2011/6/5

アホくさ その2  徒然

 NHKオンラインニュースから。

 菅総理大臣は、みずからに近い閣僚に電話し、早期退陣を求める鳩山前総理大臣と交わした確認文書について、「文書の思いは分かっている」と述べ、そう遠くない時期に退陣する意向を伝えました。

 ほとんどのマスコミの論調は「うんざりするようなドタバタ劇」と酷評してました。一番気になるのは、「じゃ誰なら協力するんですか、野党の皆さん」というところです。民主党の馬鹿らしさも呆れるばかりですが、野党も「誰が・いつまでに・どのようにして事態の収束を測り、復興への道筋を付けるんですか?」ということに誰も言及しないことです。

 民間レベルでは既に復興へ向けて一歩ずつ踏み出しているのに、永田町だけがその思いから大きく乖離しているとしか思えません。馬鹿らしさが先に立ってニュースをまともに見ると自己嫌悪に陥りそうに思います。時限的な救国内閣を早く作り上げ、一日でも早く被災者へ思いを馳せるように「正常化」して頂きたいものです。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ