2017/5/10 | 投稿者: 久喜


こんばんは。

先日、ぽちの鉄道模型フェスにて683系2000番台しらさぎをGetしましたが、それ以前に、KATOから4月下旬に発売されていました681系しらさぎ仕様を購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
北陸新幹線開業時に登場した仕様ですが、割と早い段階での製品化となりました。サンダーバードも再生産して欲しかった(小声 
クリックすると元のサイズで表示します
681系のサンダーバードが発売されてから(再生産からも)かなり時間が経ちますが、仕様の変更としては、塗色の変更を除けば、編成の組み換えとライト基板の変更のみです。
クリックすると元のサイズで表示します
旧ライト(はくたか仕様)
クリックすると元のサイズで表示します
681系と683系の貫通型比較 どっちが681系かわからない(爆)
クリックすると元のサイズで表示します
貫通型ヘッドライト。テールランプから光漏れしているのが少し残念。左は683系
クリックすると元のサイズで表示します
今度は683系の貫通型ヘッドライト。上の画像と配置を替えているのでわかりづらくてすみません。683系の方が後からの仕様なのでこちらの方が格好いいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
屋根上比較。右が681系
クリックすると元のサイズで表示します
先頭車クロ比較。
クリックすると元のサイズで表示します
横から
クリックすると元のサイズで表示します
新旧しらさぎ並び。どれもイカした顔してますね

 ここにきて「しらさぎ」に熱が入ってしまったので、485系のバリエーションも増やしていきたいところです。





0
タグ: 681系 KATO しらさぎ




AutoPage最新お知らせ