阪のソフトベンダーが開発している特殊なソフトを愛用しており、これも設定を引き継がねばなりません。そのほかにもた〜くさんあります。

 ならば「アップグレードインストール」をしたら?という声もありそうですが、新しくOSを入れ替えるのならできるだけクリーンな形で使えるようにしたいモノ。それに、Windows7はProですが、VistaはUltimateを使用してますので、エディションダウンのOS切り替えになりますからそもそもアップグレードインストールができません。なので、マシンを新しく組み直し、古いマシンから「引っ越しソフト」を使ってアプリ&設定を引き継ぐのが現実的な選択肢になります。となると、マシンをもう一台組み上げてそれからということになりますから尚更時間がかかります。今のマシンは使えないと色々な意味で困りますからゆっくりとできるのが休日に限られます。さて、新しいマシンを組む(これそのものは1時間もあれば十分です)ためにはパーツを購入となります。できれば今月の10日以降(クレジットカードの決済日がこの日のモノがあります)にお財布残高と相談しながら購入です。なので、せっかくの新しいOSが実際に使用できるまではまだもう少しかかりそうです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ