2010/8/29

鎖の功罪  北アルプス

登山道とはいえど、その内容は北岳バットレスなどのバリエーションルートより危険な、西穂〜奥穂の縦走路。

クリックすると元のサイズで表示します

まだジャンダルムからそう離れていない位置で、私達に「まぁ、重装備ねぇ?」とか言いながら、奥穂から来たバテバテの年輩女性が二人すれ違う。

この様な岩稜でヘルメットも被らず、ロープを繋がないことの危険を、氷河のないアプローチから登山する日本人には理解できない。

最近の西穂奥穂間では、ヘルメットを被っている人が多いのに対し、彼女らと言えば、「まぁ、軽装備ねぇ?」とでも返したくなる有様で、果たしてこの間のコースタイムを理解しているのかどうかも怪しい。

「山と高原社」地図上でのコースタイムは9時間。
今回はそこそこ足並みも揃い、天候の悪化も懸念されたので、西穂独標で日の出を迎えるくらいに小屋を発ち、休息時間もほとんど取らずにとばした所要時間が9時間半。
つまり並の体力の人では、12時間は必要だろう。

現に朝食を食べてからノンビリ出てきた後続パーティーは、午後から雷雨のリスクがあったにもかかわらず、夕暮れも近い頃に漸く穂高岳山荘に辿り着いていた。

鎖が付いているからこそ、誰もが立ち入ることの出来る縦走路だが、危険度からすれば岩登りの経験があるか、ロープを使えるかでなければ、かなりのリスクを伴う場所だ。

山の危険は、警察やメディア側ですぐ言われる「装備不足」などではなく、「危険に対する無知」であることに、気付いている登山者は少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

こういった縦走路は一般登山道にしておくのではなく、むしろ鎖など外してバリエーションルートとして扱うべきであり、本来行ける人のみ立ち入ることが、山の事故を減らす第一歩なのではないだろうか。





2010/8/28

魔の「涸フェス」  北アルプス

魔の「涸フェス」にて涸沢入りを阻まれた私達は、「北穂東稜〜奥穂〜西穂」を、急遽「西穂〜奥穂〜前穂〜明神」の縦走に変更、内容は更にハードとなりました。

さて、明日からの岩稜に次ぐ岩稜縦走・・・・
メンバーは足並みが揃っているので、後はお天気だけが頼りです

クリックすると元のサイズで表示します
西穂山荘より、シルエットとなった「大木場の辻」と、「錫杖岳」を望む

2010/7/27

独占きぎょう  北アルプス

西穂山荘から降りる際に、気になった道標。
何やら三角の旗に、難易度だとか戻るための制限時間などが記されている。

降り出すと次から次へと登ってくる人の列。
みんな同じバッジを付けているので、清掃活動か何かのボランティアかと思いきや。
・・・その列は途切れることなく、何処までも何処までも続いていく。

「下り優先」なんてマナーを守っていたら、いつまで経ったってロープーウェイの駅にはたどり着けないくらいの人の列だ。

実はコレ、「名鉄ハイキングクラブ」の人の列だった。

前夜に久野母から、よく参加するというこの4〜5千円格安バスツアーの話を耳にした時には、
「バスが7台から10台出るので、少しくらい遅くなっても、最終便には乗れるのよ」
というチョット驚きの話に、「日本における独特の登山文化かも」と感じたものだけれど。

しかしコレ、山のオーバーユースであることは勿論、居合わせた他の登山者には迷惑きわまりない行為でしかない。
数百人規模で登るにも、まだ子供であれば自然教育という観点から仕方ないかもしれない。
だが営業行為で大規模に募集し、安価に山に連れて来て、間に添乗員が入るだけ。
というのは、場所が山であるだけに問題だろう。街の観光地ではないのだから。

これで上級者は独標まで行く人も居ると言うが、滑落した場合は誰が責任を持って救助に当たるのか?責任の所在は明確なのだろうか?

ロープーウェイの駅から僅かな距離でもうグッタリして、「小屋は何処ですか?」なんて聞いて来るオバちゃんまで居るくらいだから、レベルの差も激しすぎる。数百人集まれそのレベルに自ずと差が開くのも当然と言えるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

警察では何か有ればすぐ「単独登山はやめよう」だが、事故が多発する中、なぜ団体登山に関する規制は生まれないのか。
「群れれば安全」には、ならないはすなのに。
タグ: 西穂高 新穂高

2010/7/26

暑いわ寒いわ  北アルプス

久々で日本の山に登ってみる。
何時何時雨が降り出すか解らない夏の午後だったからか、その湿度の高さには参ります。

西穂山荘を目指すアプローチは、止まればワッと蚊に集られる蒸し暑さで、滴る汗が止まりません。
かと思えば、翌朝はずっと寒気の雲の中。飛騨側から吹き上げる風は冷たく、上下のカッパを着込んでもまだ寒い。暑いか寒いか、で快適とは言い難い稜線歩きです。

小屋の出発時、「今日はエー天気でしょ」なんて言ってたオジさんが、「天気予報では良かったですよねぇ」と話しかけてくる。

それは下界の予報でしかない。寒気が入っている以上は地表温度との差で、標高の高い山が深い霧に包まれる(雲が生まれる)のは当たり前だし、午後からは突然の雷雨に見舞われる可能性も高いだろう。

「山なんだからこんなものでしょ」と返したら、
「でもねぇ、予報じゃ良かったのに、」と繰り返しながら、奥穂の縦走路へと向かっていった。

西穂奥穂間の稜線で、雷に会えばどうなるのか?そんなことも、考えては居ないらしい。

西穂から帰る際にも、すれ違う多くの人が、「奥穂から来たんですか?」
と尋ねてくるのにも困ってしまう。
西穂奥穂間は長い縦走路だ。穂高岳山荘から西穂山荘までであれば9時間の行程を、午前9時現在に到着するのであれば、0時には穂高岳山荘を発たなければ、ここに着くはずもないのだから。

久々に歩く夏の稜線。
夏の登山者は、そもそも天気図や地図を見ることがあるのだろうか?

夕べ食堂で同席だったお坊さまは、深い霧と風に戻られたようで再会は出来ませんでした。
けれど話の中で勧めてくださった写真集は、図書館で調べて早速借りてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
私達が生まれる以前に早世された、山岳カメラマンの方が撮り続けた白山の写真集

今の印刷技術で刷り直せば、もっと真に迫る画集になるのではないでしょうか。


2010/5/25

らすとちゃんす  北アルプス

よく降る雨ですね。肌寒い日が多い今シーズンも、ようやく春めいて来たのでしょうか?
今シーズンは例年より寒いことから、山はまだ、青空に映える残雪が豊富にあります。

5月28日29日で北穂東稜、5月30日6月1日で劔岳源治郎尾根、いずれも平日ですが、一名の空きがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
北穂東稜「ゴジラの背」

クリックすると元のサイズで表示します
劔岳・源治郎尾根は、下山ルートの別山尾根までスリリング!

残雪期の北アルプス、ミキヤツ最後の募集となります。
興味のある方は、メールにてご連絡ください。


2010/5/23

花冷え  北アルプス

今年のGWのスタートは、直前の降雪によって、横尾から先が閉鎖された穂高です。

クリックすると元のサイズで表示します
5月2日の北穂東稜

クリックすると元のサイズで表示します
寒暖差の激しい春ですが、その後も降雪があり、GW以降もこれより更に積雪が増えていました
タグ: 穂高 北穂 GW

2010/3/14

荒れる雪稜  北アルプス

クリックすると元のサイズで表示します
さて、ここは八ヶ岳?

クリックすると元のサイズで表示します
八ヶ岳ではなくっても、荒れ模様ばかりのこの冬

たまには西穂、でもやっぱり荒れました。

2009/10/3

今年の涸沢  北アルプス

クリックすると元のサイズで表示します
さて、今年の涸沢、紅葉はいかに?
タグ: 涸沢小屋 穂高 紅葉

2009/9/27

錫杖岳いちるんぜ  北アルプス

「注文の多い料理店」より長いけれど、錫杖岳前衛壁の中では最もスタンダードな1本である「1ルンゼ」。

クリックすると元のサイズで表示します
美しい錫杖岳の壁(左寄りの白壁右下が1ルンゼ)

クリックすると元のサイズで表示します
前夜泊日帰りで7ピッチ〜8ピッチの充実したクライミングが楽しめる、貴重な山です

クリックすると元のサイズで表示します
真っ白い岩と、赤茶けた岩の対比が、明るい開放感を演出してくれるルートです

2009/9/26

注文の少ない料理店  北アルプス

錫杖岳前衛壁「注文の多い料理店」
クリックすると元のサイズで表示します
実は私の出身山岳会の先輩方が、1989年に開拓されたルートです

クリックすると元のサイズで表示します
当時としてはまだ珍しい、オールフリーのラインとして開かれたこの「注文の多い料理店」は、錫杖岳の壁に新たなルートが数多く開かれた今日もなお、多くのクライマー達を迎え続けています

クリックすると元のサイズで表示します
豊田の岩場で鍛えているAさん
大胆なムーブもナンのその

クリックすると元のサイズで表示します
「注文」は至って多くはないけれど、だからといって易しい訳ではありません
困難なピッチの連発をこなし、さわやかな笑顔で「左方カンテ」と合流のテラスへ
(ここからもう2ピッチ!)

さてこの画像、バックの枯れ木の更に後方にもクライマーの姿が。
標高が低いので盛夏は辛いですが、涼しくなった今が旬の錫杖岳です。


2009/8/17

北鎌  北アルプス

久野が出掛けてきた北鎌尾根の画像をお送りします

クリックすると元のサイズで表示します
まずは定番?合戦小屋のスイカです

クリックすると元のサイズで表示します
大天井ヒュッテで暮れゆく、長い1日目

クリックすると元のサイズで表示します
ガッツリ下って、ガッツリ登る!北鎌の尾根上に這い上がるのは草臥れます

クリックすると元のサイズで表示します
やっと本番、気合いを入れて

クリックすると元のサイズで表示します
慎重にしんちょうに

クリックすると元のサイズで表示します
東西南北、何処からアプローチしたって、遠い穂先なのです

クリックすると元のサイズで表示します
設定では東鎌尾根を戻る予定が、お客さんが力尽きて東鎌と上高地に別れ、再び沢渡に迎えに行くという、回送の最終日となったそうです

北鎌尾根は、とにかく持久力勝負です。

2009/5/24

さんこうきろく  北アルプス

ただいま久野が、HPをリニューアル中ですが、山行記録も随時新しいものを作っています。

クリックすると元のサイズで表示します
蓮華岳スキーの記録をアップしました。
http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/page021.html

小淵沢でも既に蝉が鳴き、都会では汗ばむ季節を迎えています。(甲府も)

目に涼やかな残雪期の画像にて、気分だけでもクール・ビズ、如何ですか?

2009/5/11

遠足  北アルプス

別山尾根を経て、劔沢に帰着したのが13時過ぎ。
出発できるのはそれから少なくとも30分後。

雪は悪く、風は一日中強い。
依然向かい風の強い劔沢でしたが、KTを三日留守番させておくのもチョッと心配で、やはり私だけは帰ることにしました。

黙々と歩いて御前小屋を過ぎ、雷鳥沢は全てお尻引きで直滑降。
あっという間に雷鳥沢の天場前です。

実は昨日、行きで呼び止められ、雷鳥沢ヒュッテの近所で行き倒れの女性があって通報したので、その雷鳥沢ヒュッテにもご挨拶。

続けて室堂の駐在センターへ。
雪上車で急行してくださった、山のお巡りさんのところにもご挨拶。
何でも今回はハイキングだが、劔岳まででも登る人で、気が付くと家でも倒れてる・・とかいう、おっかない持病(?)の持ち主さんであるらしい。

でもすぐ元気になったそうで、良かった良かった。お大事に。


劔沢からは2時間きっかりで室堂ターミナルに着けたので、余裕で4時のバスに乗り込んだ。ガラガラでラッキー〜

と思っていたら、ダムでジャージの学生集団に遭遇。
ケーブルでは揉みくちゃの混雑となったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
翌日は放射冷却で凍った雷鳥沢
踵を使った降り方を教える久野
(昼過ぎに何とか室堂へ。夕方になってやっと帰ってきました)

2009/5/10

くされ雪  北アルプス

GWにはとても状態の良い雪だったのが、間の雨と高温で雪はグサグサ。
未明に発ったところで、やっぱり潜って仕方ない。

何せ山頂から滑るために同じ時刻に出発した、スキーヤーの子達が余裕で暗い中を滑り降りていけるくらいの緩み方だ。

これではただでさえ大きな劔岳のこと。
疲れ方がまったく違ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します
今回のメンバーは古希を迎えたお祝いに、と大好きなタバコも辞めての挑戦のIさん
禁煙効果は絶大で、4キロ太ってもそれを上回る心肺機能の回復で息が続きます

やっぱり禁煙って凄い!

ヤッホーハウスからステップアップ。
雪の赤岳の厳しさに、一度は夢の劔岳をも諦めかけたBさん。

「私もう歳やし、いかんのやわ」
と塞ぎ込んでおられたけれど、努力すればもちろん報われます。

クリックすると元のサイズで表示します
みんなでちゃ〜んと、山頂に立ちました

そこからの、長い帰りはボロボロでしたが・・・

2009/5/9

つるぎ沢小屋  北アルプス

GWには開いていた剣山荘も閉まり、今度は劔沢小屋にやってまいりました。
どこの小屋も、今の時期には水の確保に苦労されているようです。

ポンプのために寝ずの番もあるという小屋の主、S氏。

手伝いの人、阿曽原のI氏に似てるぞ??
と、思っていたら、そりゃ似てるよ。ご本人でした。

かなり久々の邂逅です。
初めて会ったのはまだ私が二十歳前後の遠い昔のこと。

独り歩きのころは、よくフラフラと奥黒部を歩いたものです。

でも最近は夏に余裕が無く、かなりご無沙汰気味。
北アルプスに入ることも少なく、北岳詣での続く夏ばかり重ねていました。

今年こそ、またフラッと、訪ねてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します
再び別山のっこしへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ