2020/8/15

抗体検査を受ける  日常あるいは平穏な日々

といっても、今流行りのあれではなくて、風疹の検査でした。


私は自分の記憶の限り、6歳のときと、30歳くらいのときに風疹にかかっております。
2回かかるのか!と思った記憶はあるけど、私がそうだったからそうなのでしょう。


今流行りのあれも、やっぱりウイルス感染症ですよね。
抗体ができていれば…少なくともその時点ではなんとかなるはずです。


今流行りのあれは、抗体価がすぐにさがってしまうというニュースを何度も見ました。
程度の差はあれ、確かに抗体価はさがるのだろうという思いはあります。
その昔・・・やはり30歳くらいのときにB型肝炎ワクチンを接種したことがありましたが、その後の人間ドックで抗体価は当初1000以上あったものが、600くらいに下がっていたのも覚えています。


あと、献血の際にHB抗体価を持つ人に対し、それ用の献血の依頼をされたことがあります。
事前にHBワクチンを再接種した後に抗体価が高い状態で献血をしてください的な内容でした。
結局私は再度ワクチンを接種したものの、規定の抗体価に達しなかったため、フツーの献血になっていたそうですが。



今流行りのあれの抗体検査は、自費でも受けられるそうですが、こういう経緯を考えるとあまり意味はないのかもと思います。
もう少し抗体価が高い状態が長続きすればいいのにね・・・



冷静に考えれば、インフルエンザワクチンも毎年変異して流行するわけなので、構造的な部分は似ています。


今日は終戦記念日でした。
今流行りのあれが、天然痘のように撲滅宣言出せる日は、いつかくるかなぁ。
きたらいいなぁ(^^)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ