2006/10/11

カレーライスのお話  徒然

 「瀬戸の島人」さんちのブログにもちょこっと書きましたが、カレーライスのお話を少し…。

 今の若い人たちがカレーライスって言うとどんなモノを思い浮かべるのかわかりませんが、ウチではちょっと水っぽい豚肉の薄切りを入れて作ったモノが真っ先に思いつきます。ワタシんちでは、カレーというと豚肉というのが普通でしたね。薄い切り落としみたいなやつ。あれ、ルーによく絡んで結構美味しかったりして…。

 んで前に住んでいたお家の近所に沖縄から引っ越してきたおばちゃん(少なくとも沖縄が日本に返還されてから後だと思う)がワタシのお家によくくれたのが、Tulipというブランド名のモノでしたね。多分ランチョンミートと今では言うのかな?今と違って昔のヤツは完全な保存食でしたから、塩味がきつくまた脂っこかったので、今風の樹脂製のフライパンでなくても油なしで炒められるほどのモノでした。お肉ないけどカレーを食べたいときには別にそれを焼いて肉無しカレーを食べたりとか……。う〜〜ん結構面白い食生活だったんだなあ。

 今は沖縄料理もすっかり馴染みになり、カレーライスは当たり前のようにごろっとしたお肉が入っていたりするんですけど、昭和40年代のあの頃には案外珍しかったかも知れないです。ちなみにそのおばちゃんも2年ほど前に鬼籍に入り、思い出の人となってしまいました。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ