2016/11/19 | 投稿者: 久喜

どうも!みなさんこんにちは!
とyoutuber風に挨拶(爆)

 今年も残り1ヶ月近くになりました。早いですねー。
私としては今年1年は長く感じましたが(どっちなんだよ

2016年も数多くの列車が引退しましたが、2017年にも数多くの列車の引退が予定されています。東京メトロの6000系もその一つではないでしょうか。

今更ながら撮り逃してないか気になり昨日久々に昔、どんな写真を撮ったのか懐かくに眺めていたのですが、写真の技術はともかく、なんだかんだ結構撮っていましたね。

びっくりしたのが常磐緩行線を走る営団6000系とJR203系を一部を除いて全ての編成を写真に収めていました。そんなに撮りに行った記憶がないにもかかわらず、ほぼコンプリートしていたのは今更ながら驚きですね。ただ6000系に関しては6003・第21編成だけ撮れていませんでした。第03編成はすでに引退しており、撮影は不可能ですが、第21は多分まだ生きてます。
多分撮りに行かないでしょうが(え

とりあえず、以前撮った写真を振り返ってみます

00編成(通称:ハイフン車)
クリックすると元のサイズで表示します
1968年製。6000系試作車として3両編成で登場。登場時はスカートが装着されているなど現在と違うスタイルだった。登場してからはしばらく営業運転には用いられず、チョッパ制御やVVVFインバータなどに各種制御装置の走行試験を行い登場から約10年してから綾瀬支線に用いられるようになる。その際6000系では唯一の抵抗制御車となる。現在は東西線から転入してきた05系に2014年に置き換えられた。

01編成
クリックすると元のサイズで表示します
1969・1970年製。2次試作車扱い。千代田線の本線の車両として第1の編成。特徴としては車体側面の裾が長く、両方の先頭車が電動車であること、また小田急に乗り入れられないなど、異彩を放つ編成であった。現在は引退しインドネシアに譲渡されている。

02編成
クリックすると元のサイズで表示します
1971年製。扱い的には1次車。試作車からスタイルを見直し、この後に登場する6000系はこの編成のデザインを踏襲しており、車内にはローレル賞のプレートがある。現在もまだ営業運転中である。

03編成
画像なし。現在は廃車解体

04編成
クリックすると元のサイズで表示します
2016年に入ってから廃車解体

05編成
クリックすると元のサイズで表示します
インドネシアに譲渡

全部載せようかと思いましたが、面倒になってきた(おい
次回は10編成程度載せようかと思います。


0

2016/11/16 | 投稿者: 久喜

こんばんは。

今日スマートニュースを見たら面白い記事が・・・↓
常磐線土浦以南の開業120周年でラッピング列車 11月26日から

常磐線も120周年なんですね。まずそれに驚きです。
僕が物心ついた時にちょうど100周年で先頭車に100周年のプリントされていましたが、
それからもう20年が経った事実に絶望です(え

今回は以前のように全編成に先頭にラッピングするのではなくE231系10連1本を103系風に塗色変更するようですが、イメージ写真を見るからにもっと頑張って欲しかったですね。山手線のリラックマみたく完全エメラルドグリーンの塗色にしてほしいというのが本望。まあそうしたらダサいのでしょうが(笑)ウソ電作る気力があればやって見たいですね


ということで久々に撮影にでも行こうかと思います

ただこれから写真よりも動画メインで撮影に行こうと思います(え

世の中でyoutuberが流行っているので私もその流れに乗っています←


とはいえ、もっと昔に写真だけでなく動画を撮っていればとつくづく思いますね
ではまた


https://youtu.be/FRcHo0GAntI
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 常磐線 120周年

2016/11/15 | 投稿者: 久喜

こんばんは!
今週、3編成の新車を導入しました!

ぶっちゃけ過去最高のペースで新車を入れてますね。
では1つずつ紹介していこうと思います。
※写真は北陸さんのレイアウトをお借りしています。

一つ目が
KATO  EF81一般色 敦賀運転派出(3066-3)
24系 寝台特急「日本海」(10-881、10-882、3066-3)
クリックすると元のサイズで表示します
※写真は9月に導入したトワ釜です。ローズピンク色の写真は撮り忘れました・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

 今年9月にトワイライトエクスプレスを導入して以降、日本海も欲しいと思ったのですが、時すでに遅し。3年ほど前にTOMIXが「さよなら日本海」セットを発売してましたが、さすがにどこも品切れ、TOMIXとKATOの通常セットも品薄状態でオークションで高騰しており、なかなか手が出せない始末。

そんな中、たまたま立ち寄ったポポンデッタでこの「日本海」を発見、価格も余裕の購入圏内で状態も良かったため即決購入。めちゃくちゃ運が良かったですね。欲しいものが目の前に現れるなんて!

 製品の説明をするとKATOの24系「日本海」は2010年頃の青森所属の東日本編成をモデルとしており、カニを含め客車は11両です。
あまり購入するまで24系「日本海」ならなんでもいいと思っていたためKATOかTOMIXかということもあまり考えていませんでしたが、TOMIX(通常セット)は函館まで運転していた1・4号の西日本編成をモデルにしているんですね。KATOは2・3号をモデルにしており、一部車両では「あけぼの」でも使用された実績もあり、ファンサービスなのか「あけぼの」のヘッドマークも準備されています(嬉しいですね!)。

2つ目が
TOMIX 485系 特急電車(上沼垂色・白鳥)Aセット(98215、98217)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
485系の上沼垂色はHGではなかった時代も製品化されていましたが、ボンネットの上沼垂色が初の製品化、クハ481-1500もT18編成の時にリニューアルされたもの流用したことで、それを待望のリニューアルというところでしょうか。90年代の北陸を語る上で欠かせない車両ですね。私の中の「白鳥」というと、直前まで走っていた485系3000番台でもなく、2001年に一時消滅時に運行されていた京都運転所の国鉄色の白鳥でもなく、この「上沼垂色」の白鳥のイメージが強いですね(私が生まれて、物心ついた時がこの色だったからかな?)
 ちなみに模型の方はどの編成がプロトタイプかというと私が詳しくないもので・・・、わかりません(え?
上沼垂のボンネット車は比較的初期の車両が残っていて、シールドビーム化されていなかったり、連結器がむき出しになっている車両が多数ありましたが、その中でも、シールドビーム化されていて、連結器カバーがついている編成がモデルのようです。

3つ目が同じく
TOMIX 485系 特急電車( 上沼垂色・白鳥)Bセット(98216、98217)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑写真左がBセットのクハ 481-200番台
 Bセットは一風変わってクハ481-200番台とサハの先頭車化改造で生まれたクハ481-700を両端にした編成です。両者とも3000番台が登場し新潟車が6連化した時に消滅してしまった車両ですが、買った側からしてもこんなマニアックな仕様の車両をよく製品化したなあという感想ですw。まあ当時だとどの編成がオーソドックスかといわれてもどれも異端児みたいな編成な気もしますが・・・w。九州の485系も、仕様変更車を製品化してますから、このまま「ひたち」もこのままマニアックな車両で製品化するんですかねw。

クリックすると元のサイズで表示します
↑それぞれ違う先頭車を並べてみました。ちなみに同セットには「雷鳥」と「北越」のヘッドマークが同梱されているため、わかりづらいですがつけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
奇しくも昼間の「白鳥」、夜中の「日本海」と走っている時間が違えど大阪ー青森と同区間を走る名長距離列車を連続で導入することになりました。
走っている時間が違えど並べると一緒に走っているように感じますね(実際並ぶことはあったのだろうか・・・)

ちなみに昨日、北陸さんと運転会をしたのでその他の写真は北陸さんがUPしてくれると思います(他人任せ・・・


ではまた!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOMIX JR 24系「さよなら日本海」セット【中古】【買取王国】
価格:41040円(税込、送料別) (2016/11/13時点)


0
タグ: 日本海 上沼垂 白鳥




AutoPage最新お知らせ