2013/1/14

里ラッセル  八ヶ岳情報

阿弥陀岳の北稜へ、暗い中を早立ちするも、爆弾低気圧の移動は予想より遅く、残念ながら突風と嵐の中を今シーズン初の敗退。

アイスクライミングの他にも、前日の確保講習を活かせないかと、斜面でのボディービレイでの相手の止め方などを、実践で講習しました。

止めるだけ止めて、登るだけ登って、鉱泉より下でも臑まで潜るフカフカの雪を歩いて下山。


私は先行して、埋まっているプラドとジムニーを発掘する。
40センチ弱の積雪でした。

今回の入山時、里の路面は、全くのドライコンディションで皆油断したのですが、美濃戸口に置いてあったお客様の車も、やはり埋没。

みんなで除雪し、二人と別れ小淵沢に戻るも・・あれ?あれれ?

雪は減るばかりか、赤岳山荘の駐車場よりも、むしろこちらの方が深くなっている?

駅で更にもう一人を降ろし、町営の駐車場に到着したてみたら、みな唖然。


無料駐車場なだけに、除雪は自力。

なのに、よりによって100m以上も離れた最奥に駐車してしまっていたから、車は雪原の遙か彼方に、完全埋没してました。

クリックすると元のサイズで表示します
掘り起こしているうちに、周囲は暗くなってきたくらいで、夜明け前からの長〜い1日になる

山よりも遙かに、里で、ラッセルした日でした。


皆様、雪掻き&ご帰宅、お疲れさまでした。






タグ: 八ヶ岳 登山 登山道



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ