2007/11/13

家庭の医学  医療

 毎週火曜日にテレビ朝日系列で放送されている「たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組をご存じでしょうか? ウチの会社の同僚等には「気持ち悪い」「画面がグロテスク」「こっちまで病気になりそう」とか、概ね評判のよくない(といっては失礼ですが)番組ですが、ワタシは好んで観ております。

 持病持ちのワタシとしては、最近の医療にまつわる技術とか行政のこととかがもの凄く気になりますし、今は医師不足とか何だとかでニュース映像を見られる方が多いかと思います。考えてみれば子供の頃に「ブラックジャック」を気持ち悪いなあ、とか思いながら読んでいたのでごく自然の流れでそういう風に興味を抱くようになったのかなあ、とも。

 よく同僚とかに「これこれこー言った症状なんやけど、どない思う?」「病院行った方がええんかな?」とか色々ワタシに聞いてくることが多いんですけど、ワタシは医師ではございません。病院に行くのは抵抗ある方もおられるかと思いますが、ワタシに相談するよりも、まずは産業医とか身近にいる専門家に指示を仰いでご判断くださいませ。>特に同僚
0

2007/5/25

レーシック  医療

 日本人のイメージでは、古くはカメラ・帽子・メガネというような印象があるでしょうが、このところ話題を呼んでいるレーシックという視力矯正手術について見てみました。

 http://www.atlasik.com/

 基本的な概念は次の通りです。

 近視や遠視は屈折異常によって焦点が合わずピンボケしている状態です。そのためメガネやコンタクトレンズなどで焦点を合わせて、視力を矯正します。
レーシックは屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を根本から治す手術です。(上記サイトから引用)

 しかもこの手術はワタシのように遠近乱全部が入っている眼にも効果的とかいうらしく、何となく興味はあるんですが、一般的な手術と同じく「糖尿病・肝臓病」等の既往症がある人は施術は×なようで、ワタシのように肝臓のリスクがあると受けるのは難しいみたいです。残念。

 でも、今紫外線の眼に及ぼす害が結構うるさくいわれるこのご時世、メガネとかコンタクトを使わずにサングラスを選んで外出とかできたらという思いはありますね。ワタシの場合は、以前にここでも紹介した「昆虫グラサン」か「クリップグラス」しか選択肢がありません。しかも種類も少なく、昆虫グラサンなんかは大不評(笑)だったこともあります。(後で調べたらcolemanでオシャレなグラスオングラスがあるみたいです。)

 ちなみに、レーシックは現在保険適用外手術で、費用も20万〜50万とかかりますが、保険に加入していると、種類によっては一部負担もありますし、そもそも高額医療なのである程度のお金は還ってくるだろうと思われます。コンタクトが辛い方やその他矯正治療に興味のある方は、十分な情報収集のうえお考えいただいたらよいのではと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ