. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Copyright(c)2020co-op All rights reserved.
2020/2/23 | 投稿者: まるきち

クリックすると元のサイズで表示します

「先手」必勝
日本一に「王手」
ここは人生の大事な「局面」

などの言葉があるように
将棋は非常に人生に例えやすい。

そんな中、愛媛の
親父の葬式の時のエピソードを
思い出したのさ。

会場となる丸田家の座敷に
将棋盤のマスのように敷き詰められた
座布団と座布団の間を移動する時の
(目の前の二つ先の右へ移動)

親戚の大田のおいさんの一言
で式は和んだ。

「こりゃ、わしゃ桂馬じゃ」

自分自身を駒に見立てたということだ。



ところで

「歩のない将棋は負け将棋」
と言われるように
歩兵について考えてみた。

歩は目の前の1歩を進む
価値しかないが
局面上で「と金」に成った時の
価値は金と同じだ。

しかも捕られて相手に渡る時は
最弱の価値に戻る。
(心情的には取られたくはないのだが。)

こんな歩兵のような人達が
実は会社組織を支え
作り上げていることを
今一度、じっくり考えてみたい。

あの親父の葬式からの20年余り、、
歩のように使い勝手がよいがために
皮肉なことに
非正規雇用を増やして来た日本社会。

もう終わりにするべき時が来た。



北島三郎 歩

日本経済の将来が既に「詰んでいる」
と言われ始めている。10秒、、、
20秒、、、
と秒読みに入った。

人生の先手
後の人のためにも
早くなんとかしたい。
1




AutoPage最新お知らせ