屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2007/7/11

キイロテントウ(黄色瓢虫)  
うどん粉病がはびこってきだしたキュウリの葉っぱに小さな黄色いてんとう虫がたくさん来てました。羽化したばかりのてんとう虫だと思っていたのですが・・・・大きくならんぞ?
キイロテントウ。クリックして大きくしてくださいね。rキイロテントウ、うどん粉病菌を食べます。クリックすると大きくなります。r産めよ増やせよ。クリックして大きくしてくださいね。r幼虫もうどん粉病菌を食べます。クリックすると大きくなります。r

動物界 >節足動物門 >昆虫綱 >鞘翅目 >テントウムシ科 >カビクイテントウ属 >キイロテントウ

ちっとも大きくならないままで普通のてんとう虫の半分から4分の1ぐらいの大きさです。頭と羽の間の胸部に白地に二つの黒紋が目印です。
ナナホシやナミテントウムシのおかげでこのキュウリのアブラムシはいなくなったのですが、湿度が高くなると共にうどん粉病が葉っぱに現れだしました。
暫くするとこのキイロテントウがたくさんやってきました、そうなんです、うどん粉病菌などの菌類を食べてくれるありがたい昆虫です。幼虫も菌類を食べるようですね。

うどん粉病対策に重曹水(乾く前に洗い流すこと)かカリグリーンを適用しようかと思ったけど暫く様子見です。
0

2007/7/10

ローズマリーの花  
雨降りの花も良いものです。クリックして大きくしてくださいね。r気がつくといつの間にやら咲いています。なんだか年がら年中咲いているような気もします。
雨の日にフラッシュを焚いて花の撮影もなかなかいいですね、ちょっとピンボケなので残念ですが水滴がいい感じです。


やっと東京も梅雨らしくしとしと雨降りです、暫く雨模様が続きそうです。でも台風4号が気になりますね、西に抜けてくれるとありがたいのだが・・・
0

2007/7/9

エンジェルズトランペット (2)  
我が家の鉢植えエンジェルズトランペットに蕾が付きました!鉢植えにしてから初めての蕾です。
やっと1メートルほどに成長してくれました。クリックして大きくしてくださいね。tこの下向きに垂れ下がっているのが蕾・・ですよね。クリックすると大きくなります。tアップで。クリックして大きくしてくださいね。t
露地に植えていたときには花を咲かせてくれてたのですが、鉢植えに移植してからはとんと花を咲かせてくれませんでした。それでも越冬してくれるものでなんとか花を咲かせたくて一番大きな鉢に植えてあげました。
さっぱり蕾らしきものが出てきてくれなかったのであきらめ気味でしたが、一メートルぐらいに育ち、上の方で三つに別れてきたなと思ってよくよく観察すると蕾らしきものが出てきました!
花咲くまでもう少しかな?
ガマさんの言うように下向きの花なのでチョイと残念ですが、香りが凄いですよね。今年はその香りも楽しめそうです。

新聞の天気予報によるとやっと東京も雨マークがずらりと並んできました。これでやっと入梅かな?ちょっと西の方で降りすぎているのでこっちに来てもいいんじゃないのと思ってた次第です。でも毎年の事ながら梅雨の終わりごろになるとあちこちで豪雨になるから心配ですね。
0

2007/7/8

空芯菜 (2)  
週末になるとパリパリ夏菜の空芯菜を収穫してます。
収穫してもどんどん再生してくれるので毎週末の楽しみになっています。
腰水でグングン育ちます。クリックして大きくしてくださいね。r色々収穫。クリックすると大きくなります。r
腰水栽培の最大の恐怖は根腐れなのですが、全くその気配は無いですね。腰水の中に少しずつ水に溶ける固形肥料を放り込んであるのですが、予想どうり藻が生えてきました。水耕栽培の場合は藻が生えて根っこに絡んでくるとあっという間に根腐れなんてよくあることなのですが空芯菜は平気のようです。勿論、時々ジェット放水で洗い流してはいますよ。それにしてもグングン育ってくれて頼もしい限りです。
ごま油が温まらない内にニンニクを放り込んでにおい付け、まずは茎だけを炒め、ちょっとしてから葉っぱを放り込んで塩コショウで薄めに味付けて最期にXO醤と鶏がらスープの素を水に溶かした物を放り込んで水分が飛んだら出来上がり。実は空芯菜の料理は私が担当です。
昔食べた青菜炒めの味とは程遠い気がするが、なかなかいける。ちょっと多すぎたかなと思っても結局平らげてます、ニンニクとの相性がいいからビールの当てには最高ですね。ボチボチXO醤がなくなるのでつぎなる味を探して見ます。

九州四国地方は大雨のようですが心配ですね、東京にはさっぱり降ってくれません。おかげで屋上作業が出来ましたが勿論右肩に負担を掛けない様に心がけてます。
来週中ぐらいからやっと雨のようです。
0

2007/7/7

肩関節周囲炎  その他
前から違和感があったのだが、今週の初めあたりから右肩が痛くなってきて着替えもままならぬ状態になってきた。特に腕を外側に上げようとするとピキッピキッと痛みが肩から腕にかけての外の方に走っていきます。肩間接が痛いわけではないのです。腕を上げなければ痛くともなんとも無いのですが、腕を上げないわけには行きません。右腕を上げるときに左手で支えてあげれば痛みも少ないのですが、これでは仕事に差し支えます。
早速仕事を休んで外科を訪ねて治療に入りました。大体予想はしてたのですが・・・肩関節周囲炎、そうですいわゆる五十肩ですね・・・寄る年波には勝てません。
患者も多いのか印刷物を手渡されました。クリックして大きくしてくださいね。r院長は40才過ぎぐらいでてきぱきと診察していきます。肩を触診しながら腕を色んな方向に上げて問診です。肩甲骨のところをグット押して「痛いですか?」・・そんなにグイッと押したら痛いに決まってるだろ・・・とも思いながら「痛いです」・・・レントゲンを撮ってインフォームドコンセント・・やっぱり五十肩ですか・・・
注射一本とキセノンレーザーパルスを10分間当てて患部を温めて本日終了。注射の中身を聞くのを忘れたが随分と痛みもとれ腕が上がるようになって来ました。この注射は様子を見ながら一週間後に打つそうな。
五十肩は我慢して放っておいてもやがては痛くなくなるようですが、肩の動きに機能障害が残る場合があるので早めに外科に行ったほうがよろしいかと思います。

チョイとこちらのサイトから引用させていただきます。
http://www.1thing.info/50kata/
*五十肩の定義
 骨折や脱臼をした覚えもないし、リウマチのような病気もない。すなわち外傷や特別な病気がないのに発症します。

*50歳代に起こりやすい*  まさに「五十肩」の病名の由来となるわけですが、だいたい40歳代後半から始まって50歳代にピークを迎え、60歳代までは見られます。不思議なことに20歳代、30歳代には五十肩は起こらないのです。70歳代、80歳代にもまずまれです。
 もちろん、ほかの病気と同様、五十肩にならない人もいない。発症する割合は全人口のうち2〜5%といわれます。これは一生のうちに五十肩にかかる人の割合は100人のうち2〜5人ということです。意外に少ないとも多いとも感じますが、いずれにせよ五十肩はだれにとっても身近な病気だといえるでしょう。

*肩から腕にかけての痛み*  一口に「肩」といっても、痛みの範囲は肩にとどまらず、肩から腕にかけて痛むのが特徴です。首から肩にかけての痛みを訴えてくる場合、これはほとんどが首に由来する疾患です。首、肩、腕は近い位置にあるので、痛みを混同しやすいせいだと思われます。
 また、左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方の肩に起こります。ただし、左右が時期をずらして発症するケースもよくあります。

*腕の動きが制限される*  腕を前や横から真上に上げる。それから、腕を外や内にひねる。五十肩になると、特にこれらの動作が制限されます。痛みをこらえれば腕がひと通り動かせるという場合は、五十肩とはいいません。痛みだけだと紛らわしい病気は多々ありますから、運動制限があるかないかが五十肩を見分ける大事なポイントだと覚えておいてください。

*自然に治る*  これが不思議な特徴ですが、五十肩はだれでも治る病気なのです。期間はおおむね半年から1年、個人差はあるものの自然に治っていきます。ただし、「ほうっておけば治る」と軽く考えられては困ります。確かに自然に痛みはとれますが、肩の動きは元通りにはなりません。長い間放置しておくと、治ったあとで運動障害が残るので、適切な治療が必要です。


同世代の方々、気をつけましょうね。
0

2007/7/6

島オクラの花に蜜蜂  
蜜蜂も至福の時なんでしょうか?クリックして大きくしてくださいね。r虫の投稿が続いてしまいました、でもこういう構図が好きなのでついつい撮ってしまいます。花粉にまみれて至福のひと時のようでじっと動きません・・・んっ!?死んでる?まぁいいか。
0

2007/7/5

テントウムシダマシ  
外見はテントウムシなのにアブラムシを食べずに、ナスやジャガイモの葉っぱを食べる害虫です。
テントウムシダマシ。クリックして大きくしてくださいね。rニジュウヤホシテントウ。クリックすると大きくなります。r
ニジュウヤホシテントウがジャガイモの葉っぱの上にいました。こいつには騙されてはいけませんね、テントウムシはアブラムシを食べてくれる大事な益虫ですがこのニジュウヤホシテントウはナス科の葉をかすり状に食べてしまいます。判断方法は細かな毛に覆われて光沢の無いテントウムシはテントウムシダマシだと決め付けてもいいでしょう。
こんな奴は指に力をこめてパッチンしてあげました。


今日は良い天気で暑かったです、梅雨なのに雨が続きませんね。今週末から週間予報は曇りと雨マークばかりです、梅雨の終盤になると各地で大雨の被害が報告されますけど気をつけましょうね。
0

2007/7/4

フェンネル  
和名、ウイキョウ(茴香)
これもはるばるスイスからMidocさんに送っていただいた種から育っています。
フェンネルって知ってました?クリックして大きくしてくださいね。r株元が膨れてきます。クリックすると大きくなります。r葉っぱはアスパラガスに似ています。クリックすると大きくなります。r
フェンネル、ういきょうなど聞いたことも無かった野菜ですが、せり科の仲間なのでまあセロリぐらいに大きくなるのだろうなと普通の大きさの鉢に2株植えていたのですが、いろいろ調べてみると1メートル以上のとても大きな株になるようです。このままではあまり大きくならないかも・・・でも、勿論このまま育てて料理に使ってみようと考えています。
多年生で越冬もしそうなのでまた種蒔きして色々試してみます。袋植えで越冬させて春には大株を目指したいと思ってます。


話は大きく変わって。
先ほど12チャンネルのワールドビジネスサテライトというニュース番組でCX、PX(次期輸送機、次期固定翼哨戒機)の試作機が完成してお披露目になったと報道されていました。YS−11以来の国産大型機、そして初の大型ジェットの国産機の誕生です。この機の翼に付くスポイラーの製造を3年前から取り組んでいたので、試作機完成の報道に嬉しく思ってます。やっと国産の大型ジェット機が出来ました。
0

2007/7/3

落花生の観察 (8)  
今年も落花生の観察行きま〜す。
何度見ても不思議な生態です。
落花生の花が咲き。クリックして大きくしてくださいね。r花は終ります。クリックすると大きくなります。r
鮮やかな黄色の花は受粉して萎んでいきます。決してその花が地下に潜っていくわけでは有りません。”落花生”字の如く花が地下に進んでいくものかと思ってましたが現実は違っていました。

子房柄が出てきました。クリックして大きくしてくださいね。r数日後、子房柄が伸びてます。あらたな子房柄も出てきました。クリックすると大きくなります。r
咲いた花は萎んで無くなりますがその花の咲いていた場所からまるで頑丈な根っこのような子房柄が出てきます。先っぽが結構鋭くてこれが地下に進んでいくのです。
もっと地下にもぐりこんでその先に双子のピーナッツを付けます、そんな姿は折々投稿しますね。

雨が降るなら雨よ降れ!といいたくなる今日この頃です。今日もどんよりとした一日で微かに雨は降りましたが雨とはいえない雨量です・・・
そんなイライラが募ったわけでもないのでしょうが、トイレに入る時に左足の小指をしこたまぶつけてしまいました。グキグキグキ・・・という音が足の小指の骨から伝わってきて間髪をいれず激痛が・・・・・声にならない悲鳴を上げ、息が詰まり額からは脂汗がじわっ・・・しばしの悶絶・・・痛みは脳天からこめかみへと分散し、やがて落ち着きましたがこれはやっちゃった!?と思うぐらいぶつけたし痛かった。
しかし皆さんも経験あると思いますが、痛いですね。でも意外と大丈夫でした。もし足の小指が腫れて来たらやばいなと思うぐらいの痛さでしたが、数時間たってチョイと突き指したか?ぐらいの痛みに収まりました。足の小指の関節はこんな時に備えて柔らかく出来ているのかな。
0

2007/7/2

小雀  その他
チュンチュン鳴き止みません。クリックして大きくしてくださいね。r近づいてもなかなか逃げません。クリックすると大きくなります。r
巣立ちしたばかりの子雀のようです、ずーと鳴き止まず親鳥を必死に探しているようです。
2メートルぐらいまで近づいても飛び立つことも無く、良い被写体になってくれました。


7月に入ってやっと梅雨らしい天気になりました、天気予報では本格的な雨になるという予想でしたが午前中にチョコット降っただけで後は曇り空の一日でした。気温はたいして上がらなかったのだけれどむしむしする一日でした。暫く曇り空が続きそうです。
0


AutoPage最新お知らせ