2011/7/31

バイク磨き  バイク・自転車
今日はあまり天気がよくないので出かけず、SV400Sを磨いてみた。

屋根があるところに止めているのだが、地面に落ちて跳ね返った雨で前1/4の下側あたりが結構濡れている。
そこを一通り拭ったあと、購入時から気になっているエキゾーストパイプの汚れを落とすべく、ピカールで磨いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します

これは購入前にバイク屋が撮った写真だが、写真でも分かるということは、直に見るともっと目立つ。
1時間くらいかけてせっせと磨いてみたが、完全に落ちるまではいかなかった。それでも結構目立たなくなってきたし、疲れてしまったので、今日のところはそれで止めにした。

家に入って一息入れていたら、また雨が降り出してきた。さっき見に行ってきたら、また跳ね返った雨で濡れている。バイクのレインカバーの値段を調べてみたらとっても高いので、何とか雨が跳ね返らないようにできないか、ちょっと思案中。
0

2011/7/25

29.87km/l  バイク・自転車
昨日は天気がそこそこ良かったので、またSV400Sを引っ張り出してちょっとお出かけ。

まずは前回と同じガソリンスタンドへ。休み前にお金を下ろしておくのを忘れたのでカード払い。前回は給油機の右側に止めたが、今回は左側。この方が給油口ぎりぎりまで入れた時に見やすいことを発見。

意外と入らず8.58l。トリップメーターは256.3kmなので29.87km/l。カード払いでも結構安くて146円/l。
(ちなみに車で立ち寄る別のスタンドは151円/l [2011.07.22])
前回362号線で結構回したりしたのに、なんてお財布に優しいバイクなんだろう。

トイレも借りて準備万端。そこから北上し、鹿島橋手前の信号を左折して、今日のメインの県道9号線へ。

道路沿いに阿多古川に水遊びに来る人目当ての有料駐車場が沢山あるのにびっくり。以前バイクで走っていた時はそんなの見た覚えが無い。水遊びに来たらしきワゴン車の軍団について走る。両島の交差点を過ぎるあたりから先行車がいなくなったのでちょっとペースアップ。
が、途中で脇道からパトカー(マーチだっけ?)が出てきて、またおとなしく追従。しばらく行ったら脇によけて停車してくれたので、心の中で頭を下げながら抜き、最初はおとなしく、でも次第にペースアップ。

くんま水車の里を過ぎると、大好きな『細いくねくね道』。この辺は以前と変わっていないように思えたが、ひょっとしたら15年振りくらいに走ったかも。

先日の台風で杉の葉が道路に沢山落ちていたので、スリップしないように慎重に進む。まぁ元々ムキになって飛ばすような道じゃないけれど。

トンネルを抜けると下り坂。前回国道362号線を走った日に両手の親指の付け根が痛くなったのだが、両脇を絞め気味にし、ちょっと前傾姿勢を強くすると、両手への負担が少なくなることを発見。何しろ、前乗っていた400ccはアメリカンのNV400Cなので、SV400Sのように前傾のきついバイクに乗る時のポジションがまだ良く分かっていない。その姿勢で下りのワインディングをのんびり進む。

東栄で国道151号線を西へ。いくらでも飛ばせるような国道だけれど、通り慣れない道はねずみ取りが怖いので、地元の人が運転しているらしき車におとなしく追従。途中でうめの湯という日帰り温泉施設を発見。今回は通り過ぎてしまったけれど、入浴料金700円で、ごろごろできる広間もあるようなので、次回通った時は寄ってみよう。
そこをちょっと過ぎた湯谷温泉にあるゆ〜ゆ〜ありいなは、何度も行ったことがある。こちらは温水プールも併設されているので子供連れにもお勧め。

本長篠で左折して国道257号線へ。途中雨が数滴シールドに落ちてきたが、本降りになることも無く金指へ。このルートは先月豊田市からの帰りに車で通ったので、特に新鮮味無し。金指からは362号線でまっすぐ(といってもGoogleマップによると38.5kmあるらしいが)自宅まで。

スタンドでリセットしておいたトリップメーターは121.7kmだったので、今回の走行距離は自宅からスタンドまでと会わせると大体150km位。このくらいの距離だとそれほど疲れないし、給油せずにもう一回走れるので、休みの日に半日かけてぶらっと出かけるのにちょうど良いかも。

オドメーターにしてみたら1301km。購入時の643kmの2倍を超えていた。
0

2011/7/17

久々の362号線走破  バイク・自転車
左右の前ウインカーとクラッチレバーを交換して復活した SV400Sで、昨日362号線を久しぶりに走ってきた。

家を出て50mも走れば362号線なのだけれど、トリップメーターが既に200kmを超えていたので、まずは給油のため(Googleマップによると自宅から27.3km離れた)安いガソリンスタンドへ。先日そのガソリンスタンドの脇を車で通るとき、給油機の周りが平らなことは確認済み。立ちゴケ以来ちょっとナーバスになっているので、不安要素が無いにこしたことは無い。

バイクでセルフの給油をするのは初めて。車の時より慎重にかつ給油口すれすれまで入れてみた。給油量を見ながら入れた訳ではないのに、ちょうど10.00L! トリップメーターは274.2kmなので、27.42km/l。なかなかの好燃費。このペースなら、300km走るまではガソリンのことを気にしなくて良さそうだ。

浜北大橋を渡り、天竜川東岸を北上し天竜に入り362号線へ。自宅前までの20km位は毎日車通勤で通っているので新鮮味は無いが、そこから先は久しぶり。気田を越えて少し行ったあたりから、道幅が1-1.5車線のセンターラインが無いワインディングになる。SV400Sで走るのは初めてなので、最初は様子を見ながらおとなしく走ってみる。春野町と川根町の境が近づく頃には、3-4速ホールドでもそこそこ走れることを発見。4000回転を切らなければ、やたらとギアチェンジするより速いかもしれない。

大井川沿いに出てから千頭までは、センターラインがちゃんとあるごく一般的な国道。ねずみ取りをやっているといやなので、車の流れに乗って走る。千頭駅のちょっと手前で右折して、また山道になる。道幅が広い状態がしばらく続くが、以前通ったときから改修されているのかもしれない。それでも、斜度12%-13%の坂があって、かなり面白い。またセンターラインが無くなり、道が細くなってからも上り下りとヘアピンカーブの連続。

その途中で、ジーパンの腰に付けたホルダから携帯が転落! すぐに気がついたので、なるべく平らな道端に慎重にバイクを止め、携帯を探しながら徒歩で後戻り。すぐに見つかったけれど、結構派手な擦り傷。それでも機能的には問題無し。落ちたのは「早く新しいのに替えたら?」というメッセージなのかも。(ちなみに2002年に買ったmovaです)

気を取り直して、また坂道とカーブをこなしていった。やっぱり362号線最高!

静岡の市街地が近づいてからは、渋滞気味の車についておとなしく走行。静岡駅前まで行こうかとも思ったが、途中で東名静岡インター方面へ右折し、インターを通り抜けて焼津へ。県道416号線で海の上を通り、大崩海岸へ。台風が近づいているせいか、波が結構高くなっていた。

お昼になったのでコンビニに寄っておにぎりと水を買って昼食。車だと車中で食べられるけれど、バイクだとそう言う訳にも行かず、店先の日陰で立ったままおにぎりを食べた。メッシュジャケットを着ていたのでライダーだとパッと見で分かるからまだ良いが、そうでないと「変なおじさん」に見られてしまうんだろうなぁ。

以前ならこのまま進んで150号線で御前崎を回って帰るのだが、夕方用事があったので、焼津から藤枝、島田、掛川バイパスを通って森町へ。トンネルが多いバイパスを通れば直射日光が当たらない分涼しいかと思ったが、トンネルの中は排気ガスが充満していて、逆に暑いくらいだった。

森町市街を抜ければ県道58号線のワインディング。国道362号線ほどではないが、そこそこ楽しめる。気田川沿いに出て、再び362号線を自宅へ。

ガソリンを補給してからの走行距離228.5km。両手の親指の付け根が痛くなって、ウインカーのキャンセルを押すのがつらい位になってしまったけれど、それを除けばとっても楽しかった。

オドメーターに切り替えてみたら、既に1000kmを越え1151kmになっていた。このSV400Sが10年かかって走った距離(643km)くらい、1ヶ月でクリアしてしまいそうだ。
0

2011/7/11

No.406 W26  日々雑感
「No.406 W30」というタイトルで書いたとおり、2004.12.21にはウエストが30inchだったけれど、最近何故だかぐんぐんやせてきていて、今年の春に買ったときは28inch。
それでも緩くて気持ち悪くなってきたので、昨日26inchを買ってきた。同じ406シリーズでもこのページにあるチャコールグレーのもの。
26inchより小さいサイズが無いみたいだけど、これ以上痩せたらどうしよう。
というか、突然太り出してはけなくなったりする?
0

2011/7/10

SV400S納車  バイク・自転車
昨日SV400S を取りに豊田まで行ってきた。
朝7時6分発のバスに乗り、遠州鉄道に乗り換え新浜松へ。さらにJR、愛知環状鉄道を乗り継ぎ新豊田まで行き、駅前からバスに揺られて、バイク屋に着いたのは11時15分頃。
ひととおり説明を聞いて、頼んでおいたヘルメットを被り、中古で購入した赤いメッシュジャケットを着て出発したのは12時くらい。店の人が見送る中、エンストもせずに無事出発。
慣れない時にガソリンスタンドで立ちごけしないか不安だったので、ガソリンを満タンにしておいてくれたのがとっても嬉しかった。
国道301号線に出てそのままずっと東へ進み、新城、三ヶ日を経由し新居町まで出て、あとは旧国1(257号線)で浜松へ。
久しぶりのバイクだったけど、カーブをこなしていくうちに「あぁ、こんな感じだった」と体が思い出してきた。

浜松ではザザシティの自動二輪車駐車場がどんな感じか知りたかったので、行ってみた。
壁に書いてある説明書きがちょっと分かりにくかったが、結局は『入れたスペースの左のポールから出ているワイヤーをバイクのどこかをくぐらせて右のポールに差し込み、自動清算機でパスワードを入れてロック』すれば良かった。
ちなみに、備え付けの前輪を保持する金具を使っている人は一人もいなかったので、私も使わなかった。
ちょっと町中をぶらぶらして戻ってきて、精算機にさっき登録したパスワードと、30分以内だったので100円を入れてロック解除。そこから駐車場を出るまでは順路の左隅をスルー。(つまり領収書を見せたり、係員に止められたりしない)
なるほど、意外とらくちん。無法地帯の感がある高架下の無料駐輪場よりはずっとましだ。

ちょっと裏通りを通った後、和田の自動車街を通り天竜川を超え、東岸の堤防を北上して天竜を経由し、362号線を自宅に戻った。

立ちごけすることも無く、無事に家まで帰り着くことができてひと安心。走行距離156km。

が、自宅のバイク置き場で、蓋つきの大型ゴミ容器の隣のスペースに入れようとしているうちに、右前のウインカーがその容器(の上にあった新聞紙の束)と何度か擦れて、気がつくとウインカーステーが途中からポッキリ!
なにしろ2001年型と10年前のバイクなので、プラスチック部品などがモロくなっているせいか?

部品は買ってきて取り替えるにしても、応急処置をしないと乗られない。「こういう時に限ってボンドが無かったりするんだよなぁ」とぼやきつつもガムテープやビニールテープで巻いてみたけれどあまりうまくいかない。
やっぱりボンドを買ってこようと諦めかけたが、はたと思いつく。
机の中にあった凧糸とワッシャを組み合わせ、カウル内のフロントフォーク側から引っ張るとうまく行きそうだ。
ボンドを塗ってこれで圧着すれば完璧じゃんと見当だけ付けて、あとはボンドを買ってきてからやることにした。
今日はボンドを買いに行かなくちゃ。

こちらは、ウインカーステーが折れる前の(バイク屋が撮った)写真:
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ