2015/4/4

おたがい・・それドコロでは  山スキー

よく雨の降る春です。

先週も今週も、日曜が雨。

それでも午前中は小康状態で気温が低く、西穂山頂が狙えた3月最終の週末とは違って、この日曜日は気温も高く完璧な雨。

しかも降水量は多いときているので、期待は0。


そこで早発ち出来て、経験の浅いチームは阿弥陀岳北稜へ。

早発ちこそ出来ないけれど、クライミングの出来る足の速いチームは中山尾根へ。

各々日帰りという変更を、余儀なくされました。


が、予想以上に気温が高い。

前菜は、小屋までの一般道から既に、ズブズブ沈む足。



メインディッシュの中山尾根に至っては、雨も降っていないのに、壁のあちこちが雪解けで沢と化している。

濡れた火山性の岩は、水分を含むと異常なほどの脆さを見せ、ロープは泥まみれ。


アイゼンの前爪を掛ければ岩が剥がれ、手がかりを掴めばハズレル。


自分でも登るお客様なので、こういった経験もありということで登りましたが、クライミングスキルが無ければ、迷わず降りる条件です。

非常に緊張感とデリケートさを伴った登攀を、日ノ岳山頂までしっかり終えれば・・・


サイドディッシュの稜線は、またもやズブズブの雪。

そして田んぼのようなヌカルミが交互に出てくる。

トレースを外さないように気を使っているのに、そっと体重を乗せた途端ズッポリと深みにはまる、忌々しい湿り雪。


しかもトドメのデザートは、ヘッドランプに照らされて艶やかに輝く、テッカテカの林道だったりして。

気を使い過ぎて・・・

味のヨク解らなかった、フルコースディナー的な?



その後のブログ更新中、

「北稜って画像ある?」

「イヤそれどころじゃ」

「だよね」


という会話の交わされる、ある意味、神経の磨り減った一日でした。








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ