CROSS DIRECTION

山梨で音楽活動を行っている ただし のブログですっ☆彡

 
Welcome to the CROSS DIRECTION !!                                          Directed by ただし
※上部ミュージックプレイヤーで、このサイトのBACK MUSICの有無を切り替えられます。

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

RSS

 Johnson JD-26です。中古で購入しました。トップ材にイングルマンスプル−ス、サイド&バックにはアフリカンマホガニーを使用しています。マホガニー材の影響か、中高音域が強調されたブライトな音色が特徴です。オール単板のモデルでマーチンのコピーモデルらしいんですが、非常に気に入っています。サドル(牛骨製)をF-ROOTS佐野さん製作のものに交換+ペグをGOTOH製のものに交換+L.R.BAGGS社製のANTHEMというピックアップを載せてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 
Yamaki YD-50です。中古で購入。仕様はトップ⇒エゾ松(単板)、サイド&バック⇒ローズウッドです。要所要所に小さい傷や汚れがありますが、70年代のギターらしい?ので比較的に綺麗な方だと思います。エゾ松を使っているギターということで、ボディが茶色をしています。弾いてみると、低・中・高の音量バランスがすばらしく、全体的にクリアな音質をしています。また、年代もののギター特有の枯れたサウンドも楽しめます。ボディ鳴りも非常に良い、お気に入りの一本です。

クリックすると元のサイズで表示します

 Stafford SAD 1999 STUDIOです。中古で購入。傷が少なく、キレイな状態で手に入れることができました。エレアコだけあってアンプなし時の音量は小さめです。アンプを繋いだ際に、エレアコ特有のピエゾっぽさはありますが、音が安定していて気に入っています。エフェクターとの相性も非常に良く、持っているアコギの中でも一番弾き易いので、現在はメインとして使用しています。ちなみにトップはスプルース、サイド&バックはマホガニーです。

クリックすると元のサイズで表示します

 K.Yairi J3-6です。中古で購入。お店の方にお聞きしたら、数々のライブで使用されてきたギターだそうで、普通のアコギよりボディサイズが一周り小さいLEOというモデルの一つだそうです。トップ・スプルース、サイド&バック・ローズウッドです。中高音が煌びやかに感じます。ボディサイズ・音色からして、指弾きの方が向いてそうです。F-ROOTSさんにピックアップ(L.R.BAGGSiBEAM)を載せてもらい、サドル(牛骨性)を作成していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 CAT'S EYE CE-450Dです。中古で購入。トップ・スプルース、サイド&バック・ローズウッドです。音色は明るめかつ、単音ではややマイルドです。F-ROOTSさんにピックアップ(L.R.BAGGSELEMENT)を載せていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 TOMSON GW-580です。中古で購入。トップ・スプルース、サイド&バック・ハカランダです。深みがあり、程よく枯れた音がします。F-ROOTSの佐野さんにサドル(牛骨性)作成とピックアップ(L.R.BAGGS社製のANTHEM)を載せてもらいました。
投稿者: tadashi
詳細ページ - コメント(0)
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ