2015/4/9

山は誰のもの?  山スキー

馴染の山に行こうとしたら、登山口には去年までは無かった、見慣れない看板がある。

立ち入り禁止?って。

行政からの看板ならわかるが、持ち主でも管理主でもない会社が?

私たちは、廃墟と化したスキー場に侵入したいのではない。

そこを滑りたいのでもない。

あくまでも、その向こうに山頂があるのだから、そこへ行くにはどうしたら良いのだろうか?


でも一応無視するのもナンだし、サイトで調べた立ち入り禁止区域は外すことにした。

山頂に行くのも断念する。


私たちのこの日の目標は、あくまで二つの山を繋いだ周遊コースだったし、充分に楽しむことは出来るはずだから。


クリックすると元のサイズで表示します
稜線まで詰めて


二つの山の間に深く刻まれた谷の源流部に滑り込み、再び登り返して雪庇がブロックになった山の頂を仰ぐ。


クリックすると元のサイズで表示します
「あの下って、アブナイんだよ?解るかい?」


本日の滑降も、標高差計1300m也!(もちろん登行も)


里に下りたら集落を抜けて、板を履いたり歩いたりしながら、登山口まで戻りました。

相変わらず素晴らしい機動力が魅力の、これぞスキーツアー!



でも純粋に、立ち入り禁止のむこうの山頂を目指す人だって、きっと居ますよね。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ