2021/6/6

新作を作る理由  アカデミー夢幻

新作が出てそれなりの期間が立ち、ひととおり新作を遊びました。

協力プレー(マジコロ)とトリニティクロスが別画面で同時に遊べるというのは人が分散するだけだろうけど、どちらもミッションの「協力プレー」にはカウントされてました。


さて・・・今作の新しいところってなんだろう


・エントリー画面の音楽
・モードセレクト画面の音楽
・検定の音楽
・HG筐体専用の検定がある


これ以外はほぼ前作と同じ。
むむむ・・・あとは筐体の全面に取り付けるガワが新しくなったくらい。


これで、バージョンアップ費用が一筐体につき数十万かかるはずです。


新筐体にした理由が、もはやバージョンアップで稼ぐだけの簡単なお仕事になりつつある気がしてならないな・・・


誕生日イベントがなくなったことで、ストーリー的なものがさっぱりになりました。
さて、今後はそのあたりを掘り進めるイベントがあるかどうか。



その有無が、今作の行く末を左右しそうな気がします。



天の学舎のときは、ストーリーこそしっかりしていたけど、理事長談話では、方向性を見失っていて、全キャラ総とっかえの案が存在していたとはクイズ系書籍で読んだ覚えがあります。
現在のアカデミーの理事長に当たる方はその名前を出していないのですが・・・さてさて、どうなることやら。









いつの日か、アカデミーがなくなる日が来るであろう、そのときの終活とか考えたほうがいいのかな?かな?



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ