. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Copyright(c)2020co-op All rights reserved.

私が部下を君ではなく「さん」で呼ぶ理由

2020/4/24 | 投稿者: まるきち

私が会社で
30歳も年下の彼ら彼女らを
○○君ではなく〇〇さん
と呼ぶのには理由があります。

それはズバリ☆彼ら彼女らは
必ず自分を追い抜いて行くと
思っているからです。
そんなもん当たり前の話ですからね。


実際に追い越された時に
君で呼んでいた人を
さんに呼び変えるのは
大抵の人は抵抗があると思います。

でも、初めからそうしておけば
いつでも自然に
「自分エネルギー」のままで済みます。

だから、いつの時代も
無駄なことはしないで
無駄に上から目線はやめろ
ということです。


日本中みんな
「さん」でいいんですよ。




逆に上の人を役職名で呼ぶのもくだらない話です。
(これについてはまた後日)



スピッツ/フェイクファー


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ