2017/12/8 | 投稿者: 久喜


 こんばんは、先日KATOから4月5月の新製品が発表されましたね。KATOからもE235系が発表され、形式初の製品化にも関わらずTOMIXが窮地に立たされそうですね。今回は、手が伸びそうなものがなかったので助かりました(え

 今日は、先日購入した、EF62後期型と14系能登について少し載せていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
まずはEF62。パーツ取り付け状態です。信号煙管こそ取り付けなければなりませんが、手すりが取り付け済みのため、カプラー交換を除けば、楽でした。
クリックすると元のサイズで表示します
前面。実は文化村にも行ったことがないため、実車を一度も見たことがありません。EF63と64を足して2で割ったような感じですね。また初の3軸車導入です。
クリックすると元のサイズで表示します
続いて14系能登。TOMIXは基本と増結の2セットに対してKATOは8両1セットにまとめてきました。能登自体は何度か乗ったことがありましたが、客車時代は姿形がなかったため乗ったことがありませぬ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
8両のうち簡易運転台が装着されているオハフ、スハフ、スハネフの3両全てがテールランプ点灯。そのうち中間のオハフはon-offスイッチが付いています。
パーツ取り付けははオハフとスハフのジャンパ管のみです。
クリックすると元のサイズで表示します
方向幕、号車番号印刷済み、行き先は「金沢」ハシゴも標準装備。車内は3段寝台?
クリックすると元のサイズで表示します
B寝台も印刷済み
クリックすると元のサイズで表示します
急行サボも印刷済み。
クリックすると元のサイズで表示します
スハフ全面のTOMIXとの比較(左がTOMIX)。HMはTOMIXは印刷済みで、KATOは回転機構を備えているため、他に「団体」「急行(ローマ字付」と選択可能です。
クリックすると元のサイズで表示します
斜めから。奥がTOMIX。印刷物で差が出ています。屋根上は、TOMIXは全ベンチレーターが別パーツ化がしているのに対してKATOは中央のベンチレーターをのぞいて別パーツ化されておりません。
クリックすると元のサイズで表示します
床下の発電装置の表現も異なります。※わかりづらくてすみません
クリックすると元のサイズで表示します
スハフの床下。上がTOMIX。同じ車種ですが、TOMIXの方が作りが細かく感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
中間のオハフ。左がTOMIX。ビジュアル的に大きく差のなっているのはここですかね。どちらもテールランプon-offスイッチが付いておりますが、TOMIXはHM印刷なし、幌枠なしと手抜きです。
クリックすると元のサイズで表示します オハネフ側面。上がTOMIX。屋根上はTOMIXがすっきりしていて、KATOはスジが入っています。どちらが正しいかはわかりません(爆).
車内はTOMIXはハシゴが標準装備される前の製品のため、KATOの方が良く見えます。

スハネフ全面。左がTOMIX。運転室内の表現が異なります。

とテキトーにまとめて見ました。率直にいうと後出しのKATOの方が総合的によくできていると思います。

ではまた




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3058-4 EF62 後期形 JR仕様[KATO]《取り寄せ※暫定》
価格:5650円(税込、送料別) (2017/12/8時点)








0

2017/12/4 | 投稿者: 久喜

お久しぶりです。
更新をしばらくサボってすっかり12月ですね。
今年はこの前まで暑かったのにいつの間に寒くなりましたね。

更新サボっている間に入線したものもありますが、また後日紹介します。
表題の件ですが、先日、KATOから製品化されたEF62と急行「能登」が入線しました。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の今頃、TOMIXの客車能登を購入したので、2編成目の能登です。こちらはEF81に引かせているので、直江津~金沢を
KATOのは今回一緒に購入したEF62に引かせるので上野〜直江津を再現するということで差別化しておきましょう(ん?

細かいレビューと比較はまた今度









0




AutoPage最新お知らせ