2011/4/17

新天地  山スキー

普段だと職業柄、雪がある限りは繁忙期が続く私達。

クリックすると元のサイズで表示します
肉体労働の合間には、いつもの通い慣れた内陸エリアに出掛けるのが精一杯でしたが、今回は思い切って、日本海側まで出てみました

クリックすると元のサイズで表示します
これがまた、スキーに限らずとも素晴らしい世界!

クリックすると元のサイズで表示します
見慣れた八ヶ岳や北アルプス、南アルプスなどの雪山とは、また別格の、日本海側から聳え立つ頸城山群でした

クリックすると元のサイズで表示します
火打山と、日によっては長い噴煙を棚引かせるトロイデ型火山の焼山

クリックすると元のサイズで表示します
気温は低く、雪は硬めのザラメで快適

クリックすると元のサイズで表示します
日本海から望む山々は、どれも登山口からその頂までが、標高差1000mを越える

これはぜひ、雪山を登る人達全てに見せてあげられたら!
と思わずには居られない、壮大な眺めでした。

人生は短い。
その人生の中にあって、まだ知らない世界があることを、この海から一気に立ち上がる頸城の山並みから、教えて貰うことが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに空沢山への渡床点はご覧の通り、ギリギリ渡れた程度なので、これ以降お出でになる方は、河床まで降りることになると思われます(注:積雪は高く要ピッケル)





タグ: 雪山 新潟 笹倉温泉



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ