2015/4/12

八ヶ岳東面の静寂とリスク  八ヶ岳情報

午前3時起床、小淵沢4時出発。

4時半くらいに登山口へ着くと、ヘッデンの灯を頼りに、板の準備をしている単独登山者が居ます。

5時、私たちも出発し、すぐに板を背負った人を追い抜く。


クリックすると元のサイズで表示します
暁の陽を受けて染まる赤岳を正面に観ながら、林道を行く

前日の雨は上がり、心配していた雪の緩みも、放射冷却でよく締まっている。


クリックすると元のサイズで表示します
コンディションが良いお蔭で、大門沢のアプローチも、効率よく高度を稼げます


クリックすると元のサイズで表示します
サンメドウズのスキー場は、遥か眼下になりました


両側の側壁には、あちこちに前日までの雨の爪あとである、点発生湿雪雪崩が落ちていますが、降水量は多くなかったらしく、その規模は比較的小さなものです。

例年は大規模なブロック雪崩によって、一面覆われることも珍しくない大門沢ですが、今年は遥かに楽が出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
ここからはスピードダウン・・赤岳東稜のナイフリッジを行く


這松を巻くトラヴァースの度に、南斜面に乗った表層10cm余りの新雪が崩れ、古く氷化した層が顔を出すため、フラットフィッテングでは、しばしばその腐った表層に足を取られる。

ランナーはまめに取り、かつ前爪を蹴り込むトラヴァースの指示を頻繁に出しながら、慎重に進むことになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
上部岩壁の核心部左右の谷筋の雪は、右が何とか繋がっているようです


クリックすると元のサイズで表示します
雪壁から狭い谷筋へ、ずれる雪とその中の氷によって、お客様が足を取られないように、ステップは念入りに刻んでいく


・・・雪はやや少なく、地熱で中が空洞になっている個所も多い。

草付きにダブルアックスを決め、前爪を蹴り込む。

小さな灌木をまとめて束ね、頼りないランナーを取っていく。



ラストは、やや育ったようなハイ松を無理やり漕いで行くと、そこは竜頭峰。

賑わう赤岳山頂や一般登山道も、間近に見て取れる。


昼も近いので一旦休憩してから、まだよく踏まれた一般道までは、慎重に進まなければならない。

ところが、その稜線上には、どう見てもクライマーには見えないサブザック姿の男性が、キョロキョロと東壁側の崖下を伺っています。


どうも様子がおかしく、足もとも心もとない。

「そこは縦走路ですけれど、何処へ行くんですか?」

と、訊けば、


「真教寺をどうも間違って登ってしまって、竜頭峰に出たんですよ。それで下山路を探しているんですけどね」

「あの?それって間違いではなく、竜頭峰に出るのが正しいんです」

そう言い聞かせても、「そんなはずはないんだけどな」


・・・地図見ろよ。

とは思ったけれど、夏道でも鎖場の続く県境尾根や真教寺尾根の下りは、雪壁の下降。

しかも時間的にも、その雪はかなり悪くなっている。

増して下山路の方角や分岐点さえ解らない登山者の下山は、危ういものになるだろう。

一歩の失敗が、取り返しの付かないミスになりかねない。

赤岳東面には、この日後方にもう一人の登山者が居るのみで、他には誰も居ないのだし、そこを単独で下山することがどういうことなのかを、とても分かっているようには思えない。


が、私たちには山で出会った登山者に注意喚起する義務はあっても、行動を制限までする権限はない。

「とにかく降りたければ、竜頭峰まで戻らなくてはいけませんよ」


後方に居たクノもやはり、

「雪が腐って下は氷化しているので危ないし、真教寺の下降は結構悪いですよ。やめた方がいい」

と各々で言い残し、私たちは車を回送してある西側へと下った。


お客様もその様子を心配されてはいたが、夕刻に駅で解散したのち、車を回収に登山口へ戻ると・・・

まだ一台、中では前夜泊もしたような登山者の車がある。


「嫌な予感がする」

と、すかさず車内を覗き込んだクノだが、積んであった山用の板を見てひとまず安心したようだ。

が、スキーの人と真教寺の人、どちらにせよ、とうに下山していないとおかしな時刻ではある。


KTを川で遊ばせつつ、私はしばらく待ってみたが、16時半を過ぎても、登山者は現れなかった。



それから二日後の、火曜日の朝。

登山者の仲間から直接、目撃情報を求める電話が入る。



行方不明とのこと。

・・・あの真教寺尾根の登山者だった。



捜索は始まっていますが、既に冷たい雨の振り続くこと三日目。

山はまた、新たな雪に覆われています。








タグ: 八ヶ岳 登山 登山道



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ