屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2005/5/5

謎の中国野菜  
3〜4年ぐらい前に、中国から親父が持ち帰った野菜。
親父は中国に稲作を教えに行ってた。どういう経緯で行ったのかは忘れましたが、2年で2回ほど中国に行ったはず。ご存知の方も多いと思いますが、高知の稲作は二期作が主流です。年に2回育てることが出来ます。これは高知の暖かい気候を利用して、また稲の花が咲く時期と台風の時期をずらすことが出来るので高知では当たり前のこととなってます。ただねぇ〜、この作業は大変です。田植えしてる隣の田んぼでは稲刈りしてるんですから、はっきり言って重労働です。小中学生の頃の夏休みといえば、昼間は暑くなるので朝日が昇る前に起され稲刈りや田植えの手伝いをしていました。この頃は機械がまだ無く全て手仕事でした。今では田植えも稲刈りも機械で出来るようになったので、随分楽になってます。おっと話がだいぶそれて来てしまいました。

野菜って聞いたけど煮ても焼いてもたいして旨くないそんな親父が持ち帰った赤い葉っぱです。結構大きくなります。去年も育てているのでその様子はこちら。中国野菜といってもいろいろあります、この葉っぱは、煮ても焼いてもたいして旨くなかった・・・・でも葉っぱの色が鮮やかなので観賞用として育ててます。煮ると真っ赤なスープになります。きっと体にはいいのだろう。種袋の文字”TEDAYEHONGJIANCAI”が読める方いらっしゃいますか?最後のほうはジャンサイって読めますが、最初のほうがさっぱりです。



大型連休も終わってしまいました。明日から仕事です。今日もふすまを4枚張り替えるなど結構忙しいGWでした。
0


AutoPage最新お知らせ