2010/5/23

大記録  スポーツ

 東京の両国国技館で行われていた大相撲5月場所。大方の予想通り横綱・白鵬関が2場所連続の全勝優勝で幕を閉じました。他の力士とは数段実力が違うと言ってもいい横綱ですから、全勝優勝はそれほど驚きません。インタビューでの受け答えもユーモアもあり、ますます風格を増した横綱です。

 それと同時に今日は大関・魁皇関が通算1000勝を達成しました。長く取り続けているからこそできる大記録ですし、しかも大関という地位を維持しながらの記録ですから大変素晴らしいことでもあります。一部の意見としては優勝争いにも絡めない、10勝以上もできない大関は果たしていいのかどうかという言われ方もします。確かに地位の重さからすれば物足りないと感じる人もそれなりにおられるかと思います。ただ、今日解説していた元横綱の北の富士さんと実況アナウンサーが言ってましたが、「魁皇を乗り越えられる若手が出ない。だからますます横綱の強さだけが際だって見える。」まさにその通りだと思います。魁皇関に「もうお役ご免ですよ」と実力で言える大関候補と呼ばれる若手力士がまだいないように感じます。確かに対戦成績等で大関に勝ち越している力士はたくさんいますが、上に上がるための肝心の所で魁皇関に勝てない。そのために三役あたりで行ったり来たりの状態になり、ますます横綱・大関との力の差が広がるばかりという気がします。

 名大関魁皇の偉大な記録をお祝いするとともに、若手力士のがむしゃらに奮闘する姿を少しでも早く見たいと思う大相撲ファンのつぶやきでした。
1

2009/12/9

阪神ファンじゃないですが  スポーツ

 阪神の赤星憲広外野手(33)が9日、兵庫県西宮市内のホテルで会見し、現役引退を発表した。赤星は引退理由について、脊髄の故障で全力プレーができないことなどを挙げた。(毎日新聞)

 元々頸椎間板ヘルニアを患っていた赤星選手ですが、まさかそこまで悪化しているとは考えもしませんでした。今年の9月の試合中に怪我をして、それが思いも寄らぬほどの重傷だったようで、プロスポーツ選手として現役を続けるのは危険だということです。会見内容で脊髄の損傷云々を述べられていたみたいですが、確かに極限まで体を使い抜くスポーツ選手としては致命的な故障と言うことになるのでしょうが…。

 まだまだ若く、故障さえなければこれからが一番選手として輝く時期だっただけに無念の引退ということになるんでしょう。お疲れさまでした。そして体をいたわり将来の阪神タイガースのために指導者としてまた帰ってこられることを望みます。
1

2009/11/7

やっぱりなあ  スポーツ

 サンケイスポーツネット記事から。 

 プロ野球の日本シリーズ第6戦(7回戦)日本ハム−巨人が7日、札幌ドームで行われ、巨人が日本ハムを2−0で下して対戦成績4勝2敗で7年ぶり21度目の日本一に輝いた。原監督は2度目の日本シリーズ制覇。

 はっきり言いまして…大アンチ巨人のワタシにしては「ふうん…」です。が、今年の巨人は完全に横綱相撲でしたね。若い優秀な選手が活躍できるチームに生まれ変わって、原監督のチーム作りのうまさに感心したここ数年です。その結果が今日の栄誉に結びついたのでしょう。優勝おめでとうございます。

 なので、他のセリーグのチームは生まれ変わった巨人を倒すべく、来年以降の活躍を期待します。特に中日&阪神は。
0

2009/9/30

お疲れさまです  スポーツ

 プロ野球歴代7位の通算2477安打を誇る中日の立浪和義内野手(40)が30日、今季限りで現役を引退すると発表した。ナゴヤドームで記者会見した同選手は「自分の理想は打って走って守る。今は打つだけで、守りと走りが衰えてきた」と語り、「そろそろ潮時かな」と自覚したという。(時事通信)

 また昭和からの名選手がバットを置くことになりました。確か星野氏が最初にドラゴンズの監督を引き受けて、その2年目にPL学園からドラフト1位で入団したんでしたっけ。野球選手としては決して大きな体ではありませんが、巧みなバットコントロールで33歳での2000本安打達成、守備・走塁も卓越したものを持っている3拍子揃った名選手でした。

 今年はシーズン当初から「今年が最後」と決めて臨んだシーズンだったので、引退表明そのものに驚きはないですが、ドラゴンズ一筋に22年間選手人生を送ってこられたその功績は光り輝いております。引退は残念ですが、今後いい指導者となるべく頑張っていって欲しいものです。立浪選手、お疲れさまでした。
0

2009/9/23

今年はなあ  スポーツ

 巨人は23日、中日21回戦(東京ドーム)に5−3で勝ち、3年連続42度目(1リーグ時代の9度を含む)のリーグ優勝を果たした。巨人は9連覇した(1965−73年)以来、セの他球団が成し得なかったリーグ3連覇を達成した…(サンケイスポーツ)

 はっきり言って今年の巨人は完全に頭一つも二つも他球団より強かったですね。文字通りの横綱相撲とでもいいましょうか。大のアンチ巨人のワタシですが、今年ばっかりは素直に認めざるを得ないですね。ここまで来たら、クライマックスシリーズも日本シリーズも頑張ってもらいたいですね。でも人ごとですけど。
0

2009/4/7

すごいわ  スポーツ

 ◇プロ野球(7日)
 ○阪神11−10広島●(甲子園球場)
 阪神が終盤に6点差をひっくり返してサヨナラ勝ち。1点差まで迫った九回2死一、二塁から、金本が右翼線を破り、2者を還した。金本は「打てばおいしい場面。集中力を出した」。広島は1点を追う七回に7安打を集めて逆転したが、守護神・永川ら救援陣の乱調が誤算だった。(毎日新聞ネット記事)


 おウチでちょうど見てましたが、阪神タイガースの4番はたいがい恐ろしいですな。金本選手のことですけど。中日ファンのワタシとしては、開幕から負け無しの4連勝が嬉しいところですが。

 阪神ファンにリップサービスをする訳じゃないですけど……、金本選手が4番を打っていられる間は阪神タイガースは弱小球団になることはないでしょうね。凄いですわ。恐れ入りました。
0

2009/1/25

千秋楽  スポーツ

 本日大相撲初場所の千秋楽。横綱同士の優勝争いは本割りで東横綱の白鵬が寄り倒しで勝ち優勝決定戦へ。決定戦では西横綱朝青龍が寄り切りで白鵬を降し、自身23回目となる優勝を勝ち取りました。横綱同士だけに実力は拮抗してますし、立ち会いが上手くいった方が勝つという典型的な相撲でした。やはり相撲は東西の横綱が強くて決戦の末優勝というのが良いものです。

 負けた白鵬は残念ですが、3場所休場明けの朝青龍がよくあれだけの厳しい相撲が取れたなというのが凄いものです。朝青龍といえども人の子。さすがに本割りでは実力の10分の1も出せないような相撲でしたが、かえってそれがよかったのかも知れませんね。

 しかし、さんざっぱら場所前は「朝青龍なんかやめてしまえ」とか、「引退勧告」がどうのこうのと言っていたにもかかわらず、場所が始まって初日稀勢の里関に攻め込まれながらも勝ちを拾ってとなると、まあ見事なまでに「朝青龍〜〜!!」ですからね。判官贔屓も極まれりといった感じです。ウチの母親にしても、「あれだけボロクソに言われたら可哀想や」と朝青龍を応援しまくってましたし。それまではどちらかというと嫌っていたのにねえ…。やはり判官贔屓ですわ。

 大相撲好きのワタシとしては、東西横綱のそれぞれの強さを味わえたので、どちらが勝ってもよかったと思います。朝青龍もこれで余計な雑音に惑わされずに済むでしょう。しかし、結果として優勝したとはいえ危ない相撲もありました。来場所に今場所以上の強さを見せつけないと完全復活とは言えないでしょう。まだ28歳という若さ。白鵬とともに強い横綱としての相撲を今後も期待したいです。
0

2008/10/26

CS終了、そして  スポーツ

  西武ライオンズ頑張れ!!
0

2008/10/22

CSまだまだ続く  スポーツ

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)第2ステージが22日、セ・パ両リーグで行われ、ここまで3勝2敗で迎えた西武が先発・涌井の好投などで日本ハムに9−0で快勝。4年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。セは、中日が4−3で巨人との接戦を制して対戦成績を1勝1敗とした。(毎日新聞)

 パリーグは西武ライオンズがシーズン通しての結果に違わない活躍。日本シリーズ出場獲得おめでとうございます。

 セリーグは1勝分のアドバンテージが巨人にはあるので、とりあえず同じ土俵にまでドラゴンズが持ち込んだといったところですね。アンチ巨人のワタシですが、最終成績が13ゲームほど離れていた巨人がもし負けるようなことがあったら…。ペナントレースの価値が思いっきり落ちる感じがしますね。どうもクライマックスシリーズっていうやり方は日本のプロ野球には合わない感じがします。やはり年間通じて最も成績の良かったチーム同士ががっぷり四つに組んでこそ、日本一にふさわしいように思えます。そのためにどのチームも選手も必死のパッチでやっているはずなんですが。

 来年からでもCSはなくして欲しいと思うワタシでございます。
0

2008/10/18

CS開始  スポーツ

 CS(クライマックスシリーズ)セリーグ初戦、●阪神0−2○中日 パリーグ第2ステージ第2戦 ●西武0−5○日本ハム

 パリーグは日ハムエースダルビッシュの好投により1−1のタイスコアになりまして、んでセリーグは何となく予想していたとおり、中日が王手をかけました。

 D党のワタシですが、大して嬉しくもないんですよ(ノーベル賞の益川教授ではない)。クライマックスシリーズが始まってから、リーグ優勝したチーム以外にも日本一への挑戦が可能になったということなんですが、海の向こうの盛り上がりほどの感じは受けませんね。昨年もドラゴンズが日本一になったとはいえ、リーグでは2位。どうも釈然としない…。ワタシは今年のペナントレースは夏前に早々と終わってますし、今日たまたま阪神に勝ったといっても「ふ〜〜ん」ですね。

 今となっては、とにかく巨人以外が勝てばそれでいいんですよ、ワタシには。CSでも日本シリーズでも、とにかく黒とオレンジのユニフォームが宙を舞いさえしなければいいので、パリーグのチームに大いに期待しておこうかな?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ