2004/7/9

片岡義男  マンガ・本
初めて片岡義男の本を読んだのはいつだろう? どの本だったかさっぱり思い出せない。

彼の作品が文庫本で書店に並ぶのは今ではごくわずかだが、以前は書店の棚1列を占有する程沢山出ていた。角川文庫で彼の新しい本が出る度に買い続け、結局全て揃ってしまった。

彼の作品の中でも、若い男女を描いたものやオートバイが登場するものの多くは、マンガを読む多くの人たちを小説の世界に誘い込むことを目的として作られたということを、ずいぶん後になってどこかで読んだ。

私はまんまとのせられた1人ということになる。

彼の作品は映画のシーンを言葉で切り取ったような雰囲気があるので、マンガとどこか通じる所があるようにも思える。

実は2台目の車をDATSUNトラックにした理由のひとつが、彼の「メインテーマ」という小説を読んだり、角川映画を見たことにある。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ