2010/2/3

迷子捜しの諏訪遭対  八ヶ岳情報

1月の最終週平日、硫黄岳の山頂で消息を絶っていた遭難者が、赤岩の頭付近で発見されました。
不明から4日も山中に居た割には、幸い無事の収容です。

本人は夏道の下り出す鞍部ではなく、赤岩のかしら方面まで歩いてしまい、数年前の雪崩れ誘発地点の辺りでずっとビバーグしていたそうです。

不明から晴れた日もありましたが、夏道の位置を正確に知らなければ(夏道からは離れてしまっているため)、何処に来たのか解らないガレ場ではあるかもしれません。
写真撮影のためのテント持参とはいえ、夜間はまだ冷え込む厳冬期。

下山してきた際に、諏訪の救助隊長とも話しましたが、良かった良かったと喜び合っていました。

が、これまたどうも、同じ辺り?での、行方不明者の発生。

テントは持っている3名が、赤岳鉱泉までの間にて遭難救助要請・・
ナゼでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
「赤岩の頭」右スカイラインが以前大規模に雪崩れた斜面、左の稜線が峰の松目に至る


どうも林道から近道しようとした彼ら。
美濃戸の手前から、峰の松目へ至る尾根に取り付いたらしい。

私たちも夏に歩いたことはあるが、上部は木の混んだ藪尾根で、秋にキノコ採りが入る程度の場所だから、当然冬は深いラッセルになったことだろう。

最終的には、北沢登山道の対岸斜面にて救助されたという彼ら。
確かに遭難者たるもの、常識では考えられない行動に及ぶものである。

警察と遭難者のやりとりでは、「沢筋に下らず尾根筋に登るよう」マニュアル通りの指示をしたらしいが、この場合は、下に登山道、上には積雪の多い樹林帯のみだったことになる。

体力で押し通せば、そりゃ最終的には、硫黄岳に登りに来た人と出会ったのでしょうけれど。

前述の捜索とは数日置いただけの2件目だから、上から来た行方不明者と下から来た行方不明者がバッタリ遭遇した!
なんて、無事かそうでないかで、笑えない話になりそうな、今回の2件の事故でした。

まぁ何にせよ、出向く側にとっては、無事で居てくれることが何よりです。
これからの捜索活動時の、一つの教訓として、私たちも役立てて行かなくてはなりませんね。



タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/21

同じカオ  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
登山道脇で、ノンビリ草を食むカモシカ親子に遇いました

クリックすると元のサイズで表示します
さすが親子、顔はソックリでした

阿弥陀岳北稜・確保講習の山行記録をアップしました→http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/20

あいターン  八ヶ岳情報

本日のお客様は、遠くは屋久島から、近くは佐久からの二組です。

みなさんの4人の共通点は、若く、そして(偶然だけど)中3人は「Iターン組」だということ。

屋久島ガイドとして活躍する女性達と、介護士として活躍する男性達。
いずれも都会を離れ、その土地に生きることを選んだ若者達です。

こうやって土地に根付き、頑張る若い人が他にも居ることは、私たちにとっても心強いことです。

クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀岳を目指して
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/17

冬らしい冬  八ヶ岳情報

この週末のコースは、中山尾根が一組と赤岳が二組でした
クリックすると元のサイズで表示します
気温が低く乾燥していたので、赤岳からは遠く新潟や群馬の山までが見渡せました

クリックすると元のサイズで表示します
霧氷が逆光に煌めく下山路です

クリックすると元のサイズで表示します
今日もあのテッペンまで、よく頑張りましたね
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/10

精神の鍛錬は一日にして成らず  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
先週末の「南峰リッジ」に同じく、荒れた連休二日目でした

クリックすると元のサイズで表示します
母娘で参戦のHさんは大同心稜から横岳縦走へ

体力ではより強いはずの娘さんが、初めての経験に苦戦するのに対し、吹雪の中でも動揺を見せず、着実な足取りで進む齢70近くのお母様。

年齢と経験を重ねることによって磨き上げられた精神力は、確固たる自信に繋がるのかもしれませんね。

タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/8

石尊峰へ  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
穏やかな天候に恵まれた、静かな平日の石尊稜

クリックすると元のサイズで表示します
こんな日の石尊稜は、サイコーに気持ちがイイ!
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/7

○×もんだい  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
アイゼンワークのテクニック

クリックすると元のサイズで表示します
さて、正解はドチラ?
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/3

吹雪の南峰リッジ  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
1月3日(祝)
赤岳南峰リッジの山行記録を、HPにアップしました
http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/2

袖ふれあうも  八ヶ岳情報

大晦日から元旦に掛けての大荒れの寒波は自宅でやり過ごし、今年最初の山行へ。

ちなみに正月はここ数年来二人揃ったことのない元旦だったので、張り切ってTVの前に座った「紅白歌合戦」は、1時間くらいで脱落(←見ていても新しい歌手が解らない)

アニメの「ノダメ」から更に「行く年来る年」だ!

なんてハズもありません。
続く山行で、体内時計は既に山小屋モードの二人。

普通に寝て、気がついたら新年でした。

クリックすると元のサイズで表示します
戌年の時は

クリックすると元のサイズで表示します
オイラらって「書き初め」したのら


さて、いつもの赤岳鉱泉への道を辿っていると、すれ違ってから振り返って走ってきた人が居る。
(知っている人・・だけど、誰だっけ?)←サービス業の癖に物覚え悪い

「あの!ミキヤツさんのセンセイですよね。僕、前に参加したんですけど」
(す、スミマセン。でも先生と呼ぶのは辞めてね)

聞くと、仲間と天狗岳から硫黄岳まで縦走をして降りてきたという。

頑張ってますね〜
コレって嬉しい限りです!
何たってうちのコンセプトは、若い人には最初の経験を基に、独立した登山者となって貰うこと。(のんびりしたい年輩の方にまで、無理強いはしませんが)

そして、よりステップアップしたいと思った時が来たら、その時はまた
「チョッピリ手助けを借りに来よう」
そう思ってくれれば、それでいいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
新年早々、良いことがありました。

タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2010/1/1

迎春  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
明けましておめでとうございます

クリックすると元のサイズで表示します
旧年中も、お客様皆様のおかげで、良い一年を過ごすことが出来ました

クリックすると元のサイズで表示します
国内の梅雨時は、ユーロ高でしばらく遠ざかっていたヨーロッパアルプスを、久々に訪ねることが叶い、懐かしさの中にもこれまでとは違った発見もありました

クリックすると元のサイズで表示します
それらをまた、着実な経験の積み重ねとして、これからの仕事にも役立てていかなければならないと思います

クリックすると元のサイズで表示します
帰国後の夏山シーズンは続く天候不順に悩まされましたが、それは山を志すお客様にとっても同じこと

クリックすると元のサイズで表示します
良くも悪くも全てを含め、私たちにとって、充実した1年に出来たのではないかと思っています

クリックすると元のサイズで表示します
どうもありがとうございました。
そして今年もまた、よろしくお願いします。

画像:2009年ヨーロッパ
「シャモニ」「ドロミテ」「プロヴァンス」より


タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2009/12/31

大同心北西稜  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
12月25日(金)の「大同心北西稜」より

この他の画像はHPにアップしました→http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2009/12/30

ヤマネちん  八ヶ岳情報

久野と交代して下山したのが夜間になったので、止まって帰った宿に
クリックすると元のサイズで表示します
ヤマネちゃんが眠っていました

ハツカネズミではありませんよ。
ちゃ〜んと、尻尾も丸まっています。
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2009/12/29

快適雪稜  八ヶ岳情報

変化に富んだバリエーションの「石尊稜」。
クリックすると元のサイズで表示します
難しくはないですが、八ヶ岳のルート中では比較的長めで要体力です

雪と沢山戯れたい方に、お勧めの一本です。

山行記録の画像をアップしました→http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2009/12/28

エビの尻尾と小同心  八ヶ岳情報

意外に今まで作っていなかったらしい、「小同心クラック」の山行報告
クリックすると元のサイズで表示します
12月27日(日)の分も合わせて数年分の画像を、アップしてみました→
http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/
タグ: 八ヶ岳 登山 登山道

2009/12/27

年末暖波  八ヶ岳情報

クリックすると元のサイズで表示します
先週の寒波とはうって変わった暖かさ
先週並みの寒さ対策で登ったら、暑すぎて汗をかいた赤岳でした

赤岳登頂の山行記録を新しくアップしています→http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/

タグ: 八ヶ岳 登山 登山道



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ