2008/9/21

/28 「柏崎刈羽・科学者の会」一周年報告集会  

9/28 「柏崎刈羽・科学者の会」一周年報告集会にご参加下さい。


「柏崎刈羽・科学者の会」は、昨年7月の新潟県中越沖地震を受け、石橋克彦、井野博満、田中三彦、山口幸夫の4名が呼びかけ人となって設立されました。

高木基金としては、これまで助成してきた「原発老朽化問題研究会」や「地震と原発研究」の経緯もあることから、「柏崎刈羽・科学者の会」の活動に、設立当初から協力し、研究資金の助成を行ってきました。

下記の通り、「柏崎刈羽・科学者の会」設立から一周年の報告集会が開催されますので、ぜひ、みなさんもご参加下さい。

==========【転送・転載歓迎】===========

「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」一周年報告集会

 2007年 7月16日の中越沖地震で柏崎刈羽原発が被災するという未曾有の事態を受け、同年 8月21日に「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」が発足してから、早くも1年が過ぎました。
 この一周年報告集会では、運転再開をめざす東京電力の主張と、閉鎖を訴える私たちの主張との間の争点を明確にし、現地のみなさんをはじめ、この問題に関心をよせる多くの方々の理解を深めて頂き、東京電力の調査のあり方や、政府の審査の姿勢への問題提起としたいと考えています。

●日  時   2008年 9月28日(日) 13:00〜17:30

●プログラム

1.活動報告
 ・「柏崎刈羽・科学者の会」一年間の活動と今後の課題
        −−−−−−−−−−− 井野博満・菅波 完
 ・地元団体の取り組み/新潟県技術小委員会の傍聴経過
        −−−−−−−−−−− 矢部忠夫・山口幸夫

2.地震・地盤問題の争点 −−−−−−−−−−− 石橋克彦
     コメント −−−−−−−−− 武本和幸・長沢啓行

3.設備・機器問題の争点 −−−−−−−−−−− 田中三彦
     コメント −−−−−−−− 井野博満・黒田光太郎

4.今後の活動に向けて
 ・総合討論・アピール文採択

 (プログラムおよび発表者は変更になる場合があります)

●会 場  YMCAアジア青少年センター・国際ホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/hotel/hotelindex.htm

  JR水道橋駅から徒歩5分(東京都千代田区猿楽町2-5-5)
TEL 03-3233-0611

●参加費   800円

●問い合わせ 「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」

      〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
      TEL 070-5074-5985 Fax 03-3358-7064  
      E-mail  info@takagifund.org

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

事務局から:


 「柏崎刈羽・科学者の会」の正式名称は、「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」であり、「閉鎖」を明確にうたっています。しかし、科学的・技術的な観点から、今回の柏崎刈羽の問題に絞って活動するということを主眼としています。
 昨年8月の立ちあげ以来、多くの方から賛同や協力を頂いてきましたが、中には、原発容認の立場の方や、実際に原発関係の開発に関わってきた方が、趣旨に賛同し、専門的な意見を寄せて下さることもあります。その様なつながりは、これまであまりなかったことだと思いますし、これも、この一年間の活動の成果と言えることではないかと思っています。
 この問題については、政府の調査対策委員会が進められていますが、新潟県は、県の技術小委員会で、あえて、原発に批判的な立場の委員をメンバーに加えて、活発な議論を行っています。
 柏崎刈羽原発の地盤の問題、地震に対する安全性の問題は、決して新しい問題ではなく、従来から地元のみなさんなどが、地道な調査に基づき、問題提起をしてきた問題です。しかし、新潟県中越沖地震が発生し、「原発震災」が現実のものとなり、この問題をめぐる社会情勢は、明らかに変わってきました。
 もちろん推進側も必死であり、予断を許しませんが、この状況における「柏崎刈羽・科学者の会」の役割の大きさを実感しています。ぜひこの活動に、みなさんのご支援とご協力をお願いします。

                      事務局 菅波 完

    ------------------------------------------
    特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金

    〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
           E-mail info@takagifund.org
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ