2013/6/6

能登ツーリング3日目  バイク・自転車
今日も早起きして走行ルートの検討。とは言っても、今日は上山田温泉までの移動日で、取り立てて面白そうな道も走らないのですんなり決定。

朝食までに時間があったので、バイクチェック&整備。部屋にあったティッシュ数枚と、持参したスタンド(下の写真)&チェーンオイルを持って駐車場へ。

バイクは朝露に濡れてびっしょり。あらかたティッシュで拭ったら、スタンドで後輪を浮かせてチェーンオイルを注した。

部屋に戻り、テレビで天気予報のチェックなどしていたら、朝食の時間になったので1階のレストランへ。今日も昨日と似たチョイスで、典型的なホテル飯。
再び部屋に戻って出発の準備をし、チェックアウト。出発した時刻をメモっておくのを忘れてしまったが、7時くらいだったかなぁ?

ホテルを出て県道47号線を南下し、和倉インターから国道249号線に乗って七尾方面へ。七尾市街からは国道160号線で海沿いを南下して氷見へ。氷見の道の駅でちょっと休憩して再び160号線を南下。

通勤時間帯になったためか車が増えてきたので、信号で止まっている車の脇をすり抜けて一番前に出たところ、青信号で無謀にも挑んで来るゴルフTSI。面倒なので加速して遥か彼方に離してあげたけれど、次の信号でまた懲りずに挑んで来る。そのゴルフ以外にも後何台か挑んで来る人がいたけど、ひょっとしてここら辺ではバイクが車の脇をすり抜けて一番前に出ることを、ドライバーは快く思っていなかったりするのだろうか? 原付対普通車ならまだしも400ccに挑もうなんて、お門違いも良い所だと思うんだけれど...

四屋インターで国道8号線に乗ったあたりから、大通勤渋滞。車の脇をすり抜けては一番前に出るのを繰り返す。と、左側の脇道から虎視眈々と狙っている白バイを発見。それからしばらくはおとなしく車のペースで走る。しばらく行った先にの右側の脇道にも、別の白バイ発見。なので、おとなしい走りのまま富山県内の国道8号線を通過。

越後市振の関で休憩して、売店のレジ脇においしそうなまめ大福があったので、すかさず購入。(126円) 売店前のベンチに座りおやつタイム。昨日の大福よりもさらにおいしかった。お薦めです。

しばらく走ると親不知あたりに展望スペースがあったので記念写真。

海の様子はこんな感じ。

糸魚川市内で給油。久しぶりのセルフ店。329.1km走って9.52l入ったので34.57km/lと新記録ではあるものの、直前の給油はセルフではないのであまり信用できない。

能生の道の駅で休憩し売店を冷やかしてみるも、カニの季節ではないし、買いそうな客とも思われなかったためか、売店のおばちゃんからの強引な売り込みは無し。

ひたすら国道8号線を進み、上越市で右折して国道18号線を南に。ちょうどお昼になったのでセブンイレブンでおにぎりを2つ買って、いつものように店先で昼食タイム。今日もホテルで補充して冷やしておいた水を飲んで、ちょっと節約。そこからの景色はこんな感じ:

そこからはひたすら国道18号線を南下して、道の駅しなので休憩。ここは以前渋温泉に泊まった時に、黒姫高原に行く途中に利用した所。

そのあともひたすら国道18号線を南下し、戸倉を右折して今日の宿上山田温泉へ。が、着いたのが14時20分頃でまだチェックイン時刻前だったので、地図と相談してひとっ走り。

まずは県道55号線で四十八曲峠を登る。この道は四輪の走り屋さんがドリフトして遊ぶ道のようで、カーブ毎に盛大なブラックマークが。さすがに平日の昼にはそんな人は居ないようで、気持ち良く走ることができた。トンネルを抜け下りきって県道12号線へと右折し、ツーリングマップルでお薦めになっているコースを進む。

晴れていればもっと展望が良いのだろうが、雲が出ているのであんまり。でも、道は良い感じ。
ちょっと開けた所があったので、真横からも撮ってみた。

また走り出して少ししたら、遠くで雷の音が聞こえ、雨が降り出してきた。
カッパを着るタイミングをちょっと逃してしまい、木陰に避難できそうな場所を探しているうちに、少しずつ本降りになって来た。やっと木陰を見つけ、慌ててカッパを着たものの、雨用のグローブの中側が濡れてしまい、手がちゃんと入らずに悪戦苦闘。一つ大きなサイズにしておけば良かったと後悔。

雷鳴が轟き、かなり本降りになってきた。このタイヤに替えてから本格的な雨の中を走るのは初めてなこともあり、軽トラに道を譲ったりしながら恐る恐る進む。雨の中だと地図を確認する訳にも行かないので、県道390号線を下った後、道を見失う。

県道77号線に出でしばらく行った所で本格的に迷ってしまい、ガソリンスタンドで道を聞きつつトイレを借りて、やっと上山田温泉にたどり着く。

ビショビショのカッパのままホテルルートインコート上山田にチェックインしたのは16時50分頃。部屋の中でカッパとグローブを干してエアコン全開にして乾かす。そのうちに雨が収まってきたので夕食を調達にぶらぶら出かけ、セブンイレブンでのり弁(430円)を買ってホテルに戻り夕食タイム。

食後はホテルの大浴場に浸かり、生き返る。なかなか良い感じの温泉。

本日の走行距離 365.6km。
累積走行距離 1125.5km。










お小遣い帳
昼食代200円
夕食代430円
おやつ代126円
ガソリン代1,371円
宿泊代4,900円
合計7,027円
累計23,691円
0

2013/6/5

能登ツーリング2日目  バイク・自転車
いつものように早起きして、今日のコースを検討。今日は能登半島をほぼ一周する今回のメインの日。ノートに大体のルートとツーリングマップルの該当ページを書き込んでおく。これがあると道端でツーリングマップルを開く時にとっても便利。

大体決まったらバイクの所まで行って様子をチェック。結構街中だけれど、大通りから見ると一本裏道で、しかも屋根付きなので、朝露に濡れなかったし、いたずらされる心配も無さそう。

一旦部屋に戻った後、6時30分から無料の朝食サービスへ。選んだのはクロワッサンとスクランブルエッグ、オレンジジュースとコーヒーなど、ホテルに泊まった時の定番メニュー。

部屋に戻って天気予報やニュースなどを見ていたら8時になってあまちゃんが始まったので、初めて見てみた。評判がいいみたいだけど、やっぱり私はNHKのドラマって苦手。それを見終わってからチェックアウトし、出発したのは8時30分頃。

朝の通勤車両がそれなりに多い中走り出したが、街中だと曲がる道が良く分からず早速迷ったりしながら進む。最初は県道8号線に出ようと思っていたが『のと里山海道無料』の看板につられてそちらに進む。なんでも『平成25年3月31日正午 能登有料道路は「のと里山海道」として全線無料可!!』だそうで、快調に飛ばして距離を稼ぐことができた。左側には日本海が見え続けているので、とっても良い感じ。

高松SAで休憩して地図と相談。

柳田インターまで行くことにして、ちょっと売店を冷やかした後、再び走り出す前にもう一枚記念写真。

柳田インターで下りたら国道249号線で北へ。道の駅ころ柿の里 しかで休憩して、売店でまめ大福(120円)を購入。ホテルで補充して冷やしておいたペットボトルの水を飲みつつおやつタイム。とってもおいしかった。近くのベンチにいた老夫婦の会話の(恐らく地元の)方言が心地よい。

ちょっと国道を戻って県道36号線へと進み、千鳥が浜のパーキングで記念写真。

もう少し進んだ所で道端に止まり、ごつごつした海岸をバックにもう一枚。

さらに進むと巌門という観光スポットがあるようなので、県道から外れて下り道をクネクネ進み、無料駐車場の隅にバイクを止めてブラブラと観光順路を歩く。岩のトンネルを通り過ぎると巌門登場。

カメラを抱えた二人連れが写真を撮り終えるのを待って写した巌門の左側はこんな感じ。

感動するまでのものではないが、それなりに上り下りがある順路なので、バイクに乗り続けて固まった両足をほぐすにはちょうど良いかも。

一旦国道249号線に出た後、すぐに県道49号線へと左折して海岸伝いに進む。途中に大笹波水田が眺められる場所があったので止まって写真を撮ってみたが、田植えも済んでいないようなのであまり美しくなかった。

そのまま49号線を進んで、断崖になった所で記念写真。

国道249号線に戻って進むと赤い岩をくりぬいたトンネルがあり、その手前にパーキングがあったので、またパチリ。

浦上で左折して県道38号線。浜に出た所でまた一枚。

輪島市外に出た所でお昼になったので、サークルKでお稲荷さんとおにぎり(計210円)を買い、駐車場の隣の空き地に座ってお昼ご飯。目の前は日本海。

その後でお土産を買うために輪島の道の駅へ移動。道の駅と言っても商工会議所に併設されている施設のようで、いわゆる道の駅然としていなくてちょっとお固いイメージ。施設内の観光センターに置いてあった、桐の箱に入って何だか高級そうな輪島塗の夫婦箸(3,500円)を購入。小さいし軽いのでバイクツーリングのお土産にうってつけ。

再び国道249号線を進むが、トリップメーターがとっくに300kmを越えていたのでちょっとドキドキ。町野町曽々木の交差点に出光のスタンド(セルフではない)を見つけてひと安心。
342.5km走って10.61l入ったので32.28km/lととっても良い値だけれど、直前の給油がいつもの量以上だったので、あまり信用できない。

249号線をそのまま進み、千枚田ポケットパークで休憩。観光地として有名なようだが、多くの作業員が出て整備中のようで、風情も何もあったものではなかった。

夏になると畦道をLEDでライトアップするような掲示が出ていたけれど、そんなのに意味があるの? 素朴な大笹波水田の方がよっぽどましな気がするのは私だけ?

国道から県道28号線へと左折してしばらく行った所に駐車スペースがあったので、そこから1枚。

禄剛崎で止まろうと思っていたが通り過ぎてしまい、そのまま進んで道の駅すずなりでトイレ休憩。近くの飯田高校の生徒が沢山いたようだが、何をしているか(何のためにいるのか)さっぱり分からず。

そこから南下した所に恋路海岸という場所があり、意味も無くその看板をバックに記念写真。

写真を撮ってばかりいたので遅くなってしまい、日陰だと少し寒い感じだったので、県道34号線の道端に止まってリュックからフリースを出しメッシュジャケットの下に着用。ついでに写真も一枚。


再び国道249号線に戻った後、ツインブリッジのとを渡って能登島へ。道の駅があるようだったのでそこに向かったが、何度か迷ってやっとたどり着く。でも営業が17時までのようで、私が着いた時はタイムオーバーで施設に入れず、駐車場隅のトイレだけ借りてあえなく退散。

能登島内は結構道が良く、さらにアップダウンも結構あるため、ちょっと飛ばすとまるでジェットコースターのようでそれなりに面白い。

能登島大橋を渡ってまっすぐ行った所に本日の宿を発見。そのまま素通りして七尾市街に向かい夕食を物色。毎日コンビニ飯ばかりではせっかくツーリングに来た意味が無いので、今日の夕食は豪華版。能登食際市場2階の漁師屋で海鮮丼B。

食後にコーヒー付きで1,580円なり。とってもおいしくてお腹いっぱい。

県道1号線経由で和倉温泉まで戻ってホテルアルファーワン能登和倉にチェックインしたのは18時30分頃。バイクは車の駐車場1台分のスペースを占拠。今回は雨が降りそうにないけれど、屋根が無いので雨の時は面倒。

本日の走行距離345.7km。
累積走行距離 759.9km。











お小遣い帳
昼食代210円
夕食代1,580円
おやつ代120円
ガソリン代1,612円
宿泊代4,200円
おみやげ代3,500円
合計11,222円
累計16,664円

0

2013/6/4

能登ツーリング1日目  バイク・自転車
6時45分頃自宅を出発。天気予報通りの快晴。

国道362号線を南下しふれあい公園で右折して県道286号線を西へ。雲名の赤い橋を渡り右折して国道152号線を北上。大井橋へと左折して国道473号線を佐久間経由東栄方面へ。国道151号線を横切り、ひたすら473号線を進んで大田口で国道257号線へと右折。そのまま進んで、あぐりステーションなぐらで休憩。

再び国道257号線を進み、恵那で右折し国道19号線を少し進んで左折して、再び国道257号線。道の駅花街道付智で休憩しようと止まってみた。

が、火曜日休みのようで、トイレまで使えなくてあえなく退散。

再び257号線を北上し、万賀で左折して国道256号線へ。そのまま直進して国道41号線に抜けるつもりだったが、通行止めの標識があり、県道62号線で白川口へ抜ける途中で地図を確認しつつ記念撮影。

国道41号線へと右折して少し進んだ所にヤマザキデイリーストアを見つけたのでおにぎりとお稲荷さん(計210円)を買い、店の裏手の金網ファンス脇に座って昼食タイム。ミネラルウォーターのペットボトルは自宅から持参。
食べ終わったところで記念写真。

名古屋からまっすぐくれば78kmと、意外と近いのにビックリ。
金山で左折して再び国道256号線を進む。

途中でガソリンが心配になってきたので給油。284.8km走って9.71l入ったので29.33km/lと良い感じ。おじさんが入れてくれたけど、私がいつも入れるより多めだったので、次の燃費はどうなることやら。

郡上八幡の街中で道を間違えながらも、国道156号線に出て北上。
国道からちょっと外れて道の駅古今伝授の里山とで休憩。ここも火曜日休みのようだったが、トイレは使えて助かった。

その先は156号線をひたすら北上。途中でやまびこロードの標識を見つけたので地図で確認してみたら、北側の入口だったので、今回はパス。そこからちょっと走って御母衣湖脇の駐車場で休憩。

白川郷と五箇山を通り抜け、平で左折して県道304号線を進み、金沢森本インター付近から道なりに国道359号線となり、森本交差点で左折して南下し、本日の宿泊地ホテルエコノ東金沢に着いたのは16時10分頃。ホテルの裏手の屋根のある所にバイクを置かせてもらえてひと安心。
部屋も結構広くて良い感じ。

しばらく休んでから夕食を調達にぶらぶら出かけた。金沢駅前近くまで行ったものの、めぼしい店が見つからず、結局サークルKで鳥の唐揚げ弁当(398円)を買ってお持ち帰り。

本日の走行距離414.2km。







お小遣い帳
昼食代210円
夕食代398円
ガソリン代1,534円
宿泊代3,300円
合計5,442円

0

2013/6/3

初ユーザー車検  バイク・自転車
2013年6月3日に、私のバイクSV400S (2001年型 K1) のユーザー車検を浜松自動車検査登録事務所で受けてきた。
結果、見事一発合格! 光軸検査で落ちたら予備検査場に行こうと思っていたけど、それも無しで済んだ。

私がやったユーザー車検の手順を、下にまとめてみます。

1. 車検予約する
まずは、車検予約システムにアカウントを作り、車検日を予約する。(確か15日前から予約できたと思った)

予約するとこんな感じのメールが届く:
■予約内容
予約番号:522N-130603-1001

検査場名:浜松自動車検査登録事務所
検査日: 2013/6/3
ラウンド:1-1
受付時間:8:45〜10:15
検査時間:9:00〜10:15
検査種別:継続検査

登録番号または車両番号:浜松 * ****
原動機型式:****
車台番号:****

予約番号は当日必要なので、控えておく。(私はこのメールをプリントアウトして行きました)

2. 必要な書類などを揃える
・車検証(正確には自動車検査証)
・自賠責保険証(新しい物と古い物との両方)ー私は予め更新しておいた
・軽自動車税納税通知書兼領収書(もちろん支払済の印のある物)
定期点検整備記録簿(リンク先の物を使わせて頂きました)
それ以外は当日車検場で購入/記入するので、用意するのはここまで。

3. 点検する
バイクを点検して、上記定期点検整備記録簿に記入する。
私の場合はこんな感じ:(個人情報隠しに、車検当日の領収書を使いました)

ポイントは:
・サービスマニュアルの「点検整備方式」を参照して、非該当の項目に斜線を入れる
(SV400/SV400Sはこれと同じで良いはず)
・エンジンオイルを交換したので×印
・クラッチの遊びを調整したのでA印
・チェーンを張ったのでA印
・空気圧を調整したのでA印
・それ以外の項目にチェック印
タイヤ溝の深さとブレーキパッドの残量はノギスなどで測って記入(私はこのために今回購入しました)
それから比較的最近エアクリーナエレメントを交換したので、それも記入

当日検査員がこれをじっくり見たりしなかったけれど、私の友人が点検時の総走行距離を書き間違えたのを指摘されたと聞いたので、油断しない方が良いと思います。

4. 車検当日
2で揃えた書類認め印現金を持って、予約した時間内に車検場へ。予約番号の控えも忘れずに。

事務所のすぐわきに二輪車用駐車場があるので、バイクをそこに止めて3番窓口に行き、自動二輪のユーザー車検であることを伝えると、自動車検査票、自動車重量税納付書と一緒にこんな手順書をくれた:

軽く説明してくれるので、窓際の記入机で自動車検査票、自動車重量税納付書に必要事項を書き込む。机の上には記入例があるのでそれを参考に。
(走行距離の記入欄があり、バイクのオドメータを見に戻った時のメモ書きが上の手順書の欄外にあり)

記入し終わったら事務所を通り抜けた別棟にある11番窓口で継続検査申請書(OCRシート 25円)を購入。
後ろの机で例を見ながら記入し、今度は13番窓口で検査・登録印紙(400円)と自動車審査証紙(1,300円)、自動車重量税印紙(3,800円)を購入。それぞれを該当する書類に貼付ける。(机の上に水で濡らしたスポンジあり)

全部書き終わったら最初の3番窓口に戻り、持参した書類と全て合わせて提出し、チェックしてもらう。問題が無ければ、車検のチェックに進むのだが、初めてだと告げたら手順を示したビデオがあるので、それを見て下さいと言われ、窓口左横のスペースで3分ぐらい見る。

見終わったら構内の説明図を見せられ、5番ラインの前で待つようにと言われたので、バイクに戻りリュックに書類一式を挟んだバインダーを入れ、ヘルメットはフックに付けたままノーヘル/ノーグローブで5番ラインの前へ。

5番ラインの右隣に自動二輪専用の小さな建物があり、前の人がやっていたのでちょっと様子見。

私の順番になって検査員に書類を渡すと、その場でエンジンをかけるように言われ、上向きヘッドライト、ホーン、ウインカー、前後ブレーキなど言われるがままに操作した後は、検査員が小さなハンマーで各ボルトをたたいてチェック。

その後は検査小屋に入り、排気ガスチェック。見せてもらったビデオにはこの手順が無かったけれど、マフラーにチェック用プローブを一番奥まで入れてちょっと待ってたら合格になったのでひと安心。検査票を打刻機に入れて次に進む。

前輪をローラーに載せてスピードメーターチェック。メーターが40kmになったらフットスイッチを離して無事合格。そのまま前輪ブレーキもチェックして合格。
今度は後輪をローラーに載せて後輪ブレーキのチェックで、これもOK。

さらに少し前進すると前後輪を横から挟まれてヘッドライトの光軸チェック。下向きのライトを隠しておかなければいけなかったのだがやってなくて、検査員にヘルプを頼むと片手で隠してくれた。そのままチェックが進み、これも問題無し。
検査票を打刻機に入れて全部終了。

右へUターンしながら出て行く作りになっているが、小回りが利かないので切り返しながら進み、最初の事務所脇に戻る。

4番窓口に書類一式を出すと、合格印をもらっていないことを指摘される。そういえば説明されたとき、最後にライン脇のボックスでもらって来るように言われたのをすっかり忘れていた。歩いてボックスまで行き、書類を出して合格印をもらい、事務所に引き返す。再度窓口に提出して少し待つと、新しい車検証とシールがもらえて、これで全て完了。

車検場に着いたのが9時頃で終わったのが10時と、ちょうど1時間ですんだ。

5. 車検費用
継続検査申請書  25円
検査・登録印紙  400円
自動車審査証紙  1,300円
自動車重量税印紙 3,800円
  合計     5,525円
別途自賠責保険料13,640円が必要だったが、それと合わせても19,165円と2万円を切っているのはとても嬉しい。
0

2013/6/2

オイル交換  バイク・自転車
オドメーターが12,000kmを越え、前回のオイル交換から3,000km以上になったので、オイル交換をすることにした。

横浜から帰ってきてバイク置き場にしまったあと、エンジンが冷えないうちにオイル交換の準備。

今回のオイルは5月8日にWebikeで買っておいたCastrol POWER1 4T 10W-40 1L缶を3本。KITACO アルミドレン/シーリングワッシャー 12x20x1.5とエーモン ポイパック 1603は前回と同じ。全部で3,905円。今まで入れていたMOTUL 5100 4T 10W-40を3本だと6,000円オーバーだけれど、今回は車検を控えているのでちょっと節約。

バイクの下にオイル受けトレーを置き14mmのメガネレンチでドレンボルトを外す。オイル給油口の蓋も外して、少しでも出やすくしておく。3000km走ったオイルの色は結構黒っぽい。

オイルが出きってしまうのを待ちながら、Castrolの缶を開けてオイルジョッキに入れておく。入れすぎると収拾がつかなくなるので、指定の2300mlよりきもち少なめにしておく。

バイクに跨がり前後左右に揺すっても出てこなくなったら、ドレンボルトを奇麗にし、新しいシーリングワッシャーに交換してドレンにねじ込む。

オイルジョッキから新しいオイルをオイル給油口に流し込んでしばらくしてから、オイル点検窓を見ると、Fの少し下なのでちょうど良い感じ。

3月に買ったJトリップ 赤ショートローラースタンドでバイクを直立させられるので、チェックがとても楽になった。

あとはトレーの中の廃油をポイパックに吸わせて作業完了。

オイル交換時のオドメータは12,096km。
0

2013/6/2

横浜往復  バイク・自転車
昨日(6/1)大学時代のサークルのOB&OG会が横浜であったので、バイクで往復。

行きは次男と湘南テラスモールで昼食を食べたりしたので、道が混んで嫌になったが、それほど遅くならずに元住吉のホテルに到着。走行距離はちょうど280km。

帰りは、朝6時35分頃ホテルを出たら、さすがに道はガラガラで快調に走ることができた。沼津までは国道246号線。途中の道の駅ふじおやまでトイレ休憩して記念写真。天気予報以上にいい天気。
クリックすると元のサイズで表示します

由比港漁協の浜のかきあげやでかき揚げを買ったり、途中のコンビニでお昼ご飯のおにぎりを食べたりしながらも、自宅に帰り着いたのは12時35分くらい。

本日の走行距離252.6km。
0

2013/5/10

能登ツーリング計画ー確定  バイク・自転車
6月4日の火曜日早朝に出発予定。
自宅から石川県金沢市までの362km。
宿はホテルエコノ東金沢。1泊朝食つき3,600円からクーポン利用で300円引き。


2日目は金沢市から七尾市までの243km。
Google Mapでは細い道が出てこなかったけど、実際は禄剛(ろっこう)崎を回り込むと思うのでもう少し距離が伸びるはず。
宿はホテルアルファーワン能登和倉。1泊朝食つき4,200円。


3日目は七尾市から長野県千曲市上山田温泉までの287km。
宿はホテルルートインコート上山田。1泊朝食つき4,900円。


3日目は上山田温泉から自宅までの402km。
国道299号線を回り込むルートにしているが、疲れていたらまっすぐ帰ってくるかも。


もっと安い所に泊まろうかとも思っていたが、疲れた時はゆっくり風呂に入りたいという気持ちが強くなって、結局3泊ともホテルを予約してしまった。

直前の6月1日に横浜で大学時代のサークルのOB会が有るので、晴れていればそれにもバイクで行くつもり。さらに6月3日の月曜日はバイクのユーザー車検に初挑戦する。

あとは、雨が降らないことを祈るのみ。
0

2013/5/4

メンチカツを買いに御前崎まで  バイク・自転車
雨戸を開けて空を見ると今日も快晴。今日は車の手入れをしようと決めていたので、午前中はそれに掛かりっきり。昼ご飯にスパゲッティを作っているとラジオからは『絶好のお出かけ日和です』と悪魔のささやき。これはもうバイクに乗らずにいられません。

昨日360km以上乗ったけれど山方面で寒かったので今日は海方面へ。結構暖かかったので下はGパンだけ、上もTシャツ+長袖+フリース+メッシュジャケットと昨日よりは軽装備で12時40分頃出発。

国道362号線を南下して若身橋を左折し県道58号線で快適な峠越え。そのままずっと58号線を走り東名の北側に沿ってちょっと西進し県道61号線を南下して、東海道線と新幹線をくぐってすぐの信号で左折して県道41号線へと右折し、道なりに進む。そのまま県道69号線になり、さらに東進すると県道372号線。そのままいけば目的のお肉屋さんに着いたのに、勘違いして右折してしまい、メガマートが見えて間違いに気付き左折してうろうろ進んだらまた県道372号線に戻った。

そのまま進んだら国道150号線に合流してしまい、左折しかできなかったので仕方なく進む。すぐに150号線のバイパスへと左折し、最初のインターで下りて左折し、県道239号線を西へ。さすがに不安になり、道端にバイクを止めてツーリングマップルでチェックした所、まっすぐいけば目的地に着くことが分かってひと安心。

無事に山下精肉店に到着。隣の駐車場のフェンス前にバイクを止め、リュックの中から財布を取り出しお店へ。ちなみに駐車場の向かい側は交番なので、バイクを止めておいても安心。

お店の中はお客さんが4-5人いて混雑。目的のメンチカツ2つだけだと肉ばっかりなのでコロッケ1つをポテトサラダ代わりに購入。どれも1個80円と良心的なお値段。カウンターのおばさんが今時珍しい紙袋に入れてくれる。手に取るとまだホカホカでおいしそう。バイクに戻りリュックからレジ袋を出し、紙袋ごと収納して帰路へ。

すぐ近くの信号を右折して県道37号線を北へ。道なりに進んで裏道へと入り、東海道線をくぐって左折して再び37号線。ガソリンがだいぶ減ってきたので、スタンドがありそうな国道1号線を目指し、西方の信号を右折して北上。掛川バイパス八坂インターのすぐ近くの交差点で右折して国道1号線に出たら、間違えて反対向きだったことがわかったが、信号が青になってしまったので反転できる所を探しながらまっすぐ進む。

すると道の駅掛川入口の標識があったので、右折して休憩することにした。トイレを借りたあと売店を一回りしてみたが、特に欲しい物はなかった。それにしてもすごい人数でごった返しているのはゴールデンウィーク真っ最中だからなのか?

道の駅を出て来た道を戻り、やっと国道1号線を袋井方面へ。最近はバイパスばかり走っているので久しぶりの1号線。以前に比べて極端に交通量が減っているようだし、舗装をし直したばかりで奇麗なので、急いでない時はこちらの方が快適かも。(特にバイパスのトンネル内で排気ガス臭さに苦しむよりはずっと良い)

ずっと1号線を進んでみてもそれなりに安いセルフのスタンドが見つからず、車と同じペースでだらだら進む。道なりに県道413号線になって、行きも通った川井の交差点を右折してすぐのスタンドで給油。289.4km走って9.31l入ったので31.08km/lと初めての30km/l越えの新記録! 昨日給油してからはおとなしく走っていたし、今日も車と同じペースで走った距離が多いので、そういう走りだと燃費が良いのだろうか?

そのまま北上して行ったら広域農道になったのでまっすぐ進んで森町へ。城下北の信号を左折して県道58号線で峠を越え、国道362号線を北上して自宅帰着は16時40分頃。

本日の走行距離157.2km。
0

2013/5/3

しらびそ高原ツアー  バイク・自転車
あまりにも天気が良くて、朝からそわそわ。明後日の日曜の方が気温が高い予報だったので、その日にバイクに乗ろうと思っていたのだけれど、やっぱり我慢できずに乗ることにした。

寒さに備えてヒートテックもどきのタイツをGパンの下に、上は長袖のヒートテックもどきの上に長袖+フリース+メッシュジャケット。そして自宅出発は9時50分頃。ここでメッシュジャケットを選んだのがあとで裏目に出ることに...

最初は行き先を決めていなかったけれど、とりあえず北上しようと国道362号線を少し川根方面に進み、県道389号線に左折してトンネルを抜けて山住峠へ。水窪に向けて下って行き、もう少しで街中という時に前方に250ccのオフ車発見。おとなしく追走していたのに、ご丁寧に左ウインカーを出して先に行かせてくれた。そのあと国道152号線へと右折したあともすぐ後ろについて走ってきているので「それなら抜かせなくったて良いじゃん」と思ってしまう。

なにはともあれ兵越峠を越えて下って行くうちにトイレに行きたくなり、いつも使わせてもらっている公衆トイレで用を足したあと記念撮影したのが11時25分。


そのまま北上し蛇洞林道を進む。三叉路を右折してしらびそ高原までも結構な距離。登るに連れてどんどん寒くなるし、路肩には結構な量の残雪。道は奇麗に乾いているので問題ないのだけれど、メッシュジャケットを選んだことを後悔。ハイランドしらびその駐車場の隅で、残雪の残る南アルプスをバックに記念撮影。(12時14分)

写真を撮ったあと、ハイランドしらびその施設内のお土産売り場や展示物を見たりしたあと食堂に行ってみたが、どれも観光地価格のようだったのでパス。体を温めようと展望台になっている小山に昇ってみたが、寒さは収まらず。

下ってから昼食にしようと出発。下り坂は上りと違って飛ばさずに高いギアに放り込んだままトコトコ進む。大鹿村を通りながら、ここの川はいつ来てもとっても奇麗なことに改めて感動。分杭峠を通りながら、峠の駐車場が少ない(というかバスの反転地として車止めが作ってある)ことを理由にバス送迎などでビジネスをしているのを見て何だかなぁと思う。

美和湖沿いに出て南アルプスむら長谷の道の駅で休憩。トイレに寄ったあとぶらぶら回るが、食堂は高そうなのでパスしお土産物売り場にもめぼしい物なし。隅の方に人が多くいると思ったらツーリングマップルにも乗っていたミニクロワッサンを売っているパン屋さんだった。肝心のミニクロワッサンは予約ですでに一杯のようなので、アルプスリンゴパンと粒あんパンを買って外のテーブルで昼食。レシートを見ると14時1分。持参した水筒の氷入りの水を飲むが、寒さ倍増!

何だか曇ってきているようだったので、バイクのリアシートの下に常備してある25年以上前に買った当時高級品だったカッパの上着をメッシュジャケットの下に着て走り出す。やっと風で体温を奪われなくなりひと安心。

高遠で左折し、ツーリングマップルに「国道より走りやすい 伊那〜高遠の抜け道に使える」と書いてある道を通って国道153号線へと左折。このペースだと帰るのが結構遅くなりそうなので、気持ち飛ばしながら南下。

前回ガソリンを入れてから300km近くなったので、駒ヶ根で給油。297.1km走って10.71l入ったので27.74km/l。レシートを見ると14時55分。その先の飯田からは国道151号線でひたすら南下。

信州新野千石平の道の駅で休憩しトイレを借りたあと売店を一回りしたあと自販機で温かいカフェオレを買って両手を暖めたあと体内も暖める。飲み終わって自販機のそばに戻ってみても缶を捨てるゴミ箱が無い。車で来る人にはまぁ良いけど、バイクで来る人にはいじめに近いよなぁと思いながら、リュックの左右に付いているドリンクホルダーに空き缶を押し込んで出発。

東栄に着くちょっと手前で、路肩に250cc位のスクーターを止めて呆然としている人を発見。何だかリアタイヤがパンクしているように見えたけど、私はパンク修理系のツールを持っていないのでパス。まぁ携帯があれば何とでもなるでしょう。

東栄の街中を過ぎて県道9号線へと左折。最近は横山に抜けてしまうことが多かったので、くんま水車の里から天竜側は久しぶりだったが、結構気持ち良く走れることを再発見。両島交差点を直進して塩見渡橋で天竜川を越え二俣へ。二光橋のT字路を左折して国道152号線へ。山東の遠鉄ストアに寄って晩ご飯のおかずを調達。レシートを見ると18時35分。

暗くなってからバイクに乗ることは久しぶり。ヘッドライトめがけて突進して来る虫たちに閉口しながら国道362号線を北上し自宅に戻る。自宅帰着は19時5分くらい。明日になったら洗車して奇麗にしなくては...

部屋に入ってメッシュジャケットの下のカッパを脱いでみたら、青いフケのような物が大量にパラパラと...
カッパ内面のコーティングが硬化してはがれ落ちたのだが、夕食の前に掃除機をかけるという一仕事増えてしまい、さらにお腹がすいてしまった。

本日の走行距離361.9km。
0

2013/4/29

県道399号線経由で一回り  バイク・自転車
ゴールデンウィーク前半に息子たちが帰って来て、長男のXT250Xにチェーンオイルを注したりしていたとき、SV400Sのクラッチが重いのを指摘され、XTと比較すると格段に重く、さらに一度もクラッチワイヤーに注油していなかったことに気がついて、ワイヤーオイルを買いに浜松の街中までひとっ走り。

Webでどんなオイルがあるかをざっと調べてから、ヒートテック(もどき)のタイツや長袖シャツを着てさらに長袖、フリースを着た上にメッシュジャケットとちょっとへんてこな組み合わせで家を出たのは9時20分くらい。

国道362号線を南下し県道58号線へと左折して峠を越え、城下北の信号で右折し広域農道へ。この道はカーブの加減と見通しは最高で、走り屋さんのバイクが多い道。あとは、結構でこぼこが多い路面状況が改善されれば文句は無いのだけれど...

この道沿いにDaytonaの本社があって、今日買おうと思っているのはデイトナガレージブランドのワイヤーオイルだったりする。

新東名の森町パーキング付近を抜け、袋井みつかわ病院を過ぎ、橋を越えてすぐ右折&左折して県道61号線へ。道なりに進んで県道277号線を西進し、また道なりに県道374号線に変わってかささぎ大橋で天竜川を越え、県道45号線(笠井街道)で宮竹交差点にあるいつものガソリンスタンドで給油。トリップメータが322.6kmで11.77l入ったので27.41km/lとまずまずだが、30km/lの壁は厚い。

ちょっと回り込んで近くにあるNAPS浜松でワイヤーオイルを探すも見つからなかったので、宮竹交差点そばのバイクワールドに行ってやっとゲット。1260円なり。レシートの時刻は11時32分。

どこに行こうというあても無かったので、国道152号線を東進し国道1号線で天竜川を越え、すぐ左折して堤防左岸の県道343号線を北上。以前かわせみ湖に行ったとき、その先が通行止めで引き返したことを思い出し、そこに行くことに決定し、県道61号線→40号線で森町へと進む。

南町のローソンでトイレを借りたあとおにぎりを2つ買って、持参した水筒の水を飲みながら駐車場の隅に座って昼食タイム。レシートの時刻を見ると12時4分。

太田川の右岸沿いに北上して元開橋を右折して県道399号線を北へ。アクティ森には沢山人が来ていて、気持ち良さそうにサイクリングをしている人たちを横目に見ながらかわせみ湖へと進む。結構急な登り坂になるが、道幅も広くて快適。

かわせみ湖を過ぎたあたりから道幅が急に狭くなり、本当にこのまま進んでいいのか迷ってしまうくらいになるが、それで正解。途中の川をバックに記念写真。


クネクネ進むとT字路になり、右折して県道63号線を家山方面へ。この道を通る時はいつもまっすぐ大井川を越えてしまうのだが、今回は直前で左折して国道473号線を北へ。

またT字路になったら左折して国道362号線を進んで自宅へ向かう。途中道沿いに茶畑崩落の現場があって、報道関係者に加えて一般の人が車を止めて携帯などで写真を撮っているのにちょっと違和感。私は止まらずにそのまま進み、自宅に着いたのは14時30分くらい。

しばらく休んだあと、バイク置き場でクラッチワイヤーと格闘し、無事ワイヤーオイルをさすことに成功。気持ち軽くなったような気はするが、効果のほどはどうなんだろう? ついでに結構遊びが多くなっていたチェーンを張って、作業終了。

本日の走行距離156.6km。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ