屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2007/2/25

東郷記念館  その他
親戚の結婚式に出席するために上京している両親に会いに行きました。
東郷神社に隣接する東郷記念館は東京は原宿の竹下通りのすぐ横にあります。
人で溢れる原宿竹下通り。ここで大きなデジカメR1を構えるのには勇気が要りました。駅への信号が青になった瞬間を狙ってすぐに退散しました。クリックして大きくしてくださいね。rこの奥に東郷神社があります。ウソのように静です。クリックして大きくしてくださいね。r←原宿竹下通りの入り口。あいも変わらず多くの人でごった返しています。

→この雑踏の竹下通りの数十メートル離れた場所にこの静かな東郷神社があります。しかしこの動と静の境界線が強烈です。クレープをほおばる圧倒的に大量の若者の脇をすり抜けていくと一気に静かなこの景色となり、何だか別世界に入っていくような感じさえ覚えてしまいます。
東郷神社は日露戦争でバルチック艦隊に勝利した東郷平八郎が祭られていて勝利の神様として有名ですね。日露戦争の日本海海戦は日本史で勉強したと思いますが「本日天気晴朗なれども波高し」と大本営に打電したことは記憶に残っていると思います。
東郷神社東郷平八郎に関してはWikipediaのリンクを張っておきます。

隣接する東郷記念会館の中庭。
中庭の大きな池が印象的でした。クリックして大きくしてくださいね。r反対側から。クリックして大きくしてくださいね。r←披露宴が終ると中庭からこの池の上の廊下を渡り会館のフロントに戻ります。ここで列席者は新郎新婦を待ち構え再度の祝福をするわけです。なかなか凝った演出ですね。
→反対側から撮ると会館が一望できますが、日光の関係で上の方は白飛びしてしまいました。

両親に会うのが目的でしたが早くついたので披露宴に押しかけてお邪魔してきました。会場は意外と狭かったのですが新郎新婦の席を取り囲むように列席者の席があるのでとても親近感のある披露宴でした。会場の盛り上がりも最高でした、ちょっとだけお二人の幸せをおすそ分けで頂いてきちゃいました。

緑の多い場所ですから何だかの花が咲いているのではないかと探しながら歩いてました。
白い沈丁花の花。クリックして大きくしてくださいね。r赤い沈丁花の花。クリックして大きくしてくださいね。r多摩地区の沈丁花はまだまだ蕾ですがやっぱり都心の方が暖かいのでしょう、花が咲いていました。紅白で咲いてめでたい!めでたい!

柊南天。クリックして大きくしてくださいね。r竹下道りの店の前にもこの黄色の花が沢山有りましたが、東郷神社の周りにも沢山花が咲いていました。何の花か知らなかったのですが親父に聞いたら一発回答で”柊南天”の回答が帰ってまいりました。う〜んやっぱり尊敬すべき親父でした・・・。
葉っぱが柊、花房が南天に似ているので付いた名前のようですが、よくよく見てるとどちらも違いがはっきりしていると言う結論が出てきちゃいます。まぁ最初見たとき柊ってこんな花咲いたっけって思ったからこの名前で納得かな・・・。


両親は楽しんで帰りました、さすがに年老いてきましたが、まだまだ元気に長生きしてくれることでしょう。私も親孝行しなきゃね!

沈丁花でガマさんにTB、
0


AutoPage最新お知らせ