. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Copyright(c)2020co-op All rights reserved.
2020/10/7 | 投稿者: まるきち

先月のことですが
人生で救急車初体験の話を。
間違いなく今年の
私ごと重大ニュースにランクイン
するであろう話です。


あの日、うちのかみさんが
急病で倒れ突然入院することに。
(お陰様で今は無事です)


その時は初めてのことでしたので
救急車を呼ぶべきか迷ってたら

娘が#7119の救急電話相談がある
というので
電話して病状を説明、、いろいろ聞かれ
、、、。

「それでは救急車ですね」
と相談窓口のひとに言われ
このまま、この電話を119番につなぎます
との流れに。

その後、こちらに向かっている
救急車両の中から
到着するまでの間の電話で
その日の朝から現在までの病状など
詳しく聞かれました。

ただ、私は気が動転してた訳ではないのですが
記憶が曖昧で、しどろもどろになり
救急隊の方の質問に的確に答えることが出来ず
なんだか「あなた家族なのに、そんな事も分からないんですか!?」
と言わんばかりの迫力での通話やりとり。。

詳細が不明なところもあり
娘に電話を代わってもらいました。

そして家族みんな
初めて救急車に乗ることになりました。
初めて気づいたのですが
救急車は♪ピーポーピーポーだけだと思ってましたが
ウー〜のサイレンも鳴らすことも知りました。
そこかよ?
(ちなみ私は若かりし頃、何故かパトカーには乗った事あります 笑)


娘には「パパ落ち着きなよ」
って笑われながら肩を撫でられ
悔しいやら、なんだか複雑な気持ちでしたが

今年、成人した彼女が
いつまでも子供と思っていた娘が
いつの間にか大人になったことを実感した
というエピソード、、

この事が
かけがえのないものになりました。


ヴァン・ヘイレン/ドリームス


このような事は決して
あってはなりませんし
書くべきでもないと思いましたが

もしも緊急事態に遭遇した時に
みなさんに
何かしら参考になればと思い
本日、ブログを書きました。

判断に困ったときは
#7119です。
1
タグ: 子育て #7119 救急車




AutoPage最新お知らせ