屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2006/10/31

ジャンボ"主役"降りる  飛行機
読売新聞夕刊の気になる記事。一面のトップに出てました。
1969年に初飛行したジャンボは世界の航空会社に1300機以上が納入された世界が認める傑作機なのだが、大量輸送の時代は終わり低燃費の中型機の時代となってきたようである。
日本航空が所有する最も古いジャンボはこの31日に退役するなど、初期型(747−100〜300)29機も09年までに全て退き、ハイテク装備の後期型(747−400)も翌年から順次姿を消してゆく。
昨年初飛行したエアバスA380型機が登場するまでは世界最大の旅客機だった。
エンジンが4基あることから、燃費や整備コストが掛かりすぎてしまうなど、新鋭機に見劣りするところが露呈されて来てます。

等など、記事には記載されています。ジャンボのフラップを作っている自分にとっては寂しい話ですがね・・・・・あのでかい機体を浮かせられるのは3段フラップのおかげですものね。ぞろぞろ〜と出てくる3段フラップを見た方も多いと思いますが、普通の飛行機には無いフラップの考え方ですよね。上下に動くわけでなく斜め下向きに出たり入ったりで機体を昇降させるのです。
この3段フラップを縁あって作り始めて9年、200機近く作りました。つい先日作った号機は1383号機です。旅客機としての需要は終焉の模様ですが輸送機としての需要が有りまして未だに月産1〜2機のフラップを製造しています。

そんな輸送機として改造されてる模様をいくつかリンクで紹介します。
なんと次期B787の胴体や部品を空輸するための専用の輸送機として誕生してます。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200609191951
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200609161838
http://www.boeing.jp/2005/050222a.html
http://www.chunichi.co.jp/00/cko/20061006/ftu_____cko_____000.shtml
http://blog.tabista.jp/airline/2006-09-06

このB747LCFは当然日本にやってきます、次期B787の機体部品の3割近くは日本で作られるのですから!だから787はメイドインジャパンで組み立てがシアトル・・・ちょっと大げさかも。
来年からセントレア空港に来るようです。名古屋といえばM重工やF重工の重要な工場がありますものね。
我が職場も787に向けて準備万端、後は認証を受けるだけです。何を作るかは内緒!
今は737も忙しいのにね、毎日1〜2機の737のフラップの部品が生産されています。
人員も増強されてフル稼働になってます。オートクレーブが悲鳴をあげなきゃいいけど・・・・
0

2006/10/30

落花生、最後の収穫  
発芽から成長、そして収穫と随分楽しませてもらいましたがいよいよ最後の収穫となりました。落花生には沢山楽しませてもらってほんと感謝です。
残りの落花生を収穫。クリックすると大きくなります。rこれだけの量です。クリックすると大きくなります。r
一部乾燥させて炒ってみようかとも思いましたが、時間が掛かりそうだし、炒りかたも良く分からないし、このブログの副題どうりに取り立てを楽しむにはやっぱり茹で落花生です。全て茹でてビールのつまみとなりました。美味しかったです。
虫にとっては落花生の葉っぱはあまり美味しくないのかアブラムシも青虫も殆ど来ませんでした、毛虫がちょっと来たぐらいでなんの苦労も無く育ってくれました。なので来年も育てますよ、大きなコンテナで子房柄の無駄が出ないように育てます。
エイリアンじゃないョ。クリックして大きくしてくださいね。rコンテナの土の中に落花生の実が残ってるかもしれないので土をかき回していたらこんなのが出てきました。最初はげっ!って思ったのですがよく見たら落花生の根っこが出てきているんですね。一瞬エイリアンを想像してしまいました。
たぶん霜が降りると枯れちゃうでしょうがポットに入れときました。何とか越冬してあげたいけど無理だろうなぁ〜。

0

2006/10/29

インゲンが開花  
この時期に育てるのは初めてです。
アップで深度を浅めに。クリックすると大きくなります。r広角で深度を深めに。クリックすると大きくなります。r
いつもは春しか育てていなかったインゲンを秋に育てています。もしかして暖かい春から秋にかけていつでも育てられるのかなぁ〜って感じてます。来年はもっと何度か育ててみようかな。インゲンの胡麻和えは美味しいからね。
しかし豆類の花って不思議ですよね、妙な艶を感じるのは私だけなのでしょうか?
0

2006/10/28

葉大根です。  
グリーンランド
そろそろ収穫できます。クリックして大きくしてくださいね。rコンテナ不起耕栽培を実験中のグリーンランド(葉大根)。前回の投稿
何とか収穫できそうな大きさまで育ってくれました。ニンニクも一緒に植えてあります、おかげかどうか多少虫食いの跡がありますがアブラムシも来ないで綺麗に育ってくれてます。
明日収穫して油揚げと一緒に甘辛炒めの予定です。
0

2006/10/27

種から芙蓉  その他
種から育てている芙蓉。クリックして大きくしてくださいね。r職場の芙蓉の花のあとに出来た種を失敬してきて蒔いた種が発芽しやっとここまで成長しました。
しかしなかなか大きくならないですね。写真をクリックして大きくした写真が実物大と思ってくれてもいいぐらいです。でも茎はしっかりと”木”になってますね、ごつごつとした草には無い力強さを持った”木”に成長しています。
寒くなると葉っぱが枯れて落ちてしまうのでそうなる前に投稿です。
この分だと花が咲くのは随分先のようですね。何年後だろう?
0

2006/10/26

ニンニクの水耕栽培  水耕栽培
今年の春にたいして大きくもならず枯れていったので放置してあった水耕ニンニクです。
ペットボトルでニンニク栽培。クリックして大きくしてくださいね。rずーと放置したあったので培地もからからだったのですがいつの間にやら芽が出て大きくなってきました。通常なら夏の高温で腐ってしまうところですが、雨の当たらないところに放置してあったのが良かったのか腐らず発芽してくれました。乾燥状態が良かったみたいです。
前回水耕ニンニクを始めた時期が遅すぎてちゃんと大きくなってくれなかったのですが、今回はコンテナ植えより大きいぐらいに成長していますので楽しみです。液肥を切らさぬよう頑張ります。どうなるかな〜。

0

2006/10/25

再投稿(雨の中のほうれん草双葉)  
ガマさんにコメント貰って、確かにこれ一枚では分からないねってことで再投稿。
実は望遠側で被写体深度にどれぐらい差が出るかのテストだったのですが、昨夜は眠気が優先で言葉足らずでした。
深度を深めに。クリックすると大きくなります。r深度を浅めに。クリックすると大きくなります。r
左が昨日の写真、F値16.0、シャッタースピード1/50秒、焦点距離71.5mm

右側が今朝の写真、F値4.8、シャッタースピード1/125秒、焦点距離65.1mm
暗かったので両方ともフラッシュを焚いてます。
絞りを変化させることで被写界深度も変わるようなので試してみました。見ての通り右側の写真のピントが合っている範囲が狭い(ボケの部分が多い)ので被写界深度が狭いということになります。で、左側がそれよりは被写界深度が深いということになりますね。
でも微妙ですね、望遠側での被写界深度は狭くなりやすいけど深くなりにくいってことでしょうかね。
0

2006/10/24

雨の中のほうれん草双葉  
ほうれん草の双葉。クリックして大きくしてくださいね。r発芽したほうれん草の双葉に雨粒が付いて綺麗だったのでついパチリ。
被写界深度を深めに設定しました。
0

2006/10/23

ウコンの一部収穫。  
今日は朝から冷たい雨です。これから日一日と冬に向かっていきますね、屋上菜園にとっては厳しい時期が近づいて来ましたが、それはそれで楽しむつもりです。季節は廻る・・です。
昨日のネタなのですが・・・
葉っぱに元気がなくなってきたウコンの株がいくつかあるので収穫しました。
今年の夏が冷夏だった影響か思ったほど大きくなっていないのが現状ですが、一度に収穫するのも大変なので少しづつ収穫することにしました。
ウコンの株もくたびれてきました。クリックして大きくしてくださいね。rやっぱり小さいですね。株も小さかったからこんなものかな・・・
堀上げると同時に、あのウコン独特の香りが漂ってきました。久しぶりの香りです。

黄ウコンと紫ウコン。クリックして大きくしてくださいね。r今回収穫したのが黄ウコンと紫ウコン(ガジュツ)なのだが、並べてみてもよく分からん・・・・
よ〜く見ると右端のウコンの切り口が若干紫だったのですが写真にするとよく分かりませんでした。やはりまだ早かったのでしょうか?植えたときの根茎の切り口は綺麗な紫だったのですが・・・まだ残っているのでこれからに期待します。

第一弾のウコン収穫。クリックして大きくしてくださいね。r大した量では無いのですが、今年のウコン初収穫です。う〜ん、やっぱ小さいや!しょうがないね〜
葉っぱと茎と根っこは切り刻んであちこちのコンテナにマルチしてみました。ウコンの香りが虫除けになるのではとの期待をこめてのマルチです。少しでも効果があれば嬉しいですけどね。


早速すり潰して焼酎のお湯割りでいただきました。採り立ては強烈な香りと味です、でも久々のあじ。これは慣れない人には無理かも・・・クルクミンが健康には良いようですが決して美味しいって言うものではないですね。ターメリックパウダーとか色々加工すれば良いかもしれませんが生のままいただくつもりです。
0

2006/10/22

茹で落花生が美味い!  
12株ある落花生のうち半分の6株を完全収穫しました。
落花生の株がくたびれてきました。クリックして大きくしてくださいね。r落花生の株がだいぶくたびれて来ましたので完全収穫しました。前に土の中を手探りで探して収穫したのでたいして残ってないのだろうと思っていましたが・・・

実が沢山出てきましたよ。クリックして大きくしてくださいね。r根っこごと引っこ抜くと落花生がぞろぞろと出てきました。この前手探りで収穫したけど、残っていたか、アレから成長したか?それなりに大きいのがぞろぞろと出てきました。
小さなコンテナに育ててしまったのでせっかく伸びてきた子房柄がコンテナの外に宙ぶらりんで実を付けることが出来なかったのも沢山有りました。来年も育てるつもりですが、何とか大きなコンテナを用意するか作るか・・・とにかく無駄なく実を付けさせなくては。

今日の落花生の収穫。クリックして大きくしてくださいね。r結局これだけの収穫です。早速採りたてを湯がきました。塩は小さじ一杯です。
今回は40分ほど茹でてみました。火を止めた後は冷めるまでそのままにして置きます、そうすると塩味が多少なりとも殻の中に滲みていくようです。
20分茹でた辺りから大き目の落花生を取り出して味見するのですが、ほくほくして美味しい!たまらんですなぁ!
結局40分ほど茹でました。前回は25分でしたがそれほど変化無し、次回は25分で行こうと思います。
しかし美味いです!柿ピーに入っているピーナッツとは全くの別物と言って良いぐらいうまいです。
ホントこれは育てたものにしか味わえない美味しさですね。でもコンテナでも収穫できるのが証明されたので、この記事を見て育ててみようと思う方が現れてくれると嬉しいですね。

落花生の過去記事↓
http://diary.jp.aol.com/applet/rooftopgarden/msgsearch?&skey=落花生&
0


AutoPage最新お知らせ