屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2007/2/13

アスパラガスの植え替え、その2  
aolさんに2500文字以内で投稿してくれって怒られたので、2つに分けました。

プランターはもっと凄かった・・クリックして大きくしてくださいね。r65センチのプランターにも植えてありました。これも引っ張り出したら物凄い根っこでしたが、このままでは買い物籠には入りませんね。このプランターには2株植えてありましたので何とかばらして1株づつに分けてあげなくてはと根っこをばらしに掛かりましたが、これが大変な作業となりました・・

物凄い根っこです。クリックして大きくしてくださいね。r根っこをばらすのにえらい苦労しました。そうなんですプランターには網目状になった中敷が敷いてありますよね、その中敷の網の目を通して根っこが大量にもぐりこんでいました。出来るだけ根っこを傷めない様に網目から引っこ抜きながらばらしていったのですが小一時間掛かってしまいました。そして結局ブッ千切れた根っこが大量発生・・・これ以上無理っす!しょうが無いっす!
プランターでアスパラガスを育てようと思ったあなた!将来的に植え替えるつもりならプランターはやめてコンテナか発泡スチロールか袋植えをお勧めしますよ。

またまた物凄い根っこです。クリックして大きくしてくださいね。rしかし物凄い根っこになるんですね!植物が立派な地上部を育てるために人知れず闇に隠れてこんなに地下で根っこを張り巡らしているのです。
畑で育てていればこんな苦労も無いでしょうけど、屋上のコンテナで育てている以上避けては通れない道です。大きく育ってもらうためには根っこを大きく育ってもらわないといけませんからね。

今年のアスパラガスコーナーの完成。クリックして大きくしてくださいね。r去年は袋が並びましたが、今年は買い物籠が並んでしまいました。ちゃんと根付いてくれるかな?おいしい採り立てのアスパラガスを食べたいからこんな苦労してるのだから、ぶっといアスパラガスをヨロシクね!

アスパラガスの新芽も準備されてました。クリックして大きくしてくださいね。rふふふ・・・ちゃんと移植する時に確認済みです。今年のアスパラの新芽です!!ちゃんと用意してくれてたのですね!(嬉)
ちゃんと根付いてくれれば、コイツラがにょきにょきと伸びてきてくれるはずです。
採り立てのアスパラガスが今から楽しみです、なんといってもアスパラガスは収穫した瞬間から鮮度が一気に落ちていくので一分でも早く湯がいて食べるのがおいしく頂く極意なのです。よって収穫したてのアスパラガスを味わってしまうと八百屋さんで市販されているアスパラが物足りなくなるのでご注意ください。

しかし暖かいですね。今日も上着は必要ありませんでした・・・
自然界は春の準備を怠ってなく気温にあわせて成長してます。これで急に寒の戻りとかで氷点下になったらえらいことになるので、このまま春を迎えられるよう願ってやみません。

長文の投稿になってしまいました、おかげで保守投稿する羽目になりましたがこの記事が菜園を愛する方々の参考になるとしたら嬉しいことです。
0

2007/2/13

アスパラガスを植え替え  
袋植えにしてあるアスパラガスの肝心の袋が先日投稿した様にボロボロになっているので植え替えを実行しました。植え替えたアスパラガスは屋上でぼちぼち3年目そしてその前に露地で3年の人間で言えばぼちぼち中年になるアスパラの株たちです。しかし今日の編集は大変だぞ・・・・
袋から開放。クリックして大きくしてくださいね。r紫外線劣化で培養土のビニールの袋はボロボロで簡単に裂けてしまいます。
開けてびっくり玉手箱とはこのことですね・・・袋の形に根っこがびっしりと詰まっていました。間にある土をこぼそうとしてゆすったのですがびくともせず・・・かといってこれ以上大きな袋もコンテナも無く、さて何に植え替えようかと・・・・

買い物籠の登場。クリックして大きくしてくださいね。r想定はしていたのでちゃんと考えていましたよ。一年ほど前に閉店したホームセンターの買い物籠を貰ってあったのを利用しました。側面は例のアルミの袋、底面は不織布です、これに土を入れてアスパラガスを育てます。

何とか大容量を確保。クリックして大きくしてくださいね。r底面に近くに元肥を施し直接根っこが触れないよう間に土を入れ根っこの塊を入れ空いたところに培養土を入れ完成。
たいしてお金をかけないでこれ以上の大きな容器を準備するのは無理と思いつつ、このまま後5年ぐらい育ってくれないかなと勝手な事を考えてます。



2500文字を超過してしまいましたので怒られました・・・・
ので2回に分けて投稿します。
2


AutoPage最新お知らせ