2015/3/20

ブロック雪崩  山スキー

お手伝いにて、今日も八方通いです。


クリックすると元のサイズで表示します
雨の翌日で雪質は不安なれど、ロケーションはサイコー♪

の、栂池自然園


クリックすると元のサイズで表示します
先週の大雪後、土曜日に八方からも目視できた、雪崩跡の一つ


破断面や走路が、実に明確に表れています。


主だった斜面の不安定な雪は落ち、船越の頭下部の、雨樋を敷き詰めたような斜面さえ除けば、金山沢は総じて快適・・・


かと思いきや、白馬尻の林道に出る谷の出口、狭まったその谷の頭上には、数メートルにも及ぶ巨大な雪のブロックが、まだ張り付くように残っているではありませんか?

この時期のブロックは圧縮されて、もはや何tものコンクリートの塊と同じ。


ギョッとするも、まだ山が初めてのお客様に、いくら「ここは危険だから止まらないで!」と説いたところで、板がコントロール出来るものでもなく・・・


今にも崩壊しそうな巨大ブロックを頭上に見つつ、冷や汗をかきながら何とか誘導。

林道へ出て他のメンバーと合流でき、ホッとしたところで、後方の霧の中から「ドドーッンッ」という轟音が響いてきた。


これぞ「身も縮む思い」?


いやぁ〜山って・・・きけんですね。。。











トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ