2019/6/20

ドロミテ2019 まずはカルタゴ  ドロミテ

2019年シーズン、最初のルートはファーストセラタワーの通称「カルタゴ」5.10d/6ピッチ。
ボルトルートでのフリークライミングです。

ドロミテのおススメ時期はと聞かれることが多いのですが、個人的にはこの6月中・下旬がお勧めです。
なぜなら花が多いから。しかし人は少ないんです。
アネモネ、シナノキンバイ?などの雪解け直後の花が満開です。
大型の花なので見栄えします。

クリックすると元のサイズで表示します

写真ではちょっとわかりにくいですが、ここまでのアネモネの群落は見ごたえあります。

クリックすると元のサイズで表示します

アネモネだけでなく、シナノキンバイも群落で咲いています。
他にはハクサンイチゲ、サクラソウ、定番のゲンティアナ・コキアナ/ベルナなど


しかしドロミテの6月を公に勧められない理由もあり、それが天気の不安定さ。
北の冷たい空気と南の暖かい空気がぶつかり合うところに雲が発生しますが、それがドロミテを含むヨーロッパアルプス辺りがそうなってしまいます。
ちょうど日本の梅雨の状況と一緒です。

それでも一日中雨が降ることは少なく、何となく行動できるので上手く付きあえるようになるとやはりお勧めです。


今回の「カルタゴ」
ちょっと登れる人にはかなりのおススメです。
僕らも何度も登っていますが、やはりそれを再認識しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ルートは200メートル程度しかありませんが、傾斜があるので高度感があります。

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜はほぼ垂直。部分的に薄かぶりですが、ホールドの係が良いので思い切って登れます。


クリックすると元のサイズで表示します

天気とうまく付き合えていると思っていましたが、向こうから雨が近づいてきました。
…実際には雨でなく、雹でしたが。

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬濡れましたが、その後はスピードアップして頂上へ。

ダッシュで片付け、下山。
車に着いたと同時に雨が降ってきました。

今回は7月になってから仕事がスタート。
それまではプライベートです。

ではまた。

2019/6/20

ドロミテ2019  ドロミテ

ブログを再開します!

まずは今シーズンのドロミテ西部(カナツェイ周辺)情報から。
冬から春に雪が多かったのか、残雪がかなり残っています。
また、斜面の木々が雪でかなり倒されているため保水能力が落ちているようで、土石流の跡がかなりあります。
雨の降る日は斜面や沢に近づかない方が良いかも…。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ