屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2008/4/20

旬の筍  その他
今が旬ですね!!!
高知から届きましたが、なんともまあ・・・・
どデカイ筍。クリックすると大きくなります。r1立てて見ました。クリックすると大きくなります。r1
お袋の里、高知県南国市白木谷は筍の名産地。そこから沢山の筍が届いたそうです。そのうちの2本が東京にも届きました。
昨日の電話でカツオのたたきと筍を送るからといってましたので待ってましたら朝早く到着です。開けてびっくりとはこの筍ですね、直径10センチほどの筍をイメージしてましたから仰天です。直径20センチはあろうかと思える超ど級の筍でした。
早速、保存用と即調理用に小分けしようと包丁を入れたらこのやわらかいこと!!!力を入れなくても包丁がスーッと入っていきます。煮物にした筍もとっても柔らかで美味しかったです。
保存は塩漬けにしました、煮付けてから冷凍もありますが我が家では味噌汁に入れたりチャーハンなど炒める場合が多いので塩漬けです。

カツオはのぼり鰹といわれる初鰹です、右の写真の緑色に見えるビニール袋に入っています。筍の印象が強すぎて鰹の写真を撮るのを忘れていました。

しばらく筍&カツオ三昧が続きます。両親に感謝!


覚書   65/111

満月(4/20)。クリックして大きくしてくださいね。r1今日は満月でした。雲が多かったので月出は撮れませんでしたが、きれいな満月が撮れました。
0

2008/4/19

午前中はいい天気  屋上からの風景
青い空がまぶしかった。
まぶしい空に白い雲。クリックすると大きくなります。r1でも富士山は雲の中。クリックすると大きくなります。r1
綺麗な青い空に気持ちよさそうに雲が浮かんでましたが、期待した南の山際はやっぱり雲に覆われて富士山は見えませんでした。
いい天気も長続きしませんね、風が強くなってきたと思ったら見る見る曇ってきて夕方には雨もちらほら・・・

B747−146
カリッタ航空のB747。クリックすると大きくなります。r1すり抜けて飛んでいきます。クリックすると大きくなります。r1
午前中に飛んで来てくれると順光で綺麗に撮れます。
右側の写真は凄いところをすり抜けて飛んでいるように見えますが、実際はもっと上を通過してますのでご安心ください。二次元の世界の面白さでもあります。
この塗装のジャンボは初めて撮影したような気がします。N702CKという機体の番号も撮れていたので検索するといろいろ情報が入りますね。

B747-146 JA8107 JT9D-7A J01? -> N702CK カリッタに売却

JA8107で検索するとこんなのもあった

================================

航空事故調査報告書概要
1976/07/17発生 ボーイング式B−747−100型JA8107 
茨城県守谷南方上空


▼航空事故調査の経過

 航空事故の概要
 日本航空株式会社所属ボーイング式B−747−100型JA8107は、昭和51年7月17日同社の定期411便(アンカレッジ、コペンハーゲン経由ロンドン行)として、旅客181名及び乗組員23名が搭乗し、21時07分東京国際空港を離陸し上昇中、21時13分ころ茨城県守谷南方上空の高度8,500〜11,000フィートで強い雹と落雷に遭遇し、風防からす及び翼前縁等が損傷した。
 機長は飛行の継続を断念して引返し、22時07分東京国際空港に着陸した。
 本事故による人員の死傷はなかった。
================================

そうですか昔は日本航空のものだったんですね。
もう30年以上も飛んでいる飛行機です、これからもがんばって飛び続けて欲しいです。


覚書   65/110
0

2008/4/18

雨の瞬間  
一日中雨でした。良く降りましたね、ついでに風も吹き荒れました。
ジェット気流に乗ってとっとと東に流れて行くはずの低気圧がひねくれジェット気流のおかげでゆっくり東に進んでいます。おかげで長い間日本上空に低気圧が居座る事となりましたね、なにやらあちこちで被害が出た模様です。
雨粒の水柱。クリックすると大きくなります。r1雨粒が落ちた瞬間。クリックすると大きくなります。r1
こんな雨の日は雨の瞬間を写してみたくなります。小さな屋上の水溜りですが肉眼では見ることのできない不思議な瞬間がそこにありました。


週末が近くなるとちょっとお疲れモードに入ります、眠い・・・

覚書   65/109
こんな日は富士山の麓でも見えないでしょう。
0

2008/4/17

第2次空芯菜も発芽。  
雨が多いとミニ温室もたいして温度が上がりません、まぁ時々晴れる日もありまして無事に第2次空芯菜も発芽してまいりました。
第2次空芯菜発芽〜♪。クリックすると大きくなります。r1もっと大きく。クリックすると大きくなります。r1
種まきから発芽まで10日程掛かりましたが、次々に発芽です。50粒ほど種をまいてありますが全部出てくるかな?
苗籠を利用して水耕栽培。クリックして大きくしてくださいね。r1浅い苗籠での栽培ですのですぐに根っこが下に出てきて水耕栽培になる予定です。
液肥槽はいつもの発泡スチロールの箱をいつもの遮光袋で遮光してます、今は水だけですがそのうち液肥を投入の予定。培地は普通に培養土です・・・いつものように培地の苗籠からは不織布が垂れ下がっていて水を吸い上げてくれています。

第1次発芽の空芯菜。クリックして大きくしてくださいね。r1第1次で発芽していた空芯菜は小さなプランターに植え替えてあります、去年の残った種をすべて蒔いてあったのですがやっぱり早すぎたのかちゃんと育ってくれたのは15株ほどでした。この空芯菜は去年のようにまた腰水栽培にする予定です。

日が照ればミニ温室内も夏の温度になってくれるのですが、こう雨の日が多いと効果半減です。でも何とか発芽して成長してくれてますから自家製の福地ホワイトニンニクと炒めることを楽しみに育てることにします。


覚書   65/108
朝からどんより・・・・・
0

2008/4/16

ネギの生命力は驚異的です。  
暖かくなると葱坊主がぽんぽん出てくるのでちょきちょききってますが・・・
たぶん先週ぐらいにチョッキンして下に転がっていた葱坊主でしょうね。なんと・・・
ちょん切った葱坊主から開花。クリックして大きくしてくださいね。r1・・なんとこんな状態で花が咲いていました!
まったく驚異的な生命力です、切り口は萎れて来ているものの花のしべは元気いっぱいですね。確かに先週は雨が多かったから水分が供給されたからかもしれませんね。

ネギ本体の生命力もすばらしいものがあるんですよね、ペットボトル水耕で何度も経験してますが水枯れしても1週間ぐらいは平気です。それに採っても採っても再生してくれるし、だから同じ株で4年も育てることが可能になりますね。

週末の朝ごはんのおかずは私が担当してますが、ネギをたっぷり刻んでの卵焼きがメインです。採り立てネギを刻むと目にしみますが美味しいし体にもいいみたい、おかげかどうか分かりませんが、この冬はかあちゃんも私も風邪一つ引きませんでした。有難きネギの生命力です。



覚書   65/107
朝はそこそこの天気でしたがさっぱり見えません。
明日から雨模様なのでしばらく富士山は見えそうにありません。
0

2008/4/15

茗荷を水耕栽培に  水耕栽培
リンク先のsadacoさんから頂いた茗荷の一部を水耕栽培に仕立てました。
そう難しいことはありません、ペットボトル水耕栽培からちょっと大型になっただけのことです。
苗籠を利用して水耕栽培。クリックして大きくしてくださいね。r1閉店したホームセンターから苗籠をいくつかもらってあるのでそれに不織布を敷き茗荷の根茎を並べます。その上に培地としてバーミキュライトとパーライトを半々に、そして今回は試しに燻炭(くんたん)を10%程混ぜ込んだものを満たします。
根っこが出てくればすぐに不織布を突き破って液肥槽に向かうはずです。

発泡スチロールの箱が液肥槽です。クリックして大きくしてくださいね。r1その液肥槽にはいつもの発泡スチロールの箱を利用です。高知から送られてきたかつおのタタキが入っていた箱ですね。これを職場で捨てられるアルミの袋をもらってきて遮光し液肥を投入します。上の培地からは不織布が垂れ下がっていて根っこが出るまで上の培地に液肥を供給します。そのままにしておけば根っこが液肥槽に到達しても培地に液肥を供給しますね。
もしかして根っこが出てきても乾燥してしおれるようならエアーポンプを使うつもりです。エアーポンプの泡が水面で破裂すると飛沫が根っこに絡んで乾燥は防げます。

遮光は大事です。クリックして大きくしてくださいね。r1培地周りをもう一段遮光します。遮光が完璧でないと藻が発生して根っこにまとわりつき根腐れの原因になまりますからね。


後は茗荷が育ってくれるのを待つばかりです。
茎が育ってからもう一段遮光の予定です、楽しみな花芽は光の無いところで育てる予定です。

培地の容量が大きいですが、どうもこの水耕栽培のパターンが一番安定してるような気がします。にんにくの水耕栽培や去年の3号アイコもこのパターンです。
まだまだ水耕栽培も試行錯誤の連続ですからどうなりますやらね。

覚書   65/106
朝からいい天気でしたが・・・見事にみえません。
1

2008/4/14

サフィニア開花  その他
先週買ってきたサフィニアが開花です。
サフィニア・ラベンダーレース開花。クリックして大きくしてくださいね。r1
駐車場脇の冬用の花をいくつか撤収し、空いた鉢やプランターがあったので先週の日曜日にペチュニアやサフィニアの苗を数株購入して植えてありましたが、サフィニアの花が咲き始めました。ラベンダーレースって言う名札が付いていました。さて、いっぱい咲いてもらいましょうかね。


で、ペチュニアとサフィニアの違いってなぁ〜に・・・って思うのだが、ちゃんとウィッキーさんが教えてくれますね、
サフィニア (Surfinia) は、ナス科ペチュニア属の植物。サントリーと京成バラ園芸が共同で1989年に開発したペチュニアの品種。なお、「サフィニア」はサントリーの商標名である。不稔性が高く、草姿が乱れず花期が長いのが特徴で、近年急速に普及している。欧州などの諸外国でも評価が高い。ペチュニアでは初めての本格的な栄養繁殖系。開花時期は4月から10月、大きいものは10cm程度、小さいものは3cm程度と大小さまざまな花を咲かせる。

だそうです。

このラベンダーレースは中輪の品種のようです。

覚書   65/105
午後からいい天気になってきましたが・・・
撮れたのは青い空に半月でした。
青い空に月齢8の半月。クリックして大きくしてくださいね。r1上弦の月は昨日でした。一週間すれば満月ですね、満月は次の日曜日です。

0

2008/4/13

解答です。  
ドット模様。クリックすると大きくなります。r1
これをず〜と引いた写真が↓。







モンシロチョウのカップルでした。クリックすると大きくなります。r1モンシロチョウの羽の模様でした。

しかしモンシロチョウの羽の模様がこんなドット模様になっていたとは気が付きませんでした。
今まで気にして見ていなかっただけの話ですが、身近な中にも知らない不思議なことが沢山あるんでしょうね。


まったくお熱いカップルでして近づいても逃げる様子はまったくありませんので、お約束のお顔拝見です。
いつものようにクリックすると大きくなりますので、クリックは自己責任でよろしく。

お顔拝見。クリックすると大きくなります。r1もっと大きく。クリックすると大きくなります。t200


暖かくなるとアクセス数が増えますね、こんなブログでもお役に立てているとしたら嬉しいです。
0

2008/4/13

職場から (2)  
晴天だった金曜日のお昼休みに職場の草木花を探索してきました。
まずはまだがんばっている山桜。やっぱり青空に映えますね。
週明けには散っちゃってるかな。
逆光で。クリックすると大きくなります。t200やっぱり青空が似合います。クリックすると大きくなります。t200
風が吹いてサクラ吹雪が迫ってきました、慌ててシャッターを押したが・・・・軒下の暗くなっているところに何枚か飛んでくるサクラの花びらが見えます。
サクラ吹雪。クリックして大きくしないと分かりません。t200

観賞用梨の花と姫りんご。
この2つも咲くのが楽しみな花です。どちらも実は期待できないので花を楽しむのみです。
観賞用梨の花。クリックすると大きくなります。t200姫りんごの花。クリックすると大きくなります。t200

職場の空き地に沢山のタンポポが花を咲かせています、こんな空き地があちこちにあります。そしてイチョウの大木にも小さな葉っぱが出てきました、陽射しに緑がまぶしいです。
空き地にタンポポ。クリックすると大きくなります。t200イチョウの幼葉。クリックすると大きくなります。t200

モミジの赤い花、小さな花なので見過ごしてしまいますが沢山の花が紅葉しているように見えます。この種もプロペラみたいで面白いですよ。
ハナミズキも咲き出しました、でも花はまだですね。ハナミズキの花弁と思われているものは総苞片で、本当の花は中央に固まっているつぶつぶです。

モミジの花。クリックすると大きくなります。t200ハナミズキ。クリックすると大きくなります。t200

覚書   65/104
冷たい霧雨の一日でした・・・・

さてと↓の回答編を編集せねば。


モミジの花をオルスコさんにTBです。
0

2008/4/12

これな〜んだ?  その他
今日も屋上でいろいろ撮影してPCに取り込んでいたら、こんな模様が撮れていました。
ドット模様。クリックするともっと大きくなります。r1
一部分をトリムして大きく見せていますが、この時期になると実に身近な存在です。私もこんなに拡大してみるのは初めてだったので意外な模様にびっくりしています。なんだかドットが並んで2進法の世界ですね。
こいつがやってくると数日後が心配になります、お〜っとヒントはこれまで。

正解は24時間後に投稿します。


覚書   65/103
晴れたのですが・・・・雲多し・・・
0


AutoPage最新お知らせ