2011/7/20

ふぁざーな  クロアチア

まだ1995年の戦闘終結から16年しか経っていないクロアチアでは、高速道路の整備が、急ピッチで進められています。

クリックすると元のサイズで表示します
まだピカピカの高速料金所


昨年はまだ対面通行で無料だった区間も、今年は片側2車線が完成しており、料金所が設けられていました。
(まだ長い橋のある場所に限っては、突如として対面通行になるけれど)

そうは言っても、国境からイストラを縦断して半島南端のプラまで行っても、せいぜい5ユーロくらい。

イタリアの横断がアオスタ〜ミラノ〜トリエステまでで計47,5ユーロすることからすれば格安です。

ちなみにスロベニアの高速は、一回きりの通過でも一ヶ月単位で取られるので、ちょっと乗っても割高の14ユーロ。

イタリアのトリエステで高速の支線へ入り、そのまま都市をバイパスする道路で通過すれば、スロベニアの高速はパス出来ます。







タグ:  東欧 クロアチア



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ