2006/5/9

あまかざり  山スキー

 今年の残雪シーズンもいよいよ終盤戦。友達と御嶽へ行く予定で張り切って起きたのに、小淵沢は深い霧の中。南は天気が悪かったので北の雨飾山に変更しました。
 「北も天気悪そうだよ〜」って言って友達は来なかったけれど、新潟方面は晴れなんだから!案の定、塩尻峠のトンネルを潜った安曇野側は青空でした。

 今年3度目の来訪、桜が満開の小谷温泉ですが、登山口では暖かさも増し、雪が大きく割れて水芭蕉の花も見られます。
クリックすると元のサイズで表示します
「ねえたんねえたん、これって食えるのか?」
クリックすると元のサイズで表示します
「それは山菜じゃぁ無いんだよ。シエスタ君」

 今年は例年になく豊富な雪だけども、スキー場はGWで全て終了だし、栂池ロープーウェイも終わりだから天狗っぱらにさえ上がれない(別に歩けばいいんだけど)。
 ただしこの日は気温が高く(あとで聞いたら長野松本で30℃)、午後から天候は崩れる予報だったので白馬大雪渓は却下。2千mに満たない尾根ルートになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 でも、以外と天気は良かったんだな。しかし何せ暑い!汗は止まらずしたたり落るし、雪は緩んでシールが効きにくいからこれまた登りずらいのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 そうは言っても流石はスキーのクラシックルートの山ではある。ブナの原生林はどこでも歩けて何処でも滑れます。頂からは(ほんとの山頂はバックの岩峰だけど)、白く輝く北アルプスが一望の下で気持ちイー。
クリックすると元のサイズで表示します
 早い時期には大きな雪崩に洗われるであろう荒菅沢は、広大なオープンバーンで、麓のミズナラの大木達も見事なものでした。

彼らの樹齢はいったいどれ位なのかな?
クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん、スキーの閉めはお決まりの露天風呂。大渚山の時は雪洞風呂だったのに、もうすっかり雪はなくなっていて、男風呂からの通路からも見えてしまうのが気になるところ。まぁそれはそれで、ブナの新緑がまた4月とは違った爽やかさを醸し出していました。
クリックすると元のサイズで表示します
4月25日の露天風呂
クリックすると元のサイズで表示します 
5月9日の露天風呂

 帰路の車中は、二人で読み合う俳句大会。「あまかざり 雪落ち集う あらすげ沢」
あまかざり、あまかざり、う〜ん・・・・あんまり考えてると運転中に眠くなるゾ。車中に流れるは沈黙の空気。ヤバいので仁科三湖の辺りでお開きになりました。

 今週の天気予報は、もうずっと梅雨を思わせるような天気です。もう、これで今シーズンは終わっちゃうのかな・・・。
 思えば9月から指を壊し、外岩も氷もやらなかった秋から春。11月の室堂に始まって、冬の妙高付近に春の北アルプスと、パウダーから残雪までよく滑った年でした。
 やっぱり山登りも山滑りも、「良い仲間に恵まれることが一番なんだなぁ」と、しみじみ思うシーズンでした。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ