2016/3/14

今シーズンのお気に入り  八ヶ岳情報

久しぶりの投稿です。
今シーズン、よく行くルートは赤岳西壁ショルダー左リッジ。
幾つかある西壁のルートの中だけでなく八ヶ岳全体で見ても、アプローチからルートの登攀まで無駄なくスムーズに繋がる充実感の高いルートです。
今年のシーズンも終わりに近づいていますが、来シーズンも何度か行くことになりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
幾つかラインがありますが、今回は雪が少なかったので岩が多いルートです。

クリックすると元のサイズで表示します
西壁だけあって、べったり雪が付くのも稀かもしれませんが、多すぎても別ラインから行けば雪とエビの尻尾と格闘できるに違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します
滅多に他のパーティには遇いませんが、今回はガイド研修パーティがいました。


クリックすると元のサイズで表示します
顕著な尾根を進むので、高度感は抜群です。


クリックすると元のサイズで表示します
雪稜、岩稜、岩壁など、変化があります。


クリックすると元のサイズで表示します
下の樹林帯に見える白い筋の合流点が行者小屋。
そこから一般道を外れ、沢を進みますが、アプローチから取り付き、更に主稜線まで、ほとんど無駄がないラインです。

大量の降雪直後では雪崩の危険がありますが、少しぐらいなら雪崩を避けるラインを取ることも可能です。
アプローチでのラッセル、雪稜、岩壁、岩稜が続く変化のあるラインは、八ヶ岳のベストルートの一つでしょう。


タグ: 八ヶ岳 登山 登山道



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ