2013/2/26

しっぽガイド  山スキー

本日もテールでしっかり、お勉強させていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
丸1日、滑って登ってまた滑る!
(撮影:ブルークリフ滝本 http://bluecliff.jp/


ちなみに我が家のGOLFが、ミッション不良で壊れてしまった。

燃料代高騰の今日日ですが、プラドで白馬に通うのは、燃料撒いて走ってるみたいです。。。


それでも滑るのは、何よりも楽しい♪




2013/2/14

はっぴーバレンタイン  山スキー

小淵沢まで戻ったモノの、標高1000mで30pを超える積雪では話にもなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
仕事もままならず、急遽白馬へ取って返す

喘息気味でも「この条件で、滑らずに成るものか!」と気合いの起床です。

クリックすると元のサイズで表示します
本日は5Guidesで、バレンタインの恋もなんのその

真那板山で「マナイタの鯉」になる?


そういや今日は、世のカップルが盛り上がる日か。
う〜ん、恋やチョコなんて、そんな時代もあったっけ?

今や、ぱうだーの方が遙かに、おいしいんだなぁ
(↑イヤ案外、昔からやってる事に、大差は無いかも)


クリックすると元のサイズで表示します
皆さんガッツリラッセルに燃えてくださり、モチロン白馬ローカルだけに、スキーの腕も逸品


職業柄、女性扱いして貰うことがほぼ皆無の私。

・・・実はコッソリ、末尾で感動してました


滑走シーンは、やっぱりこちらのツアーリポート、ピガサかユーチューブで、ご覧になれます。


http://bluecliff.jp/




2013/2/8

山板試乗会  山スキー

ゲレンデ板はエランSLウェブフレックスがお気に入り、でもバックカントリーとなると「?」の私。

昔は自分の腕も顧みず、兎も角も軽さで選んでいたのですが、板の進化は目覚ましく、超ファットとは?ロッカーとは?なんぞや?


という有様ではいけません。

試乗会に混ざって参りました。(イヤ、たまたまですが)


ちなみに私の手持ちアイテムは

春スキーや氷河用には、レジェンドが重すぎて昨年のガイド試験中に急遽現地で仕入れた、
MOVEMENTのNative (ネイティブ)長さ151 116-80-104

重さは何と一sを切る0,95!ロングツーリング向きで、耐久レースの様なガイド試験には最高の武器。独自のキャップ構造を組み合わせたハイブリッドで、軽さの割にばたつきも少なく撓みや切れもある。


パウダーは今や旧式2006年モデル?
K2 Phat Luv 長さ160 128/95 /118

正直どうせパウダーシーズンは忙しくて滑ることもないから・・・
と、これで済ませていた。

けれど最近ゲレンデサイドの不整地にはバタツキ感が否めず、2008年モデルの 
K2 BURNIN LUVの156pを履いてました。




ちなみに私のソール長では履ける板が限られたので、せいぜい1ブース一本くらいしか履けなかったし、テレマーク除外のアルペンのみ。

試乗者の設定は、身長155の体重44

脚力アリめのたぶん?1級女性ユーザーくらい(既に一級のクノ所見)でお考え下さい。

好みは余り柔らかめではなく、硬いバーンにも通用する硬さを求めます。

この日の会場である岩岳スキー場は、山板試乗会にもかかわらず、ガチンコの圧雪バーン。
パウダーで滑ったら?という設定は、あくまで想像の領域でした。


で、結果から。

オールラウンダーで価格設定も易しめ、コスパが高く安定感のあったモデルはズバリ!

DYNASTAR CHAM87 (シャム87)127/87/103

これで・・・デザインがイケてたらねぇ・・これじゃ日章旗だよ。残念。
でも滑りはしなやかで、超好み



ファットで深雪を楽しめそう。見た目の割には案外、接地面のコンタクトも良かったのが、

G3 Empire 153-127-139

TAKIさんオススメ。デザイン地味目。


あとはやっぱり山板だよね。。って乗り味でした。

私はどちらかといえばゲレンデでの練習が8割なので、ゲレンデでは履かなくともペラペラ感が好きじゃないし、体重も無いので硬すぎて撓みの無いのもダメ。

だから以前の試乗会でヴェクターのブースから何種か乗っても、ピンと来るモノが見つからなかったが、流石のディナスターです。


ちなみに私のサイズは無かったですが、流石にK2は、いいもの出してるみたいです。





2013/2/7

林道修行  山スキー

山はローカルガイドに限ります。

クリックすると元のサイズで表示します
数日前の雨で林道はギタギタに、寸断されまくりでした



何たって地元の山に精通しているのは、やっぱ最終的には、地元民でしょう!

と・・・思わず納得。

勉強させていただきました。


詳しい画像は、こちらのリポートにてご覧になれます→http://bluecliff.jp/

ちなみにこの日のワンデイツアーはディープな雪で、誰が誰だか不明ですが、メタリックグレーに緑のフーディーが私です。



2013/1/31

すっきり!!  山スキー

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の春以降、気分は冬の日本海、どんより灰色、オマケに大荒れって感じでしたが、本日は、心も山も快晴なり!

私の左後方、唐松岳山頂と私の間にある、唐松沢Dルンゼを滑ってきました(滑らせて貰った?)


クリックすると元のサイズで表示します
主稜線からは剱岳もバッチリ

クリックすると元のサイズで表示します
唐松岳へ(ドロップポイントは山頂右の鞍部)

クリックすると元のサイズで表示します
私達3Guidesの共通点?揃って同じ、受験生なのだ

クリックすると元のサイズで表示します
せっかくの膝上最高パウダーのこなし方、もったいないのだけれど・・・まだよく解らない私です

それを尻目にSUGIさん、絶好調でパウダー蹴散らしカッ跳んで行きました。
あららぁ・・かっこいいじゃない?


クリックすると元のサイズで表示します
硬い斜面は快調♪滑っても滑っても、まだ滑れる

クリックすると元のサイズで表示します
〆は滝壺トラヴァースでした

「落ちたら、確実に死ねますよ」TAKIさん・・・サラっと言ってくれますね


ちなみに詳しい動画などは、「ブルークリフ」HPのブログにて、ご覧になれます。

http://bluecliff.jp/

バックカントリーのガイドとスキー用品なら、ブルークリフへ!

なぁ〜んて私も、女性向けの少ないスキーメットを、早速購入させていただきました。


初心者は勿論、江本ガイドとのコラボツアー「エモタキツアー」なんて、エキスパート向きもあって、なかなか面白そうですよ♪


あ〜〜すっきりっ
(ちなみに私、便秘ではありませんのであしからず)
タグ: 白馬 唐松岳 唐松沢

2012/5/24

富士のお山で火傷した  山スキー

クリックすると元のサイズで表示します
富士山行って来ました!

クリックすると元のサイズで表示します
こうなりました!


山行報告は→http://mikiyatsu.jp/



2012/5/8

日本人なら温泉でしょう  山スキー

に、行って来ました。


GWに久しぶりで歩いたら、アッサリ筋肉痛になりました。

どうやら、スキーで歩くのと足で歩くのは、使う筋肉が異なるようです。

こんなに歩いて入る露天風呂って・・・果たして温泉療養と言えるのかどうか?は、マァさておき。

クリックすると元のサイズで表示します
湯ノ花と硫黄の臭いに包まれた湯船は、スッゴク熱い!


雪を放り込みつつ、湯を緩くする久野曰く

「いやぁ〜スコップって、やっぱし必需品だよね〜」

・・・・違うだろ。ソレ。



この他の画像はHPにて→http://mikiyatsu.jp/
(なお、念のため、久野の裸画像はありませんので、女性でもご安心を!)







2012/2/2

かっちかち  山スキー

北海道入りして初めての、暗くない朝!
(昨夜の宿入りは遅かったが)

クリックすると元のサイズで表示します
「わ〜い!旭岳だぁ!」と、はしゃぐ私

クリックすると元のサイズで表示します
勿論ゲストの皆さんの方が、関東の人なのに、北海道にはズット詳しい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ヨーロッパ並みの広大さは、やっぱりデッカイドぉ〜だ!


が、しかし・・・降雪が無くカリカリ斜面で、パウダー戴くのは一苦労なのでアリました。





タグ: 旭岳 山スキー

2012/2/1

蝦夷富士  山スキー

余市川で水が流れなければカルデラ湖だったという、山に囲まれた赤井川村の原野に、ポツンと建ったペンション「ひるねの里」。

どれもしっかり手間暇掛けた料理の、暖かな宿でした。


札幌を発って余市岳に行った日も4時起きだったが、この日もやはり4時半起きである。

クリックすると元のサイズで表示します
初めて目にする「羊蹄山」だが、蝦夷富士とは言えど、そこは独特の風格を持っている

クリックすると元のサイズで表示します
歩いている間は、海や、凍り付いた洞爺湖が見えます


雪質は1000m登った割に、上半分はクラスト斜面での修行。

でも流石は北国。

下半分の標高の低い樹林帯でも、極上パウダーでした。

本州ではありえない♪


温泉で身体に温もりを取り戻し、そしてまた移動!

たっぷり5時間なり〜





2012/1/31

でっかいど〜  山スキー

八ヶ岳をフィールドに働く私には、スキーガイディングのスキルがありません。

登攀ガイドとしての仕事が主体なので仕方のないことなのですが、そうも言ってはいられない。

国際ガイドの試験には、当然ながら氷河スキーも必須なのです。

そこで津軽海峡を越えた彼の地へ、修行に行って参りました。

同行させて戴いたのは菊池康子さんと、そのプライベートゲストの皆さん!
http://peak-sapporo.com/index.html

彼女は、同姓として共にステップアップを目指す、国内では唯一の同志とも言える、私にとっては貴重な存在です。

さて、今回のツアーは驚きの超人的ツアー?
火曜は余市岳→水曜は羊蹄山→木曜は旭岳→金曜は富良野岳

って・・・移動時間は最大で5時間のドライブ!


クリックすると元のサイズで表示します
しかも・・・登って

クリックすると元のサイズで表示します
滑る!

クリックすると元のサイズで表示します
登って

クリックすると元のサイズで表示します
また滑る!

そしてラストは北斜面を、まだ滑る〜!

オイオイ・・・これでまだ、1日目っすか〜??




2011/5/27

今年も滑る大斜面  山スキー

やっぱりスキーシーズンの〆はココ
クリックすると元のサイズで表示します
HPに山行報告をアップしました→http://mikiyatsu.web.infoseek.co.jp/




2011/5/19

富士の高嶺に降る雪も  山スキー

恒例の富士山へ、高所順応も兼ねて出掛けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ぶっ飛びの久野の滑り

GW後の長雨で、片道1時間は火山灰の上を板を背に歩きましたが、それでも須走口を8時過ぎに出発して、14時には駐車場に戻れるなんて、スキーならではの機動力!

クリックすると元のサイズで表示します
「須走道の駅」から見た須走(今年はこのラインで雪が繋げました)

この道の駅で、「あーっ!」という声に視線を上げると・・・
オッとびっくり

目の前に立っていたのは、昨年の海外氷河研修を共に受け、そして今年は北海道でも一緒に滑ったKガイド?
もちろん講師であるMガイドも一緒でした。

富士の麓で、彼ら道産子の皆さんと遭遇出来るとは、

嬉しい偶然でした♪





2011/4/22

除雪開始  山スキー

昨日の修行にグッタリして、朝寝坊した私達が目にしたモノは?
クリックすると元のサイズで表示します
ガ〜ン!除雪車が来てるよ!

クリックすると元のサイズで表示します
除雪作業のお邪魔になる以上は林道が通行できないので、他からアプローチをさせて頂く

クリックすると元のサイズで表示します
本日も絶景かな!

クリックすると元のサイズで表示します
けれど予報は夕方から雨、早くも空模様は崩れてきました

山頂はすぐそこだったけれど、優先すべきは「海の幸」って訳で、展望だけ楽しんだら一目散に駆け下る。
(ってか、標高900b以上には湿雪が積もって、それ以下の標高しか楽しめなかった。それでも標高差700bを楽しみました)

クリックすると元のサイズで表示します
撮影のためステイさせられてる久野

何たって糸魚川の吉川鮮魚店は、昼のみの営業なのだ。
この店のメニューは、ずばり「刺身盛りと、ご飯に味噌汁」のみ。

刺身はご覧の通りの山盛りで、シンプルな白いご飯とアオサの味噌汁が、これまた美味しい〜

駐車場にはやはり内陸の、群馬や松本のナンバーが止まってました。
山国の人間には、一番のご馳走です。

「よ〜っし、鮮魚盛りで力付けたら、今度は松本寄ってジム登りだぁ!!」




タグ: 笹倉温泉 雪山 登山

2011/4/21

巨大雪庇  山スキー

間でクライミングジム行って、東京で治療受けて、また来ちゃいました日本海!
クリックすると元のサイズで表示します
焼山温泉のフロントのお姉さんに、車を止めるのをお願いしたら、快く引き受けてくださった

クリックすると元のサイズで表示します
まるでオートルートの途中を思わせる、頸城の岩峰
(オートルートに植林は無いけれど・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
でも、ココのだだっ広さは、やっぱり気持ちいい

クリックすると元のサイズで表示します
なぁ〜んて、呑気に歩いていたら、雪庇デカ過ぎ!

クリックすると元のサイズで表示します
雪も悪いので谷へは降りず、雪庇に気を遣いつつ尾根を戻る

クリックすると元のサイズで表示します
湿った新雪で板は曲がらず滑らずで、けれど1300b登ったら、1300b滑るしかない?
残念!本日は只ただ、修行の世界でした。

入浴は休業日の温泉で、フロントにお礼を述べたら、いざ海へ!

クリックすると元のサイズで表示します
格安だった糸魚川の民宿「ひょうざ」
作業員の方々の宿泊で、忙しい合間にさばいてくださった鮮魚でした。


新潟の海も、柏崎原発の風評被害を受けているのだそうです。
同じサービス業としては、身につまされるお話です。

騒ぎに惑わされず、本来の生活をする。
それも被災しなかった人間に出来る、最も大切で身近な、支援活動なのではないでしょうか?

新潟の海も、ガンバです!



タグ: 登山 焼山温泉 雪山

2011/4/18

ここは何処?  山スキー

クリックすると元のサイズで表示します
今日もやって来ました

クリックすると元のサイズで表示します
開放感一杯の広大な雪原を行く

クリックすると元のサイズで表示します
雪原からあの山頂まではまだ、標高差1000b・・・

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は遠目に、刻まれていくシュプールを眺めていた、その稜線へ来た

クリックすると元のサイズで表示します
噴煙を上げる巨大な焼山が、ドーンと現れる

クリックすると元のサイズで表示します
とにかくデッカい景色の中にあって、自分の小ささが際だつ

クリックすると元のサイズで表示します
それは一瞬のうちに駆け下って来たって、やっぱり同じだ





タグ: 笹倉温泉 登山 雪山



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ