2009/12/9

阪神ファンじゃないですが  スポーツ

 阪神の赤星憲広外野手(33)が9日、兵庫県西宮市内のホテルで会見し、現役引退を発表した。赤星は引退理由について、脊髄の故障で全力プレーができないことなどを挙げた。(毎日新聞)

 元々頸椎間板ヘルニアを患っていた赤星選手ですが、まさかそこまで悪化しているとは考えもしませんでした。今年の9月の試合中に怪我をして、それが思いも寄らぬほどの重傷だったようで、プロスポーツ選手として現役を続けるのは危険だということです。会見内容で脊髄の損傷云々を述べられていたみたいですが、確かに極限まで体を使い抜くスポーツ選手としては致命的な故障と言うことになるのでしょうが…。

 まだまだ若く、故障さえなければこれからが一番選手として輝く時期だっただけに無念の引退ということになるんでしょう。お疲れさまでした。そして体をいたわり将来の阪神タイガースのために指導者としてまた帰ってこられることを望みます。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ