2020/6/7

たまにはゲームの話でも  日常あるいは平穏な日々

新型コロナウイルス関連の書き込みばかりしても滅入るので、たまにはアカデミーの書き込みでも。
記事カテゴリは作りません・・・
次作がでたら、作ります。


次作の「輝望の刻」は、筐体が新しくなるそうです。
考えてみれば、初代から15年使い続けているということは、減価償却的なことを考えてももう十分なんだろうと・・・
パソコンの減価償却は通常は4年だったかな。


あと、実際のところ、遊んでいて突然画面が落ちることがとみに多かったです。
特にリコードアリーナのデッキ編集の画面もしくはその後に落ちることが多かったです。
だから、筐体自体の交換はやむなしな気はします。


ちなみに、いわゆるブラストシティのスピーカーとかはもう交換キットが発売してないはず。
こういうものが壊れた時、基盤があっても遊べないという状況は今後どんどんでてくるでしょうね・・・


で。
肝心の筐体の値段はさすがにわからないけど、それなりに値が張りそう。
そのお金は、プレイヤーにも跳ね返ってくるみたいです。
ハイグレードプレミアムプレー?なるものがあるようで、
復習の答えとか、BGMチケットみたいな個別課金要素をまるめてしまい
まとめてどーんで単価を作るみたいです。


誰も覚えていないと思うけど、アカデミーの基本単価は200円。
その15%で30円がなんとかパーティシペーションの金額(コナミ税)でした。
実際は100円単価がほとんどだけど、お台場レジャーランドとかは200円でしたよね。
あんぎゃさんならおぼえているはず。


というわけで、下手したら1プレー正規単価は500円くらいになるんぢゃない?
実際のところは
110円+10円(BGM)+20円(復習)=140円。
これにさらに筐体費を上乗せするとなると、150円〜300円くらいと予想します。
コインなら200円、パセリなら220パセリかなぁ?



コナミのアカデミーの方向としては、コナステを活用しつつ新筐体を出すという、この二律背反な対応のコンセプトがよくわからない。
もともと筐体の変更は予定されていて、コナステは別に動いていた、と、たまたまの結果なのかな・・・?


アカデミーのストーリーは、今作はほぼ誕生日イベントから予想するしかなかったけど、
「第6」というのが、第6アカデミーか、第6天魔王か、どっちかかなぁと。
後は、見てのお楽しみでいいや(^^)



蛇足。
サークル対戦のQMAれんだーは、BOTの動きをしていますが、ついーとは手動で飛ばしています。
さながら、メールの予約送信みたいなことを行っています。
くいなさんがりついーとされているから、もうしばらく登録しておきます(^^;)





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ