2015/5/20

ラストラン  山スキー

いよいよ雪が無くなってきました。

今年は県内である富士山の雪も、速攻で融けてしまいましたから、滑りにはいきませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
それでもまだ、尾根に無くとも谷筋には、豊富な残雪があります


林道では板を担ぐこと30分。

アプローチの灌木はうるさいけれど、上部の雪渓は、まだまだ滑ることができました。


ただし、雪上に散らばる落石には要注意!

大事な板を、大きく傷つけてしまわぬように、細心の注意が必要です。


自分の仕事に、スキーガイド見習いに、プライベートの山滑り。

この冬も随分、野山を駆け回りました。


雪の世界から、一気に新緑萌える里へ!

寒々しい氷河上よりも遥かに、日本の山とその四季の方が、私には愛しく、また、訪ねずには居られない場所なのです。








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ