屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2008/8/23

ミノムシ  その他
虫を見るのも嫌いって方は無視してスルーよろしく、写真をクリックしちゃうと大きくなりますので自己責任でね。

なんだか久しぶりに蓑虫を見たような気がします。
屋上にはミノムシの餌になる樹木が小さなサクランボの木しかないのですがそのサクランボの佐藤錦の葉っぱにぶら下がっていました。
ミノムシ1。クリックすると大きくなります。r1ミノムシ2。クリックすると大きくなります。r1ミノムシ3。クリックすると大きくなります。r1

いろいろ検索して見るとオオミノガのようです。
いつもお世話になっているWIKIさんによると

オオミノガ (Eumeta japonica) は、蓑の内部で終令幼虫(8令)のまま越冬するため、枯れ枝の間で蓑が目立つ。4月から6月にかけて蛹化し、6月から8月にかけて羽化する。ガの形になるのは雄に限られる。この時、雄は口が退化しており、花の蜜など吸う事が出来ない。ガの体長は30〜40mm。雌は無翅、無脚であり、形は小さい頭に、小さな胸と体の大半以上を腹部が占める形になる(また、雄同様口が退化する)。よってガにはならず、蓑内部の蛹の殻の中に留まる。雄は雌のフェロモンに引かれて夕方頃飛行し、蓑内の雌と交尾する。この時、雄は小さな腹部を限界近くまで伸ばし蛹の殻と雌の体の間に入れ、蛹の殻の最も奥に位置する雌の交尾孔を雄の交尾器で挟んで挿入器を挿入して交尾する。交尾後、雄は死ぬ。その後、雌は自分が潜んでいた蓑の中の蛹の殻の中に1,000個以上の卵を産卵し、卵塊の表面を腹部の先に生えていた淡褐色の微細な毛で栓をするように覆う。雌は普通は卵が孵化するまで蛹の殻の中に留まっていて、孵化する頃にミノの下の穴から出て地上に落下して死ぬ。20日前後で孵化した幼虫は蓑の下の穴から外に出て、そこから糸を垂らし、多くは風に乗って分散する。葉や小枝などに到着した1齢幼虫はただちに小さいミノを造り、それから摂食する。6月から10月にかけて7回脱皮を繰り返し、成長するにつれてミノを拡大・改変して小枝や葉片をつけて大きくし、終令幼虫に達する。秋にミノの前端を細く頸って、小枝などに環状になるように絹糸をはいてこれに結わえ付けて越冬にはいる。越冬後は普通は餌を食べずにそのまま蛹化する。


以上http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%ACより引用。
う〜ん、成虫になると何も食べないようですね、雄は交尾後死んでしまい、メスは蛾の姿にならず蓑の中に産卵、その卵が孵化する頃に蓑から出てきて死んでしまう・・・いろいろな生態があって面白いです。


覚書   83/235
0


AutoPage最新お知らせ