屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2006/10/12

LAST芙蓉  その他
ついに明日の蕾を見つけることが出来ませんでした。こいつが今年の最後の芙蓉の花です。随分楽しませてくれましたがいよいよ終焉LAST芙蓉です。
たぶんこれが最後の芙蓉の花。クリックして大きくしてくださいね。t8月のなかばからずーと楽しませてくれてた芙蓉ですが、ついに終焉です。明日咲く蕾がいよいよ無くなりました。すなわち、この芙蓉の花が今年のラスト芙蓉となりました。随分楽しませてもらったけど短い夏だったなぁ〜。短い夏を名残惜しむかのように咲いていました。

芙蓉の種。クリックして大きくしてくださいね。tで、8月に咲いていた花はとっくに種になってますね、ちょっと早い枯芙蓉です。これがこぼれてまたどこかに発芽することでしょう。去年持ち帰った芙蓉の種はちゃんと発芽して少しづつ大きくなっています。そのうち投稿しますね。

と同時に色んな虫もやって来なくなったのですが・・・
色鮮やかな女郎蜘蛛。クリックしたら大きくなっちゃいますよ、自己責任でよろしく。恐いもの見たさでクリックもまた嬉や。tこいつは一生懸命に糸を張り巡らし獲物が掛かるのを待っています。もう花も終わりに近づき虫も殆ど来なくなりましたが、色鮮やかなでかい腹を抱えた女郎蜘蛛が陣取ってます。左の方にくも糸でぐるぐる巻きにされた獲物が写ってますね。この芙蓉の花に沢山の虫が蜜を求めて飛んできてましたけど、くもの巣に掛かった獲物は思ったほど多くは無かったのか、それともこれぐらいで充分なのかな。獲物が掛かった瞬間は面白いですね、お尻から糸を吐き出し長い沢山の足と腕(どれが足で腕やら分かりませんが)を使ってぐるぐる巻きにしてしまい、身動きが取れなくしてしまいます。それから優々と獲物の体液を吸うわけです。
でもこの女郎蜘蛛はまだ芙蓉の花が終わったのに気が付いていないのでしょう。もうそうそう獲物は来ないよ。
0


AutoPage最新お知らせ