2004/12/9

ローマ字の罪  思うこと
今でも小学校でローマ字を教わっていると思う。

ローマ字は、初めて習うアルファベットとしてとても重要な位置にある。
だが、なぜか日本では
 ラ リ ル レ ロ

 Ra Ri Ru Re Ro
と教えている。

これは間違いだ。
ヘボン式ではそう表すのだと主張されたところで、私を納得させることはできない。

自国語にRの発音のある人達に、日本語の"ラリルレロ"を音だけ聞いてアルファベットで書き表わしてみろと言えば、必ず La Li Lu Le Lo と書くだろう。

初めて教わる時にLの代わりにRとすり込まれるので、中学校に入って英語を習う段になってRとLを区別することができなくなる。ローマ字でラをRaと教わったので、単語の中にあるRをLのように発音してしまい、結果としてスペルが覚えられない。

今や世界で通用するカラオケだってKARAOKEと表記されているが、それをKALAOKEと発音して違和感を感じていないのは、発祥国の日本人だけだ。

指導要領に逆らってでもLa Li Lu Le Loと教えるべきだ。
最初にヘボン式を導入した人の罪は重い。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ